ロゲインを即日発送の通販で購入して使った体験談

ロゲインの効果や副作用を徹底検証

ロゲインは世界で初めて認可されたAGA(男性型脱毛症)の治療を目的とした医薬品です。アメリカの製薬会社であるマクニール社が製造・販売を行っています。日本国内では、大正製薬がリアップという商品名で販売を行っていますね。

 

最近は男性の薄毛・抜け毛は医薬品で治療するのが一般的となりました。そのため、AGA治療薬の代表的な存在であるロゲインに興味をもっている方も多いと思います。

 

そんな方のために、海外医薬品サイトを利用したロゲインの安価な価格でのお得な入手方法についてまとめていきます。

 

本記事の執筆においては、ロゲインユーザーの40歳の男性にお話を伺いました。実際に使用を続けている方の生の声を参考にしながら、「これからロゲインをはじめてみようかな」という方の役に立つ情報をご紹介していきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ロゲイン病院で処方

ロゲイン(日本名:リアップ)はAGA治療薬であり、医療用医薬品(第一類医薬品)です。そのため、入手をするにあたっては、医師や薬剤師の指導を受ける必要があります。

これは、病院・クリニックで処方を受ける場合でも、ドラッグストアで購入する場合でも同様です。

 

また、ロゲインの購入にあたっては、健康保険の適用を受けることはできません。そのため、全額自己負担で購入をしなければいけません。1ボトルで6,000円から7,000円ほどするのが普通みたいですね。

 

効果がある医薬品ではあるのですが、日常的に使うにあたてはなかなかに金銭的負担が大きくなります。

 

インタビューをした40歳の男性は、もともと市販されていたリアップを購入していたようです。しかし、リピート購入をしようと思うと、どうしても毎月の医薬品代金を捻出するのが厳しかったとのこと。

 

より安価なものを探して、ロゲインの個人輸入に行き着いたと言っていました。

 

⇒ロゲインの海外からの個人輸入はこちらから!

ロゲインを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

リアップのアメリカ版ともいえるロゲインは、海外医薬品通販サイトから個人輸入をすることによって購入することができます。

リアップとロゲインは有効成分が同じであるため、商品名こそ違えど全く同じ医薬品です。

 

しかし、あえてリアップではなくロゲインの個人輸入を行っている日本人男性はたくさんいます。なぜ彼らは市販されているリアップではなくロゲインを海外から通販購入しているのでしょうか。

 

以下に、メデマートでロゲインを購入するメリットについてまとめていきます。

 

①価格を安く抑えられる

  • 日本国内の医療機関で処方を受けられる医薬品
  • ドラッグストアで市販されている医薬品

 

こういったものを、あえて海外からの通販で購入する最大の理由は、そのほうが安価に購入できるからです。

 

  • リアップX5 60ml:6,458円(Amazon)
  • ロゲイン 60mL:3,850円~4,280円(メデマート)

 

このように、ロゲインを購入することによって、1ボトルあたり2,000円~2,500円以上もお得になるということですね。AGA治療薬というのは、どうしても継続的に使っていかなければならないものです。

 

そのため、単価は少しでも安いにこしたことはありません。

 

②正規品を安全に購入できる

「安いのは分かるけど、海外製の医薬品って不安だな」
「粗悪な偽造品とかを掴まされるなんじゃないの?」

 

ロゲインの海外からの個人輸入をするにあたっては、こういったことを思っている方もいるでしょう。

 

しかし、メデマートで購入すれば安心です。メデマートのロゲイン公式販売ページには、第三者機関による成分鑑定の結果が掲載されています。

 

つまり、メデマートで買ってさえいれば、偽物や粗悪品に悩まされることは一切ないということですね。

 

③医師や薬剤師の指導なしで購入できる

前述したように、日本国内でリアップを購入しようと思ったら、医師や薬剤師による説明を受けることが必須となります。

 

これはAmazonで購入した場合でも同様です。電話で薬剤師と話をしなければなりません。かなり面倒ですよね。

 

この手間を省くことができるのが、ロゲインの個人輸入です。メデマートなどの海外医薬品通販サイトからの購入にあたっては、医師や薬剤師とのやり取りは一切必要ありません。

 

面倒なプロセスをばっさりカットして購入できるので、非常に楽ちんです。

ロゲインを実際に使った効果は?

