レグテクトジェネリックを即日発送の通販で購入して使った体験談

レグテクトジェネリックの効果や副作用を徹底検証

レグテクトは、2013年に日本国内においても保険適用がされたアルコール依存症の治療薬です。本記事では、そんなレグテクトのお得なジェネリック医薬品についてまとめていきます。

たくさんの日本人がレグテクトジェネリックを服用することで、つらいアルコール依存症を克服しています。

 

先発薬であるレグテクトは、もちろん病院やクリニックにて処方を受けます。しかし、何らかの理由で医療機関を訪れることが出来ない方もいるでしょう。

 

そんな場合は、メデマートなどの個人輸入代行サイトから、通販でレグテクトジェネリックの購入がオススメです。

 

実は、他ならなぬ本サイトの管理人本人も、過去にアルコール依存症のような状態に悩まされていた時期があります。その時に、治療薬としてお世話になったのがレグテクトジェネリックです。

 

その管理人本人の体験談を交えつつ、以下にレグテクトジェネリックの詳細をお伝えしていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

レグテクトジェネリックを病院で処方

前述したように、先発薬であるレグテクトは、病院・クリニックなどの医療機関にて処方を受けることが出来ます。最近では、アルコール依存症を専門としている医療機関も増えてきました。

そのような施設を訪れ、医師の診察を受けて処方せんを書いてもらうことで、レグテクトを処方してもらうことが出来ます。

 

ただし、身近にアルコール依存症の専門医がいない場合もあるかと思います。そのような場合は、精神科や内科などでも対応してくれるようです。

 

レグテクトの処方を含むアルコール依存症の治療は、健康保険の適用を受けることが出来ます。薬代金を含めた治療費は、1ヶ月で10,000円前後となるようです。

 

ただ、アルコール依存症の患者さんは、自分がアルコール依存症であることを認めたがらない傾向にあります。そのため、アルコール依存症の患者さんは病院・クリニックに行きたがらないのが普通です。

 

管理人の場合は、最初は、家族から「アルコール依存症を病院で診てもらいなよ」と言われていました。しかし、恥ずかしながら、自分がアルコール依存症であることを認めたくないために、この提案をかたくなに拒否。

 

意地でも病院に行くことはしませんでした。当時は仕事もいっぱいいっぱいの状態だったのでなおさらです。そんな状態を見かねて、家族が私にレグテクトジェネリックの通販購入をおすすめしてくれました。

 

自戒を込めて言いますが、治療を拒むアルコール依存症患者は、無理に病院に連れて行こうとするよりも、そっとレグテクトなどの治療薬を渡してあげるほうが効果的かと思います。

 

⇒海外医薬品通販サイトでレグテクトジェネリックを購入するにはこちらから!

レグテクトジェネリックを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

医薬品を用いてアルコール依存症の対処をしている人は、日本国内でもたくさんいます。そして、そんな人たちの多くは、海外からレグテクトジェネリックを個人輸入することで、医薬品を手にしています。

病院・クリニックに行かずに海外製のレグテクトジェネリックを通販購入するのには、どんな利点があるのでしょうか。

 

以下に医療機関におけるレグテクトの処方と、メデマートなどの個人輸入代行サイトからのレグテクトジェネリックの通販購入購入との違いについてまとめていきます。

 

海外医薬品通販は、処方薬を手軽に合法的に入手できる方法となるので、知っておいて損はないと思います。

 

①家にいながらにして医薬品が手に入る

 

個人輸入代行サイトなどを通じて海外製の医薬品を通販購入することの最大のメリット。それは、ネットショッピング感覚で医薬品を手にすることが出来るということです。

 

国内で認可されたリグテクトを手にするためには、しかるべき医療機関を受診し医師に処方せんを書いてもらう必要があります。

 

過去の管理人もそうでしたが、この病院に薬をもらいに行くというのは、かなりの手間です。特に、アルコール依存症を専門に治療してくれる施設というのは、都市部でもない限り、なかなかお目にかかることはないでしょう。

 

そんな病院・クリニックを訪れる手間を省いてくれるのが、海外製医薬品の通販購入です。

 

当時の管理人のような病院・クリニックに行きたがらない患者の場合は、通販購入のほうが気が楽です。

 

②誰にも知られずに医薬品が手に入る

 

海外製の医薬品を通販購入することのメリットの2つ目。それは、家族や恋人、会社などの周囲の人びとに内緒でアルコール依存症の治療薬を手に入れることが出来るということです。

 

保険適用での医療機関での治療は、医療費通知などによって、自分の周囲にアルコール依存症の治療をしていることがバレてしまう可能性がゼロではありません。

 

この周囲に知られてしまうリスクを極力排除するためには、レグテクトジェネリックの海外医薬品通販がおすすめです。購入にあたっては、保険証の提示は一切必要ありません。

 

また、商品の発送は郵便局留めで対応してもらうことが出来ます。レグテクトジェネリックの利点は、人知れずアルコール依存症の治療が出来るという点ですね。

 

③保険証の提示なしで安価に購入できる

 

レグテクトジェネリックを個人輸入することのメリットの3つ目。それはレグテクトジェネリックの手頃な価格にあります。レグテクトジェネリックの価格は、1錠あたり60円程度となっています。

 

この価格は、保険適用を受けた後のレグテクトと同じぐらいの値段となっています。

 

本来ならば、保険証の提示なしでは医薬品の代金は跳ね上がってしまうものです。保険適用なしでのレグテクトの価格は、3倍の1錠あたり180円程度となります。

 

この価格と比べると、レグテクトジェネリックがいかに安価で手を出しやすい医薬品であるかが分かると思います。

レグテクトジェネリックを実際に使った効果は?

