プリリジーを即日発送の通販で購入して使った体験談

早漏改善

プリリジーの効果や副作用を徹底検証

プリリジーはイタリアのメナリーニグループが製造している、世界初の経口摂取型「早漏症治療薬」になります。
有効成分はダポキセチンといい、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。
これは一般的には抗うつ剤のジャンルになりますが、早漏の改善効果もあるということで、特にダポキセチンについて現在は早漏症治療薬としても取り扱われております。
ダポキセチンを有効成分とするジェネリック医薬品も多数作られておりますが、プリリジーはそれらの先発薬となります。
プリリジーは先発薬という名の通り、初めて作られたダポキセチン剤です。
本記事では、プリリジーを実際に使っている30代の男性にインタビューを行いました。
プリリジーの特徴や効果、副作用やお得な購入情報などをまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

プリリジーを病院で処方

プリリジーは前述の通り、ダポキセチンという早漏改善成分の先発薬になります。
日本ではまだ認可はされていませんが、2012年6月から厚生労働省の許可を得て輸入されております。
病院やクリニックで処方されることもありますが、認可がありませんので保険適応外になります。
また、病院やクリニックで入手する場合は当然ながら診察を受ける必要があり、そちらも診察料がかかります。
もしプリリジーを少しでも安く入手したいのなら、別の方法を検討する必要があるでしょう。
その方法というのが、個人輸入代行サイトによる個人輸入での入手です。
⇒海外医薬品通販サイトでプリリジー購入するにはこちらから!

プリリジーを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

前述の通りプリリジーは、病院やクリニックで処方を受ける形で入手すると商品代金以上の金額がかかってしまいます。
それに、どんな病院でも取り扱っている訳ではないので、お住いの地域になければわざわざ遠出する必要もあるかもしれません。
必要になる度にそんな事をしていては、負担がかさむ一方です。
しかし、例えばアマゾンのようなインターネット通販では、医薬品を取り扱うことはできません。
なぜなら医薬品を日本国内から送って、国内で受け取るという行いが、薬機法に抵触するからです。
なのでプリリジーを手軽に、手頃に入手するには、個人輸入するのがベストな手段といえます。

そうはいっても、一般人が一人で個人輸入を行うというのは大変ですので、個人輸入代行サービスを提供しているウェブサイトを利用するのが、もっともシンプルでわかりやすい方法となります。
こういったサイトは、通販サイトと大差のない手続きで医薬品を送ってもらうことが可能です。
厳密にいえば通販ではないので規約などに細かな違いは存在しますが、普通に使う分には変わりないといえるでしょう。

メデマートは、そういった個人輸入代行サイトの1つになります。
メデマートを選ぶのは、以下のようなメリットがあるからです。

 

①ネットや電話での簡単な手続きで注文できる

一般的な通販サイトと同様に、名前や住所、連絡先といった必要事項だけ入力すれば注文ができます。
さらに電話での注文にも対応しているので、パソコンや携帯デバイスの操作に不慣れな方でも簡単に注文する事ができます。

 

②支払方法を選べる

支払方法が限定されるというのは、通販で買い物するにあたって地味にネックとなる部分です。
特定の支払方法しかないということは、その支払方法が難しい状況だとなかなか支払いができないということになります。
メデマートは銀行振り込み、コンビニ決済、電子マネー(ビットキャッシュ)決済を利用できます。
支払方法が複数あってそれから選べるというのは、目立たないながらも重要なことなのです。

 

③周囲にバレないように購入できる

想像してみてください。
あなたは早漏症治療薬であるプリリジーを注文して、支払いを済ませ、荷物到着を待っているとします。
そして荷物が届いて、それを手に取ると、小包の表面にデカデカと「早漏症治療薬 プリリジー」と記載されていたら、どう思うでしょう。
荷物があなたの手元に届くまで、さまざまな人がリレー形式で運んできたはずですが、その小包を手に持った全ての人が、あなたの名前と中身が早漏症治療薬であることを目撃する訳です。
もしあなたがご家族と暮らしているのなら、荷物を受け取った家族の方も見てしまいます。
そんな事態を、果たして受け入れられるでしょうか。
メデマートから送られる荷物の梱包には、中身についての記載はありません。
コンプレックス商品に対して最大限配慮されていますので、安心して受け取ることができます。

 

④信頼性のある品質

ネットで出回っている医薬品には偽物が多い、というイメージを多数の人が持たれています。
実際、海外の製薬メーカーが複数者合同で調査した所、ネットで購入したED治療薬の内の約4割が偽造品であるという結果だった、と発表したことがあります。
ED治療薬以外の分類の薬も同様で、一定量の偽造品が出回っているようです。
そういった偽造薬品を飲んでしまったせいで引き起こされる健康被害の報告も、世界各地で後を絶ちません。
メデマートでは、提携会社による抜き打ち検査を不定期に実施しており、配送する薬品の品質保持に努めています。

プリリジーを実際に使った効果は?

本記事では、プリリジーを実際に使った効果、そしてその感想を早漏に悩んでいた30代の男性にインタビューしました。
「早漏は若いころ、それこそ10台の後半ごろからもうすでに深刻な悩みでした。
やはり早すぎると、パートナーとのやり取りもうまくいかないといいますか。
相手に馬鹿にされても、逆に気遣われても傷つきますし、それで苛立ったり卑屈になったりで挙句が喧嘩別れとか。
そのせいで一時期はED気味にもなりました。
早漏の治療薬があると知ったのは20代半ばくらいだったと思います。
ただ、あると知ってから実際に使おうと思うまでしばらく間がありましたね。
なんというか無意味な反骨心というか、早漏なのは分かりきっているのに、薬が必要な程じゃないと意地を張ってたんですよ。
でも、同じ悩みを持っていた知り合いがいつの間にやら早漏改善の薬を使って、ものすごく良かったと言い出しまして、その人に推される形で、クリニックで処方してもらいました。
正直、最初の1回はいやいや使いましたね。
こんなの必要ないのに、みたいな。
興味ない振りしてる癖に色々調べて、副作用みたいな悪いところだけ取り上げて、こんなにリスクあるんじゃん、とか思ってました。
でもそれも、1回使うまででしたね。
さすがに時間を計測して比較した訳ではないですけど、射精するまでの時間が明らかに伸びてました。
体感的には4~5倍ぐらいにはなってたんじゃないでしょうか。
なんというか、それまでって射精まで短いから焦りみたいなのが行為中に常にあったのに、それがなくて余裕が持てた感じですね。
今までの苦労や葛藤はいったい何だったのかって思いました。
それからは、必ず行為の際には服用してますよ。
個人的にはあんまり副作用を感じないので、使い勝手も非常にいいですしね。
強いて言えば、仕事が立て込んで疲れている時に使ったら、頭痛と胃もたれで行為どころじゃなくなった事が数度あるくらいです。
今後、性行為ができる間はずっとお世話になる薬でしょうね。」

プリリジーを実際に使った副作用は?

  • 頭痛
  • 鼻詰まり
  • 目眩
  • 動悸
  • 胃もたれ
  • 高熱
  • 嘔吐
  • 下痢

プリリジーまとめ

  • イタリアの製薬メーカー「メナリーニ」が製造・販売している早漏症治療薬の先発薬です。
  • 日本ではまだ認可されていませんが、2012年から輸入の許可は出ています。
  • あくまでも早漏症治療薬であり、EDに効果はありません。
  • 個人差はあれど射精までの時間を3~5倍まで伸びます。
  • SSRIに分類されますので睡眠薬や抗うつ剤などとの併用はできません。

⇒海外医薬品通販サイトでプリリジー購入するにはこちらから!