レビスマを即日発送の通販で購入して使った体験談

レビスマの効果や副作用を徹底検証ED治療薬(勃起不全)

レビスマの効果や副作用を徹底検証

レビスマの効果や副作用を徹底検証

レビスマは、インドの製薬会社であるスマート社が製造・販売をするED治療薬です。日本でも人気のレビトラのジェネリック医薬品になります。

 

販売開始されてからまだ日が浅く、「レビスマ」という商品名は、他のレビトラジェネリックと比べると、まだあまり浸透していません。

 

しかし、ネット上の口コミなどでその評判が広まっていき、今では知る人ぞ知る高評価のレビトラジェネリックとなっています。

 

ご存知の方も多いでしょうが、今現在、海外通販市場においてはレビトラジェネリックの欠品が相次いでいます。そのような中で安定供給されているのがレビスマです。

 

私の周囲にもレビスマを愛用している男性はたくさんいます。その中から、今回は会社の後輩男性(20代後半)にレビスマの使用感についてのインタビューを行いました。

 

その体験談を交えつつレビスマの詳細についてまとめていきます。レビトラジェネリックをお探しの方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

レビスマを病院で処方

レビスマを病院で処方

結論から述べると、レビスマは日本の病院・クリニックでは取り扱いがありません。入手するためには、本サイトでおすすめをしているメデマートなどの海外医薬品通販サイトから個人輸入をするしかありません。

 

日本にいるレビスマユーザーの男性は、ほぼ全員が海外製のものを個人輸入しているということですね。

 

同じED治療薬であっても、バイアグラなどは日本国内でも認可を受けたジェネリック医薬品が出回っています。これはバイアグラの国際特許が切れているためです。

 

そのため、製薬会社各社は申請をすることで自由にバイアグラジェネリックを製造・販売することが出来ます。

 

一方、レビトラはその国際特許がいまだに有効となっています。そのため、バイアグラのように日本国内で認可されたジェネリック医薬品を製造・販売することが出来ない医薬品となっています。

 

そのような中で、唯一の例外がインド製のレビトラジェネリックです。

 

インド国内では、過去に存在した独自の特許法によって、国際特許が有効な医薬品であってもジェネリック医薬品を製造・販売することが可能となっています。

 

レビスマの製造元であるスマート社もインドの製薬会社です。そのため、このレビトラジェネリックが販売できているということですね。

 

そのような背景もあり、日本国内にいる方がレビスマなどのレビトラジェネリックを入手するためには、メデマートなどの個人輸入代行サイトを利用するしか方法がないのです。

 

今回インタビューをした20代の男性は、もともと国内のクリニックでレビトラを処方してもらっていました。レビトラの効果は申し分なかったようですが、1錠1500円程度もする価格を払い続けるのがしんどかったようです。

 

そのため、レビスマを始めとするレビトラジェネリックの個人輸入に切り替えたと言っていました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでレビスマを購入するにはこちらから!

レビスマを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

レビスマを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

前述したように、レビスマは販売開始されたのがまだ最近です。そのため、バリフなどの他のレビトラジェネリックと比べると、知名度は低い商品です。

 

そのような状況にあるにも関わらず、レビスマは海外医薬品サイトでは人気商品となっています。この人気の理由は何なのでしょうか。以下にレビスマの特徴を3つ挙げていきます。

 

「質の高いレビトラジェネリックはないかな?」
「コスパの良いレビトラジェネリックはないかな?」

 

このような方にぴったりなのがレビスマです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

①安定供給されているレビトラジェネリック

 

本記事冒頭でも軽く述べましたが、今現在、各海外医薬品通販サイトでは多くのレビトラジェネリックが欠品状態となっています。業界大手のオオサカ堂でも、以下のようなレビトラジェネリックは注文が出来ない状態となっているようです。

 

  • バリフ
  • ジェビトラ
  • サビトラ

 

そのような状況下でも売り切れになることなく、日本市場に安定供給をしているのがレビスマです。そのため、多くのレビトラジェネリック難民がレビスマに乗り換えを行っています。

 

バリフやジェビトラを愛用されていた方には、その代替医薬品としてレビスマをおすすめします。

 

②1錠あたりの価格が安い

 

「レビトラジェネリックが希少ということはレビスマは価格が高いんじゃないの?」

 

そのように思う方もいるかもしれません。インド製のジェネリックED治療薬にわざわざ手を出す方のメインの動機は、もちろんその安い価格にあります。なので、レビスマの価格が気になる方も多いでしょう。

 

この点に関しても、レビスマはきちんとクリアしています。メデマートにおけるレビスマの価格と国内の医療機関で処方されるレビトラの価格を比較すると以下の通りになります。

 

  • レビスマ20mg:350円~450円/1錠
  • レビトラ20mg:1,800円~2,000円

 

