リザクト(マクサルト)を即日発送の通販で購入して使った体験談

リザクト(マクサルト)の効果や副作用を徹底検証

本記事では、海外製医薬品の輸入によって偏頭痛を解消した30代女性の体験談を紹介していきます。管理人の同僚の女性は、長年にわたって偏頭痛に悩まされていました。

とても優秀な女性なのですが、いざ偏頭痛が発症してしまうと、しばらくはまともに仕事も出来なくなってしまう状態でした。

 

偏頭痛は決して珍しい病気ではありません。とあるデータによると、日本国内には800万人におよぶ偏頭痛の患者がいるとされています。

 

また、男性に比べると女性のほうが偏頭痛になりやすく、30代~40代の女性においては5人に1人が偏頭痛もちであるとされています。

 

このような偏頭痛もちの人の強い味方となるお薬が、本記事で紹介するリザクトです。先発薬であるマクサルトのジェネリック医薬品ですね。

 

管理人の同僚の女性は、メデマートという個人輸入代行サイトからリザクトを購入することによって、偏頭痛の症状に対処しています。

 

「偏頭痛で仕事にならないことがある」
「寝起きの時にひどい頭痛で困っている」
「天気が悪い日は特に頭痛がひどくつらい」

 

このような方は、決して少なくはないと思います。偏頭痛の対策法を探している方は、今回紹介する女性の体験談を参考にし、リザクトを試してみて下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

リザクト(マクサルト)を病院で処方

マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトは、インドの製薬会社であるシプラ社が製造・販売を行っています。そして、日本国内においては、未だリザクトは認可を受けてはいません。

そのため、リザクトは日本国内では流通していない医薬品となります。当然、医療機関でも扱っておらず、処方を受けることは出来ません。

 

一方、リザクトの先発薬であるマクサルトは、厚生労働省によってきちんと認可された医薬品となっています。そのため、クリニックなどで診察を受け、偏頭痛の診断をされれば、マクサルトを処方してもらうことが出来ます。

 

その場合のマクサルトの価格は、保険適用となるので、1錠あたり250円~400円ほどになります。

 

ただし、注意しなければいけないことは、マクサルトなどのトリプタン製剤とよばれる医薬品は、あくまで中等度~重度の偏頭痛の治療に用いられる医薬品となります。

 

つまり、専門医との診断において軽度の偏頭痛と診断されてしまった場合には、マクサルトの処方を受けられない可能性もあります。

 

軽度の偏頭痛と診断された場合には、マクサルトの代わりに、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤と吐き気止めで治療を行うことになります。

 

偏頭痛でクリニックを訪れたとしても、必ずしもマクサルトを処方されるというわけではありません。この点は、事前に理解しておくようにしましょう。

 

管理人の同僚の女性も、最初はクリニックを訪れ、ロキソニンを処方されて治療していました。しかし、偏頭痛持ちの方なら理解できると思いますが、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤は偏頭痛に必ずしも効くものではありません。

 

いくらロキソニンを服用しても、頭痛の症状が緩和しないことがしばしばあります。そのような状態が続いたために、海外医薬品通販でリザクトを購入するようになったとのことです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでリザクト(マクサルト)を購入するにはこちらから!

リザクト(マクサルト)を病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

偏頭痛治療薬のマクサルトを入手したいと思うならば、そのジェネリック医薬品であるリザクトを海外医薬品通販サイトから購入することをおすすめします。

リザクト(マクサルト)の有効成分は、リザトリプタン安息香酸塩です。この成分は、頭痛を引き起こす拡張した血管や血管周囲の炎症に作用します。

 

海外製の医薬品ではありますが、日本人でもたくさんの人がリザクトを愛用しています。ネット上には多数のリザクトに対する口コミが投稿されていますが、そのほとんどが肯定的な意見となっています。

 

以下、それらネットの情報を参考にしつつ、リザクトのユーザーの同僚の女性の体験談から、リザクトを海外医薬品通販で購入する理由についてまとめていきます。

 

①入手が確実

 

