プロスパスを即日発送の通販で購入して使った体験談

プロスパスの効果や副作用を徹底検証多汗症治療薬

プロスパスの効果や副作用を徹底検証

プロスパスの効果や副作用を徹底検証

本記事では、多汗症治療薬であるプロスパスについてまとめていきます。プロスパスは、日本国内でも全身性多汗症の治療薬として認可されているプロバンサインのジェネリック医薬品になります。

多量の汗をかく体質で、「日常生活に支障をきたしてしまう」という方におすすめの医薬品となります。

 

欧米では、文化的に日本よりも他者とのスキンシップが多くなっています。そのため、汗に対するケアも日本人より敏感です。そんな欧米では、日本よりも医薬品による多汗症の治療が一般的となっています。

 

そんな多汗症の治療に用いられる薬が、プロスパス(プロバンサイン)となります。

 

他ならぬ管理人も、長年にわたって多汗症に悩まされている人間です。そんな私の生活は、プロスパスの服用によって劇的に好転しました。

 

本記事では、そんな管理人の実際にプロスパスを服用した体験談をもとに、これからプロスパスの服用を検討されている方向けに情報をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

プロスパスを病院で処方

プロスパスを病院で処方

プロスパスは、海外製のプロバンサインのジェネリック医薬品です。フィリピンの大手製薬会社であるロイドラボラトリーズ社が製造・販売を行っています。

そのため、日本国内では認可を受けておらず、国内での流通はほとんどありません。病院やクリニックで処方を受けることはほとんどないでしょう。

 

一方、プロスパスの先発薬であるプロバンサインは、日本でも認可を受けている医薬品です。多汗症の治療薬として認定されており、健康保険の適用の下に処方を受けることが出来ます。

 

ただ、医師によっては、副作用の理由などから、あまり患者にプロバンサインの処方を積極的に行わない場合があるそうです。

 

管理人の場合もまさにこれでした。最初は、皮膚科にプロバンサインの処方を受けて訪れました。

 

「副作用があるから処方はできない」
「在庫がないから処方できない」

 

しかし、このように言われてしまい、クリニックでのプロバンサインの処方は受けることが出来ませんでした。

 

⇒海外医薬品通販サイトでプロスパスを購入するにはこちらから!

プロスパスを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

プロスパスを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

本記事では、多汗症に悩む方向けに海外製の多汗症治療薬の個人輸入をおすすめしています。医薬品というと、病院やクリニックで処方を受けるという認識である方がほとんどかと思います。

しかし、海外製医薬品の個人輸入には、医療機関での医薬品の処方にはないさまざまなメリットがあります。

 

実際、たくさんの多汗症に悩む日本人が、老若男女を問わず、メデマートなどの個人輸入代行サイトからプロスパスを購入しています。

 

多汗症に悩まされている方は、ぜひ個人輸入代行サイトの使用も検討してみて下さい。以下、その利点をまとめていきます。

 

①医師の処方せんがいらない

 

前述のように、病院・クリニックでは何かと理由をつけてプロバンサインの処方せんを書いてはくれません。「患者に副作用が出たら責任問題になる」という医療機関側の事情があるのでしょう。

 

それは理解できますが、多汗症に苦しんでいる患者側からしたら、迷惑でうっとうしいことですよね。

 

メデマートなどの個人輸入代行を通じての医薬品の購入は、医師の処方せんなしでの購入が可能となっています。

 

そのため、皮膚科でのプロバンサインの処方を断られた方でも、問題なくそのジェネリック医薬品であるプロスパスを入手することができます。

 

②病院・クリニックに出向かなくてよい

 

医療機関でプロバンサインを処方してもらうためには、基本的には病院・クリニックに患者側が出向く必要があります。これは、何かと忙しい社会人などからしたら、何かと手間になることです。

 

待ち時間なども含めると、平日の半日が潰れてしまうこともあります。

 

この手間を解消してくれるのが、メデマートなどでの医薬品の個人輸入です。個人輸入は、楽天やAmazonなどのネットショッピング感覚で行うことが出来ます。

 

つまり、PCやスマホのネット環境があれば、家にいながらにしてプロスパスなどの多汗症治療薬を手にすることが出来ます。

 

③好きな分量を注文できる

 

仮に病院・クリニックでプロバンサインの処方を受けることが出来たとしても、その分量はきわめて少量である場合がほとんどです。多くて1週間から2週間程度で使い切ってしまう量でしょう。

 

夏場などの汗が多くなる時期は、この量では乗り切ることが出来ません。何度も病院・クリニックに通う手間がでてしまいます。

 

この点、メデマートなどの個人輸入代行は便利です。法律の許す一度の注文の上限量の範囲ならば、自分の好きな量をまとめて注文することが出来ます。

 

手元に一定のまとまった量の多汗症治療薬を置いておくことが出来るということですね。個人輸入代行を使うことで、余計な手間暇を省くことが出来ます。

プロスパスを実際に使った効果は?

