マーベロンを即日発送の通販で購入して使った体験談

マーベロンの効果や副作用を徹底検証低用量ピル(経口避妊剤)

マーベロンの効果や副作用を徹底検証

マーベロンの効果や副作用を徹底検証

本記事では、第三世代の低用量ピルであるマーベロンについての情報をまとめていきます。マーベロンは、国内のクリニックでも処方されることが多いピルとなっています。

過去のピルと比べると、副作用のリスクも少なくなっており、人気の低用量ピルです。

 

マーベロンの最大の特徴は、いわゆる「男性化」のリスクが少ないということです。ピルを継続して飲んでいると、どうしても男性化の影響により、太りやすくなったり、体毛が濃くなったりします。

 

この嫌な症状の発症を極力抑えたのがマーベロンになります。

 

管理人の妻も、マーベロンを服用しています。過去に色々な低用量ピルを試してきたようですが、その中でも特に調子が良かったのがマーベロンであるとのことです。

 

以下、マーベロンについて、妻の体験談をもとにまとめていきます。避妊効果を望む女性はもちろん、つらいPMSに悩む女性にもおすすめです。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

マーベロンを病院で処方

マーベロンを病院で処方

前述したように、マーベロンはクリニックでも処方されることが多い医薬品となっています。注意しなければいけないのは、クリニックでマーベロンの処方を受ける場合、避妊目的のときは健康保険の適用が効かないということです。

薬代金は、全額が自己負担となってしまうということですね。

 

マーベロンを保険適用で処方してもらうためには、月経困難症と診断される必要があります。そのため、婦人科診察や血液検査などを別途行う必要となります。

 

日本国内でマーベロンを処方してもらっている女性の多くは、保険の適用を受けずにマーベロンを購入しています。

 

管理人の妻が最初にマーベロンを手にしたのは、やはりクリニックでの処方によってでした。PMSによるイライラへの対処という目的もあったようですが、保険の適用はなしで全額自己負担での処方となったようです。

 

そのため、マーベロン1シート(1ヶ月分)あたり、3,000円弱を支払っていたとのことです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでマーベロンを購入するにはこちらから!

マーベロンを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

マーベロンを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

マーベロンは、クリニックでの処方以外の方法でも、手に入れることが出来ます。それは、海外の医薬品通販サイトから個人輸入をするというものです。

海外製の医薬品の個人輸入に関しては、法律で認められた合法行為です。そのため、多くの女性が、海外からマーベロンなどのピルを通販購入しています。

 

海外医薬品通販サイトからの購入は、クリニックでの処方にはないメリットがあることも事実です。以下、海外製のマーベロンの通販購入における利点をまとめていきます。

 

興味がある方は、ぜひメデマートなどの海外医薬品通販サイトをチェックしてみて下さいね。

 

①コスパが高い

 

前述のように、婦人科などのクリニックでマーベロンの処方を受ける場合には、ほとんどの場合において、保険の適用を受けずに購入することになります。

 

そのため、マーベロンの薬代金は、全額自己負担となってしまいます。ピルは長期間にわたって継続して服用するものです。

 

そのため、この金額を少しでも安く抑えたいという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、メデマートなどでの通販です。クリニックだと3,000円前後するマーベロンですが、メデマートだと1,000円前後で購入することが出来ます。

 

1シートあたり2,000円近くもお得ということですね。

 

②通販購入できる

 

「マーベロンは欲しいけど、クリニックに行く時間がない」

 

このような方は少なくないと思います。特に社会人の方は、なかなかクリニックの営業時間に時間を割くのは困難ですよね。そんな方におすすめなのが、メデマートなどの個人輸入代行サイトです。

 

これらのサイトでの医薬品の購入は、ネットショッピングと同じです。家にいながらにして購入をすることが出来ます。注文から配達まで1週間ほどはかかりますが、Amazonや楽天市場での商品購入のように手軽に注文をすることが出来ます。

 

海外医薬品通販なら、クリニックに出向く手間を省けるということですね。

 

③好きな分量を注文できる

 

「薬のストックがなくなる度にクリニックに出向くのが面倒くさい」
「どうせなら、もっとまとまった量を処方して欲しい」

 

このように思っている方はたくさんいるかと思います。そのような方にもおすすめしたいのが、メデマートなどからのマーベロンの購入です。

 

メデマートなどでは、医薬品の個人輸入に関する法律の許す範囲においては、一度に注文する医薬品の分量は自由に選択することができます。

 

また、まとまった量で注文することによって、薬代金の単価を割り引いてくれるサービスもあります。メデマートならば、まとめ買いも問題なく出来ます。

マーベロンを実際に使った効果は?

