レビトラを即日発送の通販で購入して使った体験談

レビトラの効果や副作用を徹底検証

レビトラは、バイアグラに次いで世界で2番目に誕生したED治療薬です。ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が製造・開発を行っています。

バイアグラと比べ即効性があるため、世界中のEDに悩む男性から支持を集めている医薬品です。

 

レビトラの購入は、メデマートなどの海外医薬品通販サイトからの個人輸入がおすすめです。多くの日本人男性が海外からレビトラを取り寄せています。

 

「レビトラを少しでもお得に入手したい」

 

そのような思いがある方は、ぜひともメデマートなどからの通販を検討してみて下さいね。

 

本記事の執筆にあたっては、レビトラを実際に服用している30代の男性にお話を伺いました。ユーザーの生の声を紹介しつつ、レビトラを入手・服用するにあたって必要な情報をお伝えしていきます。

 

レビトラを安価な価格で入手できるようにしましょう。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

レビトラを病院で処方

レビトラは日本国内でも認可を受けている医薬品です。そのため、メンズクリニックやED治療専門クリニックで医師に処方せんを書いてもらえば、すぐに薬局で購入することができます。

ただ、レビトラの処方は、バイアグラ同様に、保険適用外で全額が自己負担です。

 

  • レビトラ10mg:1,400円~1,500円/1錠
  • レビトラ20mg:1,900円~2,100円/1錠

 

多くの病院・クリニックではこのぐらいの値段になってしまいます。バイアグラと同じぐらいか、ちょっと高めの価格ですね。1週間に2回のセックスをすると考えると、1ヶ月に16,000円程度の出費となってしまいます。

 

普通のサラリーマンからしたら、なかなかの負担です。

 

今回お話をうかがった30代の男性も、最初は最寄りのメンズクリニックでレビトラの処方を受けていたとのことです。

 

ただ、経済的な事情からより安く入手する方法を模索してメデマートの通販に行き着いたとのことです。

 

海外通販といっても、入手するレビトラは日本の病院で処方されるものと全く同じです。同じ商品なら、少しでも安い金額で入手したほうが良いのは当然のことですね。

 

⇒海外医薬品通販サイトでレビトラを購入するにはこちらから!

レビトラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ここまでまとめてきたように、レビトラは日本国内でも病院・クリニックで処方を受けることによって、入手することができる医薬品です。

EDに悩む大部分の男性は、最寄りの医療機関でED治療薬を受け取っていることと思います。

 

しかし、一部の男性は、メデマートなどの海外医薬品販売サイトから個人輸入をすることによって、レビトラなどのED治療薬を購入しています。

 

日本国内で買えるものを、なぜわざわざ海外から取り寄せているのでしょうか。以下、海外医薬品通販の特徴を3つほど紹介します。

 

①とにかく金額が安い

メデマートなどの海外医薬品通販サイトを利用する最大の利点は、医薬品を安価に購入することができるという点です。

 

特に、レビトラなどのED治療薬は全額自己負担となる医薬品なので、かなりの額を出費しなければいけませんよね。

 

この医薬品にかかる金額を少しでも減らすために、多くの人はメデマートなどの通販を利用します。メデマートにおけるレビトラの価格は次のとおりです。

 

  • レビトラ10mg:1,370円 /1錠
  • レビトラ20mg:1,277円~1,420円 /1錠

 

レビトラ20mgにいたっては、病院・クリニックでの処方よりも、1錠あたり500円ほども安く購入することができます。

 

②まとめ買いができる

医療機関で医薬品を処方してもらうとき、「どうせならもっと多めに処方してくれればいいのになぁ」とこのように思ったことはありませんか。

 

1週間~2週間に1回ぐらいのペースで、病院・クリニックに医薬品の処方だけを受けに行くのってかなり面倒ですよね。

 

この通院の手間を省き医薬品のまとめ買いができるのが、メデマートなどの海外医薬品通販サイトです。厚生労働省の取り決めでは、2ヶ月分以内の量ならば医薬品の個人輸入は認められています。

 

合法的に処方せんなしに医薬品のまとめ買いができるということですね。

 