プロスパスを実際に使った効果

「人よりもたくさん汗をかくことのつらさ」というのは、なかなか他者には分からないものです。

「周囲の人に迷惑をかけてないか」
「服が汗で濡れてしまっていないか」
「不快なにおいを周囲に撒き散らしてるんじゃないか」

 

このような不安に取り憑かれてしまい、日常生活に支障をきたす事態となってしまいます。

 

この汗の悩みを一気に解決してくれる救世主となりうるのが、プロスパスやその先発薬であるプロバンサインなどの多汗症治療薬です。

 

ネットでの体験談をチェックしてみても、多くの人がプロスパスの多汗症治療効果を実感していることが分かります。汗に関する問題に悩んでいる人は、一度プロスパスの服用を検討してみましょう。

 

▼プロスパスの効果

  • 全身多汗症による汗を抑える
  • 胃液の分泌を減らす

 

プロスパスの有効成分は、先発薬であるプロバンサインと同じプロパンテリン臭化物です。この成分には、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑制する効果があります。

 

アセチルコリンには、体中の汗腺を刺激し汗を出させる作用があります。

 

このアセチルコリンの働きがプロパンテリン臭化物によってブロックされることで、多汗症による発汗は抑えられることになります。プロスパスは、全身のさまざまな部位における発汗・多汗の治療に効果があるとされています。

 

  • 手のひら
  • 足の裏
  • 脇の下
  • 頭部

 

いずれの部位の汗にも効果があるのがプロスパスです。

 

管理人の場合、特にひどかったのは、脇の下の汗です。仕事におけるちょっとしたプレッシャーなどで、すぐに脇の下に汗をかく体質でした。このため、昔からグレー系のシャツは着ないようにしています。

 

とにかく周囲に脇に汗をかいているのがバレるのが不安で、いつもびくびくしている状況でした。

 

この脇の下の多汗症にも、プロスパスは劇的な効果がありました。服用後は、びっくりするぐらい脇の下の汗を抑えることが出来ます。

 

仕事での大人数の前でのプレゼン時などには、プロスパスの服用が欠かせません。脇の下の汗を気にすることなく仕事に集中できるようになりました。

 

▼プロスパスの適応症

  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 夜尿症
  • 多汗症

プロスパスを実際に使った副作用は?

プロスパスを実際に使った副作用

前述のように、病院・クリニックの医師がプロバンサインの処方を断る理由のひとつが、その副作用のリスクゆえにです。プロバンサインには、一定の副作用のリスクがあるということですね。

これは、プロバンサインのジェネリック医薬品であるプロスパスにおいても同じです。

 

プロバンサイン(プロスパス)服用時の代表的な副作用の症状としては、急激な口の渇きがあります。人によって発症の程度はまちまちなのですが、ひどい場合には唾液が全く出なくなってしまうようです。

 

そのような場合は、水分の摂取なしには他者との会話もままならなくなってしまいます。

 

管理人の場合も、この口の渇きという副作用の症状には見に覚えがあります。しかし、この口の渇きの症状が発症しても、こまめな水分補給を心がけることで、特に問題なく日常生活を送ることが出来ました。

 

正直なところ、脇の下の汗の悩みに比べたら、多少の口の渇きなどなんてことはありません。

 

どうしても、この副作用の症状がしんどいときには、一度に摂取するプロバンサイン(プロスパス)の分量を少なく調整してみることをおすすめします。

 

ピルカッターなどで錠剤を割るなどすれば、一度に摂取する有効成分の量も少なくなり、副作用の症状も小さく抑えることが出来ます。

 

プロバンサイン(プロスパス)には、口の渇き以外にもいくつかの副作用の症状が報告されています。個人輸入で海外製の医薬品を購入するときには、事前にどのような副作用のリスクがあるのかを理解しておくことが大切です。

 

もし副作用の症状が重症化する場合には、専門医を訪れるようにしましょう。

 

▼プロスパスの副作用

  • 口の渇き
  • 目の乾き
  • 便秘
  • 頭痛
  • 眠気
  • 顔のほてり
  • 排尿障害

プロスパスまとめ

プロスパスまとめ

    • プロスパスは、多汗症治療薬であるプロバンサインの海外製ジェネリック医薬品である
    • プロバンサイン(プロスパス)の有効成分には、体の発汗を抑える効果がある
    • 病院・クリニックでは、プロバンサインを保険適用で処方してもらうことが出来る

 

  • プロスパスの購入にあたっては、メデマートなどの個人輸入代行サイトの利用が必要となる
  • メデマートなどでは、医師の処方せんなしで、多汗症治療薬プロスパスを自由に購入できる
  • 多くの多汗症に悩む日本人が、プロスパスをメデマートで購入し、汗の悩みを克服している

 

⇒海外医薬品通販サイトでプロスパスを購入するにはこちらから!