このように、レビスマの1錠あたりの価格は、レビトラの価格よりも1,500円以上も安くなっています。かなりコスパの良いジェネリック医薬品と言えるでしょう。

 

③ネットショッピング感覚で入手できる

 

前述のように、レビスマは個人輸入をしないと入手することが出来ません。このように書くと、個人輸入はやたらと面倒なことだと思われる方もいるでしょう。

 

しかし、実際のところ、メデマートなどの代行サイトに仲介してもらうことで、レビスマの個人輸入は非常に手軽に済ませることも出来ます。

 

メデマートなどの販売ページを確認していただければ分かることですが、個人輸入といっても、楽天市場やAmazonでのネットショッピングと何ら代わりありません。

 

わざわざ病院・クリニックに出向くことなく、スマホやPCで簡単に注文をすることが出来るということですね。

レビスマを実際に使った効果は?

レビスマを実際に使った効果

繰り返しになりますが、レビスマはレビトラのジェネリック医薬品です。そのため、含有されている有効成分はレビトラと同じバルデナフィルです。

 

そのため、レビトラで体感できた勃起促進効果は、そのままレビスマにも期待することが出来ます。レビスマがレビトラと違うのは、以下のような部分だけです。

 

  • 錠剤の形
  • 錠剤の色
  • 添加物

 

この違いは、バルデナフィルのED改善効果に悪影響を及ぼすものではありません。レビトラを用いるのと同様に、レビスマも安心して服用することが出来るものです。

 

レビスマの効果

  • 勃起不全(ED)の解消

 

レビスマの有効成分であるバルデナフィルは、PDE5阻害薬という医薬品になります。ペニスの勃起の邪魔をするPDE5という酵素の働きをブロックするものですね。

 

この作用のために、ED治療薬としての効果を発揮することになります。

 

バルデナフィルは、日本国内でもきちんと臨床試験が行われています。その試験結果によって、EDに対して70%~90%を超える高い確率で有効であるとされています。

 

バイアグラやシアリスなど他のED治療薬と比べると、服用してから勃起するまでの時間が短かくてすむというのが特徴になります。

 

ED治療薬には相性があります。バイアグラ・レビトラ・シアリスの中でどれが自分にぴったりな医薬品であるかは、実際に使用してみないと分かりません。

 

話を聞いた20代男性の場合は、「バルデナフィル(レビトラ)が一番自分の身体に合っていた」と言っていました。

 

そのため、安定的に注文することが出来るレビトラジェネリックであるレビスマは、かなり重宝しているみたいです。「在庫があるうちにまとめ買いをしている」と言っていました。

 

レビトラ愛用者から絶大な信頼を寄せられているのがレビスマということですね。

レビスマを実際に使った副作用は?

レビスマを実際に使った副作用

ED治療薬には、それぞれ多少の副作用のリスクはあります。それは、バルデナフィルを含有しているレビスマにおいても同じです。

 

レビトラを服用していて何らかの副作用が発症したことのある場合は、レビスマにおいても同様の症状が発症する可能性があるので注意しましょう。

 

ただし、レビトラの有効成分であるバルデナフィルは日本国内で正式に認可されているものです。臨床試験によってきちんと安全性が確認されている成分です。

 

そのため、用法用量をきちんと守った範囲での服用ならば、そこまで副作用に不安を感じる必要はありません。

 

インタビューをした男性はレビスマの副作用について、「多少の顔のほてり程度はあるが、セックスに支障をきたすほどではない」と言っていました。

 

顔がカーッと熱くなるような感じになり、若干赤みを帯びるようですね。ただ、その症状もレビトラの効果が切れるとともにおさまるので問題ないようです。

 

臨床試験によって確認されたレビトラの副作用の症状としては、以下のようなものがあります。どれも滅多なことでは重症化することはありません。

 

ただし、もし重い症状が発症した場合には、すぐにレビスマの服用を止めて専門家を受診するようにしましょう。

 

レビスマの副作用

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 顔が赤くなる
  • 目の充血
  • めまい
  • 血圧の低下
  • 動悸
  • 頻脈
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 下痢
  • 視覚異常

レビスマまとめ

レビスマまとめ

    • レビスマは現時点で注文可能な貴重なレビトラジェネリックである
    • 1錠あたり350円程度で購入できるコスパの良いED治療薬である
    • たくさんのレビトラジェネリック難民がレビスマに乗り換えている

 

  • レビスマはメデマートなどの限られた通販サイトでのみ購入が可能である
  • オオサカ堂など一部のサイトでは取り扱いがないので注意が必要
  • 知名度こそ低いものの、レビスマはネット上で高く評価されている

 

⇒海外医薬品通販サイトでレビスマを購入するにはこちらから!