前述したように、クリニックなどの医療機関で診察を受ける場合、いくら偏頭痛と言えども、マクサルトは確実に処方されるわけではありません。

 

いくら「マクサルトが欲しい」と言っても、軽度の偏頭痛と診断されてしまえば、処方してもらうことは出来ません。ロキソニンなどの処方で済まされてしまうでしょう。

 

この点、海外医薬品通販サイトからの個人輸入ならば、確実にマクサルトと同じ成分の医薬品であるリザクトを入手することが出来ます。海外製の未認可医薬品の購入には処方せんが要りません。

 

自己責任での購入とはなりますが、誰にも止められることなく、希望する医薬品を注文することが出来ます。

 

②自宅にいながら入手可能

 

先発薬であるマクサルトは、医療用医薬品です。つまり、入手にあたっては、専門医による処方せんが必須となるわけですね。そのため、マクサルトを入手しようと思う場合は、面倒でもその都度、クリニックなどの医療機関に出向く必要があります。

 

Amazonや楽天などのネット通販や、街中のドラッグストアでの購入は出来ないということですね。

 

一方、マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトならば、自宅にいながらにして通販で購入することが出来ます。海外からの配送となるので、注文から到着までは1週間から2週間程度はかかります。

 

しかし、注文の作業は全てネット上ですることが出来るので、スマホやPCなどのネット環境があれば、手軽に購入することが可能となっています。

 

③好きな量を注文できる

 

クリニックなどの医療機関にてマクサルトを処方してもらう場合、その分量は私たち患者側では決めることが出来ません。医師の判断で、どれだけの量が処方されるかが決まってしまうということですね。

 

そして、たいていの場合、少量です。この場合、薬を使い切ったら再び医師のもとを訪れなければいけないので、かなりの手間となります。

 

マクサルトジェネリックであるリザクトの場合は、分量に関してはユーザーの自由となっています。一応、薬事法などの法律によって、個人輸入できる医薬品の分量の上限は決まってはいますが、その範囲内においては自分の好きな量を購入することが可能になっています。

 

入手にあたっての手間を省くという意味においても、海外医薬品通販でのリザクト購入はおすすめとなります。

リザクト(マクサルト)を実際に使った効果は?

リザクト(マクサルト)の効果としては、拡張してしまった血管を収縮させ、その周辺の炎症を抑えるというものです。この作用の結果として、つらい偏頭痛の症状が緩和されることになります。

リザクト(マクサルト)は、偏頭痛を予防する薬ではなく、頭痛が発症してから頓服薬として服用することになります。

 

注意しなければいけないこととしては、リザクト(マクサルト)は、あくまで対症療法薬であるということです。つまりは、リザクト(マクサルト)は、発症している頭痛の症状を軽減させるものであり、偏頭痛の原因を治療する効果はないということです。

 

リザクト(マクサルト)を飲み続けても、偏頭痛の根治は見込めないということになります。

 

リザクト(マクサルト)の効果①
・偏頭痛の痛み

 

偏頭痛の痛みは、一次性頭痛とよばれるものです。その症状としては、次のようなものになります。

 

  • 頭の片側がズキズキと痛む
  • ひどい頭痛となり、日常生活に支障をきたすほどになる
  • 前かがみの姿勢になると痛みが悪化する
  • 偏頭痛の痛みは、3~4時間から長い場合は3日間ほども続く

 

このような偏頭痛の痛みに効果があるのが、リザクト(マクサルト)です。リザクト(マクサルト)はトリプタン製剤です。このトリプタンは、体内に取り込まれることにより、セロトニンというホルモンの代わりとして作用します。

 

偏頭痛の発症時には、体内のセロトニンの分泌が減少してしまいます。この減少したセロトニンの補助的な役割をするのが、リザクト(マクサルト)などのトリプタン製剤というわけです。

 

管理人の同僚の女性の場合は、仕事中に偏頭痛の症状を発症することがよくありました。一旦発症してしまうと、激しい頭痛に見舞われてしまい、仕事どころではなくなってしまったようです。

