ビダリスタを即日発送の通販で購入して使った体験談

ED治療薬(勃起不全)

ビダリスタの効果や副作用を徹底検証

ビダリスタビダリスタは馬のマークが目印のセンチュリアン社が製造している、ED治療薬「シアリス」のジェネリック医薬品です。
センチュリアン社は他にもバイアグラのジェネリック医薬品である「センフォース」や、レビトラのジェネリック医薬品である「ブリトラ」などなど、数多くのジェネリック医薬品を手掛けている大手の製薬メーカーになります。
ビダリスタはどちらかというとシアリス系のジェネリック医薬品の中ではちょっとマイナー寄りで、タダシップやタダライズに比べると知名度がやや控えめです。
しかし、ちょっと待って頂きたい。
ビダリスタには、選ぶだけの利点が存在するのです。
本記事では、ビダリスタを実際に使っている40代の男性にインタビューを行いました。
ビダリスタの特徴や効果、副作用やお得な購入情報などをまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ビダリスタを病院で処方

ビダリスタは前述の通り、シアリスのジェネリック医薬品です。
新薬のシアリスは日本の病院やクリニックなどで処方されていますが、ビダリスタを含むシアリスのジェネリック医薬品は処方されることはありません。

なぜなら、シアリスの国際的な特許がまだ有効だからです。

ただし、特定の国ではその特許についての規定を法的に持っておらず、特許に縛られずジェネリック医薬品を作ったりしています。
インドが特に顕著で、インドの製薬産業の生産量は世界第4位に位置すると言われています。
そのため、シアリスのジェネリック医薬品を日本で入手するには、個人輸入に頼る他ないとされています。

新薬のシアリスは、単純に高価なものになります。
病院やクリニックによって細かい値段は異なりますが、1錠あたり1,800~2,000円ほどです。
ビダリスタの8倍以上になってしまうので、差は歴然と言えるでしょう。
⇒海外医薬品通販サイトでビダリスタ購入するにはこちらから!

ビダリスタを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

前述の通りビダリスタは、というよりもシアリスのジェネリック医薬品は病院・クリニックで処方されることはありませんので、入手するには個人輸入に頼るのが常道です。

しかし、実際に個人輸入を行うとなると、様々なハードルがでてきます。
煩雑な手続き、言語の壁、代金の支払い、あるいは届くものの真贋も当然気になってきます。
個人輸入を本当に個人で行うとしたら、膨大な手間ひまを掛ける必要があるのです。

そんな時間も手間も掛かる一切合切を、全て肩代わりしてくれるサービスがあります。
それこそが個人輸入代行サービスになります。
このサービスによって、個人輸入をまるで普通の通信販売のように行うことができるようになっています。
よって、今は個人で個人輸入をするよりも、個人輸入代行に欲しい薬の依頼をするのが一般的になりつつあります。

メデマートも、そんな個人輸入代行のひとつです。
では、なぜ数ある個人輸入代行からメデマートを選ぶのか。
この項ではそのメリットを解説します。

 

①費用対効果に優れる

なんと言っても、ビダリスタの魅力はその値段の安さになります。
前述の通り、新薬のシアリスは病院で処方してもらうと1錠あたり1,800~2,000円ほどになります。
あるいは、シアリスの他のジェネリック医薬品も400~500円前後になります。
しかしビダリスタは、1錠あたり216円~とかなりお手頃価格となっています。
病院で2,000円前後のものが、メデマートでは200円前後で購入できる。
これが一番のメリットになるでしょう。

 

②ネットで/電話で、簡単に注文できる

個人輸入を個人で実施するのは難しいハードルがいくつもあると前述しました。
その手続き簡易にしたのが個人輸入代行ですので、注文はとても簡単です。
ネットの通販と同じように名前、連絡先、発送先住所を入力するだけで注文することができます。
また、メデマートは電話注文にも対応していますので、ネットでの手続きに不慣れな方も安心して利用することができます。

 

③秘匿性

個人輸入は、あくまでも法律に則った手続きのもとに行われる、れっきとした合法行為です。
それはおそらくどこの個人輸入代行に頼んでも変わりのない事柄ですので、秘匿性というのは必要ない方もいらっしゃるでしょう。
しかし考えてみると、仮に秘匿性のないサイトでED治療薬を頼むと、梱包にED治療薬だとデカデカと描かれた小包が自宅に届いてしまう事になります。
果たして、これを容認できるでしょうか。
違法行為ではありませんのでコソコソする必要性はありませんが、他者に自身がEDであると喧伝するような行いは、恥ずかしいと思ってしまうのが一般的な感性ではないでしょうか。
メデマートではそのようなニーズに答えて、梱包に商品名や商品の分類などの記載がありません。
つまり中身を周知される危険性が格段に低く、安心して医薬品を購入することができます。

 

④品質の信頼性

とある製薬会社が複数社連携して、合同調査を行った結果、ネット上でED治療薬として購入できるものの実に4割が偽造品であるという鑑定結果がでたと発表しています。
偽造品については、有効成分を含んでないものや、不純物・有害成分を含んだものなど様々ですが、こういった偽造品を服用して健康被害にあった例は世界各国で存在しています。
メデマートでは、不定期で抜き打ち検査を提携会社が執り行っており、品質の保持に努めています。
メーカーからの100%正規品が届きますので、安心して利用することができます。

ビダリスタを実際に使った効果は?

ビダリスタはシアリスのジェネリック医薬品であり、当然効果も全く同じものです。
シアリス系の特徴として挙げられるのは、その効果時間の長さでしょう。
最大で36時間継続する事もあるというその効果時間は、他のED治療薬がおよそ5~8時間であることと比較しても、圧倒的といるでしょう。
海外では「金曜日の夜に飲めば日曜日まで効果が持続する」という意味で『ウィークエンドピル』などとも言われています。
また、長時間効くといっても効果はマイルドなので、他のED治療薬と比較すると副作用も少ない点が魅力のひとつです。
バイアグラ系やレビトラ系でありがちな「赤ら顔」「鼻詰まり」「胸焼け」などになりにくいため、そういった副作用を気にする方には人気であり、おすすめできるものになります。

ビダリスタを実際に使った副作用は?

前述の通り、ビダリスタはシアリスのジェネリック医薬品ですので、他の系統のED治療薬よりも副作用が出にくいとされています。
臨床試験では、下記のような副作用が報告されています。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 鼻づまり
  • 潮紅
  • 目の充血
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 頻脈
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 下痢
  • 視界異常

 

ビダリスタまとめ

ビダリスタ

  • インドの製薬メーカー「センチュリアン社」が製造・販売しているシアリスのジェネリック医薬品です。
  • 日本ではまだ認可されていないため、病院やクリニックでの購入はできません。
  • 新薬のシアリスや他のジェネリック医薬品と比較しても、1錠あたりの価格が低くおさえられています。
  • 有効成分のタダラフィルは効果の持続時間に優れるほか、食事の影響を受けにくく、副作用が少ないことで知られています。

 

⇒海外医薬品通販サイトでビダリスタ購入するにはこちらから!