③正規品の購入ができる

海外製の医薬品の通販と聞くと、質の悪い医薬品や偽造された医薬品を思い浮かべる方もいると思います。

 

たしかに、東南アジアの一部地域に本拠地をおく医薬品販売サイトでは、ED治療薬の偽物が堂々と売られているなんて噂を聞きます。しかし、メデマートに関しては偽物・偽造品の販売は一切ありません。

 

公式販売ページに第三者機関による成分鑑定書が掲載されていることからも分かるように、扱っている品の全てがバイエル社純製の正規品です。品質の部分に関する不安は一切が不要です。

レビトラを実際に使った効果は?

レビトラの勃起促進効果に関しては、多くの男性が実感をしています。

「服用後、15分ほどで力強い勃起をすることができた」
「中折れをすることが一切なくなった」
「50代だが若い頃のような力強い勃起ができた」

 

こういったレビトラの体験談はネットにたくさん投稿されています。

 

レビトラの効果の特徴は、なんといっても服用してから効き始めるまでの時間が短いということです。多くの方が、10分から15分もすると力強い勃起をすることができるようになるみたいですね。

 

バイアグラやシアリスは30分から1時間程度かかるので、レビトラの即効性はED治療薬のなかでもピカイチです。

 

レビトラの効果

  • 勃起不全(ED)の治療

 

レビトラに含有される有効成分はバルデナフィルです。いわゆるPDE5阻害薬とよばれる成分ですね。PDE5とは、ペニスの勃起を阻害する働きがある酵素です。

 

この酵素の働きをバルデナフィルが抑え込むことによって、レビトラのED治療効果は発揮されることになります。

 

日本国内で認可を受けるにあたっては、レビトラは臨床試験が行われています。その試験結果によると、被験者の7割から9割の人に勃起促進効果を確認することができたそうです。

 

EDの治療にかなりの効果があることが分かりますね。

 

今回インタビューをした30代の男性の場合は、彼女とのセックスにおいて中折れに悩んでいたそうです。いざ挿入しても射精にいたらずに、勃起が止まってしまうことが多くあったみたいですね。

 

レビトラの服用をはじめてからは、この中折れをすることは一切なくなったようです。ギンギンなまま勃起状態を維持することができ、調子が良いと1日に2回~3回ほども射精ができるようになったようです。

レビトラを実際に使った副作用は?

ED治療薬を服用するにあたって注意をしなければいけないが、副作用の症状です。レビトラに限ったことではありませんが、どのようなED治療薬でも一定の副作用の発症リスクがあるのは事実です。

臨床試験によると、被験者の28%に何らかの副作用が発症したとのことです。

 

よくある副作用の症状としては、頭痛です。深酒をした後のような、頭がガンガンするような痛みが発症してしまうみたいですね。このレビトラの副作用としての頭痛には、市販の頭痛鎮静薬が効果的です。

 

ロキソニンなどをあらかじめ手元に置いておくようにしましょう。

 

今回インタビューをした30代の男性の場合は、副作用の症状しては顔のほてりをよく感じるといってました。顔がカーっと赤くなる感じがあるみたいですね。

 

ただ、重症化することはなく、レビトラの効果が切れるにつれて副作用の症状も治まるみたいです。

 

以下に臨床試験で確認されたレビトラの副作用の症状をご紹介します。基本的にどれも重症化することはないようです。レビトラの血行促進効果で引き起こされてしまう症状みたいですね。

 

レビトラの副作用の症状は3時間程度で沈静化することがほとんどのようです。

 

レビトラの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 顔の赤み
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 頻脈
  • 視覚異常

レビトラまとめ

    • レビトラはバイアグラに次いで承認されたED治療薬である
    • ED治療薬の中でもっとも効果に即効性がある
    • 医療機関でも処方を受けれるが保険適用外で全額自己負担である

 

  • 安価にレビトラを購入するならメデマートからの個人輸入がおすすめ
  • 正規品のレビトラを1錠あたり500円ほど安く入手することができる
  • 多くの日本人男性がメデマートなどの海外医薬品通販サイトからレビトラを購入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでレビトラを購入するにはこちらから!