ペネグラを即日発送の通販で購入して使った体験談

ペネグラの効果や副作用を徹底検証

ペネグラは、ED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるザイダスキャディラ社が製造・販売を行っています。

 

インド製の医薬品であるにも関わらず、日本国内にはペネグラの愛用者がたくさんいます。

 

日本国内に住む男性がペネグラを入手するにあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販サイトを利用するのがおすすめです。

 

後述するように、かなり手軽にお得にバイアグラジェネリックを手にすることができます。

 

この記事の執筆にあたっては、ペネグラを実際に使った経験のある30代の男性にお話を伺いました。ユーザーの生の感想を盛り込みつつ、ペネグラの効果や副作用、最安値で購入する方法などをまとめていきます。

 

バイアグラジェネリック選びに困っている方はぜひ参考にして下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ペネグラを病院で処方

前述したように、ペネグラはインドの老舗製薬会社であるザイダスキャディラ社が売り出してるED治療薬(バイアグラジェネリック)です。

 

そのため、日本国内においては厚生労働省の認可を受けていません。流通もほとんどなく、病院やクリニックで処方を受けることはまずないでしょう。

 

ペネグラでないバイアグラジェネリックならば、きちんと厚生労働省の認可を受けています。国内の製薬会社が製造しているものですね。

 

そういったバイアグラジェネリックであれば、日本国内の病院・クリニックでも希望することで処方を受けることができます。

 

今回インタビューをさせてもらった30代の男性の場合は、金銭的な理由からペネグラを購入し始めたようです。普段はメデマートで海外通販をしているみたいですね。

 

「クリニックで処方を受けるED治療薬よりも、かなり安く購入することができるので重宝している」と言っていました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでペネグラを購入するにはこちらから!

ペネグラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ここまで述べてきたように、ペネグラではないバイアグラジェネリックならば、国内の病院やクリニックで処方を受けることができます。

 

しかし、わざわざ多くの日本人男性はペネグラを個人輸入するのを選んでいるわけです。

 

なぜ多くの男性は処方してもらえるED治療薬ではなく、海外から通販購入しなければいけなにペネグラを買っているのでしょうか。

 

以下に、ペネグラをメデマートの海外医薬品通販で購入する理由を3つほどまとめていきます。

 

①処方薬よりも価格が安い

ペネグラを購入する理由の1つ目。それは、1錠あたりの価格を安く抑えることができるということです。日本国内においてED治療薬は、保険適用外の医薬品です。

 

そのため、ジェネリックであっても1錠あたりの価格はどうしても高額になってしまいます。

 

以下に、それぞれの価格を比較していきます。

 

  • 国内で認可されたバイアグラ50mg:約1,500円/1錠
  • 国内で認可されたバイアグラジェネリック50mg:約800円/1錠
  • ペネグラ50mg:450円~522円/1錠

 

このように、服用するED治療薬をペネグラに切り替えるだけで、かなりの出費の節約になることが分かります。どれも同じ効果なのだから、少しでも安いほうが良いですよね。

 

②入手がとにかく手軽

バイアグラに限った話ではありませんが、処方薬は手にするまでがとにかく面倒なんですよね。

 

  • 平日の営業時間中に病院へ行く
  • 医師に処方せんを書いてもらう
  • 薬局で医薬品を受け取る

 

この一連のプロセスには2時間~3時間ほどもかかってしまうこともあります。

 

この時間と手間を大幅に省いてくれるのが、ペネグラなどの海外製医薬品です。メデマートなどからの個人輸入は、言ってしまえばAmazonや楽天でのネットショッピングと同じ。

 

医師の処方せんも必要になく、自宅でスマホから通販購入することのできるものです。忙しい社会人でも簡単にED治療薬が手に入るというのは嬉しいですよね。

 

③25mg錠が用意されている

ペネグラの他にも海外製のバイアグラジェネリックは存在します。それらとペネグラの大きな違いは、25mg錠が用意されているということ。

 

他の海外製のバイアグラジェネリックには100mg錠しかないものも多い中で、ペネグラには小柄な人用の25mgがきちんとあります。

 

欧米人などと比べると日本人はどうしても体型が小さくなっています。そのため、少量の有効成分でも十分に勃起促進効果を感じることが可能。

 

25mg錠でも多くの人は問題ありません。25mg錠ならば、50mg錠や100mg錠よりも、副作用のリスクも少なく価格も安価。お得なことばかりです。

 

多くの日本人男性は、このペネグラ25mg錠を好んで注文しているみたいですね。

ペネグラを実際に使った効果は?