ロゲインのネット通販の販売ページには、たくさんのユーザーレビューが投稿されています。そのほとんどが高評価です。多くの人がロゲインを使うことでAGAを対策することができているようですね。

統計調査によると、8割ほどの人がAGA対策効果を実感できるとのことです。

 

「髪の毛が太くなった」
「髪の毛が黒くなった」
「頭皮に産毛が生えてきた」

 

こういった良い口コミがたくさんあります。根気よく3ヶ月以上使い続けるようで、薄毛や抜け毛にはたしかな効果があるのがロゲインです。

 

ロゲインの効果

  • AGA(男性型脱毛症)の治療

 

ロゲイン(リアップ)の有効成分は、ミノキシジルです。

 

ミノキシジルには強い血行促進効果があるため、頭皮に塗り込むことで毛根付近の血液循環を向上させることができます。その結果として、発毛・育毛効果を得ることができるわけですね。

 

ミノキシジルには、頭皮に直接塗布するタイプのものとタブレットとして服用するタイプのものがあります。初心者におすすめなのは、ロゲインなどのミノキシジルを頭皮に塗るタイプのものです。

 

半年ほど継続してロゲインを使い続けることで、多くの男性が毛量の増加を体感しています。

 

インタビューをした40代男性は、2本セットのロゲインをメデマートから購入しています。2本セットのほうが、1本あたりの単価が安くなるのでお得ですね。

 

また、頭皮に塗布するためのスポイトも付いてくるので、使い勝手がいいと言っていました。

 

2~3ヶ月ほどの利用で、薄毛・抜け毛に悩んでいた部分から産毛が生え始めたとのことです。継続使用することよって、一定のAGA治療効果はあるようですね。

ロゲインを実際に使った副作用は?

医療用医薬品に分類されるロゲインは、身体に少なくない負荷を与える医薬品です。そのため、ロゲインには一定の副作用のリスクがあります。

いざという時に慌てないように、事前にどのような症状が副作用として発症しうるのか確認しておきましょう。

 

ロゲインの使用にあたって良く報告される副作用の症状は、肌荒れやかゆみです。塗布した頭皮に異常を感じる方も少なくはないようですね。

 

ただ発症したとしても軽度なものであり、多くの人は問題なく使うことができているようです。

 

インタビューをさせてもらった40代の男性は、副作用の症状は全くないと言っていました。肌荒れやかゆみも特に発症していないようです。

 

タブレットで服用するタイプのミノキシジルには副作用が多いようですが、頭皮に塗るタイプのロゲインならば副作用のリスクも少なくてすむみたいです。

 

以下に、ロゲインを使って発症しうる副作用の症状をまとめて紹介します。もし、以下のような副作用の症状が重症化した場合には、すぐにロゲインの使用をやめて専門医を受診するようにしましょう。

 

ただし、上記のように、ロゲインの使用においてはそこまで副作用に神経質になる必要はないようです。

 

ロゲインの副作用

  • かゆみ
  • かぶれ
  • ほてり
  • 性欲低下

ロゲインまとめ

    • ロゲインは有効成分ミノキシジルを含有するAGA治療薬である
    • 日本国内ではリアップという商品名で市販されている
    • 継続使用することで抜け毛・薄毛の改善を期待することができる

 

  • ロゲインはメデマートなどの海外医薬品通販サイトから購入できる
  • 海外から購入輸入をしたほうが安くお得に購入できる
  • 多くの日本人男性が海外からロゲインを通販購入している

 

⇒ロゲインの海外からの個人輸入はこちらから!