アルコール依存症の治療薬は、レグテクトの他にもいくつかあります。ノックビンやシアナマイドなどですね。そのような中において、レグテクトは処方患者数でトップに立っています。

これはレグテクトが、アルコール依存症の治療薬として、専門医から高い評価を受けているということを意味します。

 

ネット上の体験談などをチェックすると、驚くほど多くの人がレグテクトを使用することによって、アルコール依存症を克服しています。

 

「毎晩の深酒が止めない」
「飲酒運転・ひき逃げしたアイドルが他人事とは思えない」
「アル中であるという自覚がある」

 

このような人ならば、レグテクトおよびレグテクトジェネリックを試してみる価値はあります。

 

▼レグテクトジェネリックの効果

  • お酒が飲みたいという欲求を抑える
  • お酒を止めるためのサポートをする

 

レグテクトおよびレグテクトジェネリックの有効成分は、アカンプロサートカルシウムというものです。この成分は、脳内の神経に働きかけることで、アルコール依存症の人に特有の「酒を飲みたい」という衝動を緩和させる効果があります。

 

その結果として、アルコール依存症の治療のサポートに役に立ちます。

 

ネット上の口コミや体験談をチェックすると、次のような意見が多くあります。

 

「1日も欠かせなかった酒が、飲まなくても平気になった」
「酒への欲求をコントロールすることが出来た」
「数ヶ月にわたって断酒することが出来ている」

 

レグテクトジェネリックには、このようにアルコール依存症の治療に対する圧倒的な効果があります。

 

管理人も、 レグテクトジェネリックの効果は肌身で感じました。もともと、寝る前に缶チューハイやビールを多量に飲んでしまう癖があり、何度も翌日の仕事場に二日酔い状態で行っていました。

 

当然ながら、職場の人間の私に対する評価は散々なものでした。そんな状態をなんとかしたくて飲み始めたのが、レグテクトジェネリックです。

 

いざ服用してみると、あれほど夜中に襲ってきた「酒が飲みたい」という渇望が、きれいに抑制されていることに気づきます。

 

今では禁酒するまでになりましたが、それはレグテクトジェネリックなしではなし得なかったことです。

 

▼アカンプロサートカルシウムの適応症

  • アルコール依存症における断酒のサポート

レグテクトジェネリックを実際に使った副作用は?

ここまでまとめてきたように、レグテクトジェネリックは、アルコール依存症の患者にとってはかなり有用な医薬品となっています。

レグテクトジェネリックと本人の強い決意さえあれば、アルコール依存症を克服する確率は、かなり高くなると個人的にも思っています。

 

しかし、そんなレグテクトジェネリックですが、気になるのは副作用です。脳の神経系に作用する医薬品なので、身体に何らかの悪影響を及ぼすこともあります。

 

他の医薬品同様に、レグテクトジェネリックも副作用の症状からは無縁ではありません。事前にチェックしておくようにしましょう。

 

レグテクトジェネリックの副作用として多いのは、下痢や吐き気などです。しかし、これらの症状は多くの場合において、発症したとしても軽度で済む場合がほとんどです。

 

また、人によっては、頭痛や眠気などの症状が発症することもあるようです。

 

管理人の場合は、下痢や吐き気などの胃腸の症状は全くありませんでした。若干の眠気は感じることがあったように思います。ただその症状も日常生活に支障をきたすようなものではなく、問題なくレグテクトジェネリックの服用を継続することが出来ました。

 

正直なところ、これらの副作用の症状よりも、アルコール依存症の状態でいたほうが何倍もつらく大変な状態だったというのが個人的な意見です。

 

以下に、臨床試験などで確認されたレグテクトジェネリックの副作用の症状をまとめておきます。どれも重症化することはほとんどありません。

 

もしレグテクトジェネリックを服用したことで、何らかの重大な体調の異常を感じた場合には、すぐに専門医に相談するようにしましょう。

 

▼レグテクトジェネリックの副作用

  • 下痢
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 眠気
  • 不安感
  • 発疹
  • 肌のかゆみ
  • じんましん

レグテクトジェネリックまとめ

    • レグテクトジェネリックは、アルコール依存症の治療に効果のある医薬品である
    • レグテクトジェネリックを服用することで、「酒を飲みたい」という衝動を抑制することが出来る
    • レグテクトジェネリックには、軽度の下痢などを除いて、重い副作用のリスクはない

 

  • レグテクトジェネリックの購入は、メデマートなどの個人輸入代行サイトから行う
  • メデマートなどのサイトを利用すれば、周囲にバレずにアルコール依存症を治療できる
  • 日本国内でも多くの人が、レグテクトジェネリックで断酒・禁酒に成功している

 

⇒海外医薬品通販サイトでレグテクトジェネリックを購入するにはこちらから!