ブリトラを即日発送の通販で購入して使った体験談

ブリトラの効果や副作用を徹底検証

ブリトラは、海外製のレビトラジェネリックです。インドのセンチュリアン社が製造・販売を行っています。まだあまり日本国内における知名度は高くないED治療薬ではありますが、ネット上の口コミによって話題になりつつある医薬品です。

詳しくは後述しますが、ブリトラの最大の魅力はそのコストパフォーマンスにあります。色々なレビトラのジェネリック医薬品が存在していますが、その中でもかなり安価な価格設定になっています。

 

「毎月のED治療薬代金を節約したい」という方にぜひともチェックしてほしいお薬です。

 

この記事の執筆にあたっては、実際にブリトラを使っている方にお話をうかがっています。30代のサラリーマンの男性ですが、かなり興味深い体験談が聞けました。

 

その男性の話を盛り込みながら、以下にブリトラの詳細についてまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ブリトラを病院で処方

レビトラのジェネリック医薬品は、日本国内の病院やクリニックで処方を受けることができません。日本国内で入手できるのは、正規品のバイエル社のレビトラだけです。

これは、1錠1,500円程度となかなかにお高い医薬品となっています。

 

ブリトラをはじめとするレビトラのジェネリック医薬品は、メデマートなどの海外医薬品通販から個人輸入で入手をする必要があります。

 

日本人男性でも多くの人がレビトラジェネリックを使用していますが、その全員が海外からの通販で購入しているということですね。

 

ED治療薬には相性があります。バイアグラが身体に合う方もいれば、レビトラのほうが良いという方もいます。今回、話をうかがった男性の場合は、レビトラが自分にぴったりだったそうです。

 

しかし、レビトラには日本国内で買えるジェネリック医薬品がありません。最初はクリニックの1錠1,500円のものを買っていたようですが、次第に金銭的にキツくなっていったそうです。

 

そこで代わりになるものをネットで探し、見つけ出したのがブリトラというわけですね。

 

⇒海外医薬品通販サイトでブリトラを購入するにはこちらから!

ブリトラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ブリトラを購入するためには、メデマートなどから個人輸入をする必要があります。個人輸入ってちょっと面倒なイメージがありますよね。

しかし、毎日かなりの数の日本人男性は海外医薬品通販サイトから海外製の医薬品の注文を行っています。

 

クリニックに行けばレビトラを処方してもらうことが可能なのに、なぜあえて海外からブリトラを個人輸入しているのでしょうか。

 

以下では、ブリトラをメデマートの海外通販で入手するメリットについて3つほどご紹介をします。

 

①びっくりするほどに安い

 

前述しましたが、ブリトラの最大の魅力はその価格の安さにあります。その安さを一度知ってしまうと、正直なところ、クリニックでレビトラを買うのがバカバカしくなるほどです。

 

以下にレビトラとブリトラとの価格を比較してみます。

 

  • レビトラ:約1,500円/1錠
  • ブリトラ:150円~192円/1錠

 

レビトラの10分の1の価格で購入できるのがブリトラです。この価格差はかなりの差ですよね。1回のセックスにおいて1,000円以上もお得になります。

 

経済的負担はかなり軽くなりますね。

 

②品質も一定レベルを保っている

 

「やたらと安いということは品質が低いんじゃないの?」

 

このように思われる方もいるかもしれません。たしかに、東南アジア製のED治療薬の中には安かろう悪かろうなものも存在します。しかし、ブリトラはそうではありません。

 

インド国内のジェネリック医薬品というのは、世界的にその品質の高さが認められています。先発薬に負けず劣らずのクオリティを維持しているということですね。

 

これはブリトラも同じです。1錠150円ほどでありながら、レビトラと変わらない効果を期待できます。

 

③スマホで楽々注文できる

 

海外製医薬品の通販をしたことがない方にとっては、個人輸入というのは少し難しく感じるかもしれません。しかし、実際にはそのようなことはありません。

 

多くの人がAmazonや楽天での買い物をしたことがあると思います。

 

そんなネットショッピングと同じ感覚で医薬品を購入できるのが個人輸入です。ブリトラの購入も、スマホやPCのネット環境があれば、いつでもどこからでも注文をすることができます。

 

自宅にいながら医薬品をゲットできるということですね。

ブリトラを実際に使った効果は?