 

この頭痛を抑えてくれるのがリザクト(マクサルト)です。彼女の場合、服用すると、15分程度で偏頭痛の痛みを抑えることが出来るそうです。

 

リザクト(マクサルト)の効果②
・吐き気、光過敏、音過敏

 

偏頭痛の症状は、なにも頭の痛みに限定されるわけではありません。他にも以下のような症状が付随することがあります。

 

  • 胃がむかむかして吐き気がする
  • 蛍光灯や太陽などの光がやたらと眩しく感じる
  • 普段なら気にならない程度の音がやたらとうるさく感じる

 

これらの頭痛に付随する症状は、脳の血管が拡張しその周囲にある三叉神経が圧迫されることによって発症するものです。三叉神経が圧迫されることによる刺激は、吐き気や視覚、聴覚などを司る中枢にも伝わっていきます。

 

その結果として、上記のような症状が発症するというわけです。リザクト(マクサルト)は、拡張した脳内結果を収縮させることによって、これらの付随する症状も抑えることができます。

 

管理人の同僚の女性の場合は、特に吐き気に悩まされることが多いようでした。仕事中に偏頭痛の症状が発症してしまったときなどは、デスクから離れトイレで嘔吐していたことも少なくないようです。

 

この吐き気の症状に関しても、リザクト(マクサルト)で対処していました。服用後、30分もすれば吐き気もおさまり、仕事に復帰できているようです。

 

▼リザクト(マクサルト)の適応症状

  • 偏頭痛
  • 光過敏
  • 音過敏
  • 吐き気
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 臭い過敏
  • 顔や上半身のしびれ

リザクト(マクサルト)を実際に使った副作用は?

リザクトやマクサルトなどのトリプタン製剤には副作用のリスクがあります。副作用の程度に関しては、個人差が大きく影響します。

以下にあげるような副作用の症状が強く出る場合には、リザクト(マクサルト)が身体に合っていないことが考えられます。そのような場合は、専門医に相談をし、別な医薬品を紹介してもらいましょう。

 

注意するべき副作用の症状としては、動悸などの胸の違和感があります。大抵の場合は、そこまで重い症状になることはなく、短時間で症状はおさまります。

 

しかし、人によっては、これらの症状が長期化する場合もあるようです。そのような場合は、医療機関にて心電図の検査を受ける必要があります。

 

管理人の同僚の女性の場合は、そこまでリザクトの副作用はなく使えているようです。リザクトを服用後も、頭痛がおさまれば仕事に復帰できるほどです。強いて言うならば、若干の身体のだるさがあるようです。

 

多少の眠気やあくびなどですね。「偏頭痛の苦しさいに比べれば、この程度の副作用など問題にならない」と言っていました。

 

臨床試験などで確認されたリザクト(マクサルト)の副作用の症状としては、次のようなものがあります。基本的には、どの症状も重症化することはないものです。

 

服用後の自分の体調をしっかりチェックし、もし異変がある場合には、専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

▼リザクト(マクサルト)の副作用

  • めまい
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 胸の痛みや圧迫感
  • 肩こり
  • 節々の痛み
  • 吐き気
  • 動悸
  • 血圧上昇
  • じんましんや発疹

リザクト(マクサルト)まとめ

    • マクサルトやそのジェネリック医薬品であるリザクトを服用することで、偏頭痛の症状を緩和させることができる。
    • リザクト(マクサルト)は、予防薬ではなく、発症した症状を対症療法的に抑えるものである。

 

    • マクサルトは医療機関で処方してもらえるが、中程度から重度の偏頭痛でないと処方してもらえない。
    • リザクトならば、海外医薬品通販サイトを通じて、確実に入手することができる。

 

  • リザクト(マクサルト)には即効性があり、服用後15分ほどで効果を発揮する。
  • リザクト(マクサルト)は頭痛だけでなく、吐き気や音過敏、光過敏などにも効果を発揮する。

 

⇒海外医薬品通販サイトでリザクト(マクサルト)を購入するにはこちらから!