ペネグラの有効成分は、シルデナフィルです。先発薬であるバイアグラと全く同じ成分ですね。

 

メデマートの販売ページを確認してもらえれば分かることですが、第三者機関の成分調査によってペネグラにはきちんとシルデナフィルが含有されていることが証明されています。

 

そのため、ペネグラにはバイアグラと同じだけの勃起促進効果を期待することができます。バイアグラで満足いくセックスができる男性ならば、ペネグラでも同様の力強い勃起ができるはず。

 

ペネグラはネット上でも高評価を得ているバイアグラジェネリックです。

 

ペネグラの効果

  • ED(勃起不全)の治療

 

ペネグラの有効成分シルデナフィルは、もともと全身の血圧を下げる目的で開発されていたものです。血圧を下げるということは、血管を拡張させ身体の血の巡りを良くすることを意味します。

 

この血行促進効果によって、シルデナフィルのED治療効果はもたらされました。

 

つまり、シルデナフィルの働きによってペニスの周辺の血行も活性化され、ペニスの海綿体に血が流れ込みやすくなるのです。この結果として、ペニスはガチガチに勃起しやすくなります。

 

シルデナフィルを服用するとペニスだけでなく全身の肌が赤くなるのは、この血行促進効果によるものです。

 

今回インタビューをさせてもらった30代の男性の場合は、ペネグラを服用することではっきりとしたED治療効果を得ることができているようです。

 

セックス前に服用すると、15分ほどでペニスが若かりし頃のようにガチガチになると言っていました。ペネグラを服用することで、一晩に2~3回戦をすることもあるようです。

ペネグラを実際に使った副作用は?

EDの症状を改善させる確かな効果があるペネグラ。このペネグラの服用にあたっては、他のED治療薬の服用時と同様に、副作用の発症に気をつけなければいけません。

 

同じシルデナフィルという成分を含有している以上、ペネグラにはバイアグラと同じだけの副作用のリスクがあるということです。

 

基本的に、一度に摂取するシルデナフィルの量が多くなればなるほどに、副作用の発症リスクは高まります。

 

そのため、副作用を予防したいという場合は、できるだけシルデナフィルの含有量が少ないペネグラを選ぶようにしましょう。

 

欧米人と比べると体型が小さい日本人の場合は、25mg錠でも十分にED治療効果を感じることができるはずです。

 

今回インタビューをさせていただいた男性は、167cmで58kgという体格をしています。日本人の普通体型といった感じですね。そんな彼が使っているのは、ペネグラ25mg錠です。

 

25mg錠でも十分するほどの勃起ができており、かつ副作用の症状も全く気にならないそうです。

 

シルデナフィルの副作用の症状としては、次のようなものが報告されています。どの症状もシルデナフィルの血行促進効果によって引き起こされるものですね。

 

ほとんどの場合において、副作用の症状は重症化することはありません。シルデナフィルの効果が切れるとおさまってしまうものばかりです。

 

ペネグラの副作用

  • 頭痛
  • 顔の赤み
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 頻脈
  • 動悸
  • 血圧変動
  • めまい
  • 視覚異常

ペネグラまとめ

    • ペネグラはインド製のバイアグラジェネリックである
    • バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルを配合している
    • 小柄な体型の男性向けの25mg錠がペネグラには用意されている

 

  • ペネグラを購入するにはメデマートからの個人輸入がお得
  • 日本国内で流通しているバイアグラジェネリックよりも安価に買える
  • たくさんの日本人男性がネット通販でペネグラを購入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでペネグラを購入するにはこちらから!