マーベロンを実際に使った効果

マーベロンは、第3世代の1相性ピルです。過去のピルに比べると、含有されている女性ホルモンの量が非常に少なくなっています。そのため、女性の身体への負担はより少なくなっています。

また、1相性なので、1シート内の有効成分含有量は、全て同じです。そのため、飲み間違いなどのリスクもありません。

 

▼マーベロンの効果

  • 避妊
  • 生理痛の軽減(副効用)
  • 生理不順の解消(副効用)
  • 卵巣がんの予防(副効用)

 

マーベロンに含まれているのは、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。それぞれ、デソゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。

 

この2種類のホルモンが含有されているのは、他の低用量ピルでも同じです。しかし、マーベロンは各ホルモン含有量がぎりぎりまでカットされています。

 

有効成分である女性ホルモンの含有量が少ないからとっては、マーベロンは避妊効果が弱いなんてことはありません。用法用量を守ってきちんと摂取することによって、100%に近い避妊効果を発揮することができます。

 

確かな効果がありつつ、身体への負担が少ないのがマーベロンです。

 

管理人の妻の場合は、避妊効果よりも、副効用としての生理痛の軽減目的でマーベロンを服用していました。ひどい時にはイライラして周囲にいる人に怒鳴り散らしたりと、仕事が手に負えなくなってしまうほどだったようです。

 

このひどいPMSに効果てきめんだったのがマーベロンです。

 

それまでもPMSに効くとされるハーブティーなどは飲んでいたのですが、それと比べると圧倒的な効果をマーベロンで実感したとのことです。

 

「マーベロンを飲み始めることで、QOLが圧倒的に上がった」

 

このように妻は言ってました。今では、低用量ピルが手放せないとのことです。

 

マーベロンの適応症

  • 避妊

マーベロンを実際に使った副作用は?

マーベロンを実際に使った副作用

避妊ピルを服用するにあたっては、副作用のリスクがついてまわります。特に注意しなければいけないのが、冒頭でも言及した「男性化」です。

これは、ピルに含有される黄体ホルモンの働きによって、以下のような症状が発症してしまうものです。

 

  • 多毛症
  • 肥満
  • ニキビ

 

第3世代であるマーベロンでは、それまでのピルとは違うデソゲストレルという黄体ホルモンが用いられています。このデソゲストレルの特徴としては、男性化の副作用のリスクが非常に小さくなっているということです。

 

そのため、「太らず美しさを維持できるピル」として、マーベロンは人気を博すようになりました。

 

管理人の妻の場合は、飲み始めてすぐの頃は、不正出血があったようです。また、それにともなって、腹痛も感じていたようです。しかし、その症状は、マーベロンを飲み続けるにつれて薄らいでいったとのことです。

 

1シート目を飲み終わるころには、不正出血はほとんど見られなくなったと言ってました。

 

過去のピルと比べると副作用のリスクの小さいマーベロン。しかし、注意しなければいけないのは、副作用のリスクはゼロではないということです。

 

認可にあたっての臨床試験では、以下のような副作用が確認されています。事前に理解しておくようにしましょう。

 

▼マーベロンの副作用

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 下痢
  • 予定外の出血
  • 乳房の痛みやはり
  • むくみ
  • にきび

マーベロンまとめ

マーベロンまとめ

    • マーベロンは、第3世代で1相性のピルである
    • 過去のピルと比べると、肥満など男性化の副作用が発症しにくい
    • 避妊効果だけでなく、生理痛の軽減や生理不順の解消にも期待できる

 

  • マーベロンは、クリニックでも処方されるが、保険は適用されにくい
  • お得な価格でマーベロンを購入するには、メデマートなどの医薬品通販サイトがおすすめ
  • たくさんの女性がメデマートからマーベロンを個人輸入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでマーベロンを購入するにはこちらから!