繰り返しになりますが、ブリトラはレビトラのジェネリック医薬品です。含有している成分もレビトラと同じバルデナフィルになります。

レビトラで何らからの勃起促進効果を体感できている方は、ブリトラでも同様の効果を得ることができるでしょう。

 

ブリトラユーザーの多くの人は、もともとレビトラを使っていた方です。「レビトラで効果を感じていたが、どうせならもっと安い薬に切り替えたい」こういった動機からブリトラの海外通販をし始めた方が多いようですね。

 

ブリトラの効果

  • 勃起不全(ED)の解消

 

有効成分のバルデナフィルは、EDの原因であるPDE5という酵素の働きをブロックするお薬です。この結果、ペニスへの血流が活性化され、力強い勃起をすることができるようになります。

 

国内の臨床試験もパスした安全な成分ですね。

 

他のED治療薬と比較すると、バルデナフィルの特徴はその効果の即効性にあることが分かります。多くの男性が服用してから15分以内に勃起をすることができているようです。

 

このスピード感は他のED治療薬にはないバルデナフィルの特徴です。

 

今回話をうかがった30代の男性は、ブリトラを服用すると10分ほどで力強い勃起ができると言っていました。バイアグラやシアリスなども試したようですが、レビトラ系のほうが強い効果を感じたみたいですね。

 

ブリトラで手軽にED治療薬を使うことができるようになったために、今は20代の頃のような奔放な性生活を楽しんでいるとのことです。風俗や出会い系で色々な女性と楽しみまくっているそうです。

ブリトラを実際に使った副作用は?

ブリトラを使う上で忘れてはいけないのが、副作用の症状です。同じバルデナフィルを含有しているため、レビトラと同じだけの副作用の発症リスクがブリトラにもあります。

レビトラで副作用を感じたことがある方は、同様の症状がブリトラでも起こりうるということですね。

 

バルデナフィルの副作用としてよく知られているのが頭痛です。深酒をしたときのような、頭がガンガンする感じになってしまう人が多くいるようです。

 

そのような頭痛には、ロキソニンなどの市販の頭痛薬が効果があるとされています。不安な方はブリトラ服用前に頭痛のお薬も用意しておきましょう。

 

今回インタビューした男性の場合は、ブリトラの副作用はちょっとした鼻づまり程度とのことです。もともとレビトラとの身体の相性がよかったこともあり、目立った副作用はなかったようですね。

 

この鼻づまりも重症化することはなく、レビトラの効果が切れると自然とおさまるとのことです。セックスの妨害になるほどではないので、ブリトラを飲み続けているみたいですね。

 

以下に、ブリトラを服用して発症する可能性のある副作用の症状をまとめて紹介します。もし、これらの症状が重症化するようなことがあったら、直ちにブリトラの服用を止めましょう。

 

速やかに専門医の診察を受けることが必要となります。

 

ブリトラの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 顔の赤み
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動機
  • 頻脈
  • 視覚異常

ブリトラまとめ

    • ブリトラはインドの製薬会社によるレビトラジェネリックである
    • レビトラと同じだけの勃起促進効果を期待することができる
    • 副作用のリスクもレビトラと同じなので注意が必要

 

  • ブリトラを買うためにはメデマートなどから個人輸入をする
  • 1錠あたり150円程度とかなり安い価格で購入できるED治療薬である
  • 日本人男性でも多くの人がブリトラを個人輸入してセックスを楽しんでいる

 

⇒海外医薬品通販サイトでブリトラを購入するにはこちらから!