パルモプレスを即日発送の通販で購入して使った体験談

ED治療薬(勃起不全)

パルモプレスの効果や副作用を徹底検証

パルモプレスは、世界で3番目に開発された、インドのシプラ社で製造されているシアリスのジェネリック医薬品です。
シアリスの有効成分タダラフィルが血管を拡張し、陰茎部への血液流入を促し勃起させることで、勃起不全や中折れなどED症状の改善・治療に効果があります。
パルモプレスは、シアリスと同じタダラフィルを有効成分として、陰茎部への血流を促進してED症状を改善する効果を持っています。
今までのED治療薬では、性交渉を行うにあたって、服用時に空腹時や時間の調整などタイミングを計る必要がございますが、パルモプレスの有効成分タダラフィルは食事の影響を受けづらいため服用のしやすさや価格も安価で購入がしやすい点などが、人気に繋がっていると言えます。

今回インタビューした40代の男性は、このパルモプレスを使用しています。
本記事の作成にあたって、インタビューした40代の男性へお話を聞きながらその内容とともに、
パルモプレスの詳しくご紹介していきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

パルモプレスを病院で処方

パルモプレスは日本国内の病院・クリニックでは入手することが不可能となっています。
世界的に認可されたED治療薬のシアリスは、国際特許が切れていない医薬品のため、原則として、各製薬会社のジェネリック医薬品の製造・販売は禁止されています。
そのため、日本国内では、シアリスのジェネリック医薬品は入手不可能となります。
この特許法の唯一の例外となっているのが、シプラ社などのインドの製薬会社です。
インド国内の独自法のため、いろいろな医薬品のジェネリックが製造可能となっています。
パルモプレスもその状況下で作られたシアリスのジェネリックです。
このようなこともふまえ、パルモプレスを病院で処方することは、難しいとされています。
⇒海外医薬品通販サイトでパルモプレス購入するにはこちらから!

パルモプレスを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

パルモスは、病院または、クリニック等での購入・入手は出来ない医薬品になります。
個人輸入代行・海外医薬品通販でのみ購入できるシアリスのジェネリックになります。

先発薬であるシアリスで比べてみましょう。
病院または、クリニックでの薬代は、1錠1500円~2000円 これに診察代なども合わせていくと、約5000円~10000円の出費となってきます。
かなりの金額差が出てしまいますが、これは、シアリスの処方が自由診察扱いとなっており、各病院によって自由に価格を決めることが、出来るからです。
海外医薬品通販では、1錠あたり243円~購入出来るなど、病院・クリニックでは入手出来ない点、通販には、いろいろなメリットがあります。

個人輸入は、代行業者を使うことで、簡単に医薬品を購入することが出来ます。

メデマートは、通常のネットショッピングサイトと操作など特に変わりません。
病院への通院、電話予約などすることがなくなり、自分のペースで購入出来るということです。

パルモプレスを実際に使った効果は?

パルモプレスはシアリスのジェネリック医薬品ですから、効果はシアリスと同じです。
有効成分のタダラフィルにはEDの原因である酵素の働きを阻止し、ペニスへ流れ込む血液量を増加させる作用があります。
そうすることで、スムーズな勃起を促し、硬い状態を維持します。
パルモプレスは有効成分タダラフィルの働きにより、陰茎海綿体への血液量を増加させることによって、陰茎を正常に勃起維持させます。
EDの元となる酵素ホスホジエステラーゼを有効成分タダラフィルが阻害します。
その他、血管を拡張させる効果もあり陰茎内部に流入する血液量を増加させて勃起を促します。
あくまでも性的な刺激や興奮により勃起するものなので、持続時間中にずっと勃起している訳ではありません。

インタビューした40代の男性は、ED治療薬に真摯に向かってお考えをお持ちのかたで、世界で一番に開発されたバイアグラ、二番目に開発されたレビトラと服用された経験があり、そのことから、今回は、世界三番目に開発されたシアリスを服用するべく、このシアリスのジェネリック医療品であるパルモプレスに興味を持たれたそうです。この三種類を比べた結果。パルモプレスの最大の違いは、持続力だと言われてました。用法用量をしっかり守り、服用することで、24時間~36時間もの間、効果があるといいます。それも、性的興奮を覚えたときに発動してくれるので、そこまで頻繁に難しく考えることなく、特に旅行の時なんて、最高だった。と楽しそうにおっしゃられたのが印象に残っています。

そんな素敵な体験談を聞かせていただきましたが、注意しなければいけない副作用についてお伝えしていきます。

パルモプレスを実際に使った副作用は?

パルモプレスの副作用は、動悸、頭痛、ほてり、鼻づまり、めまいなどが挙げられます。
ただ、タダラフィルはゆっくりと分解されていくので、副作用はほかのED治療薬に比べて少ないです。
また、いずれも副作用の症状は軽度で、時間の経過とともに症状は消失していきます。

パルモプレスの主な副作用
主な副作用として、頭痛・潮紅・ほてり・消化不良が報告されています。
頭痛・ほてり・潮紅に関しては、服用により血管が拡がっている状態ですので、2~3時間も経てば薬の効果と共に症状は落ち着きます。
低頻度な症状ですが、発疹・じんましん・顔面むくみ・剥脱性皮膚炎・スティーブンスジョンソン症候群などの過敏症が起きることがあります。
本剤投与後に、このような症状があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、適切な処置を行なうようにしてください。

パルモプレスの稀な副作用
持続勃起症(プリアピズム)という症状がごく少数例ながら発症しています。
勃起が4時間以上続く可能性があり、6時間以上勃起が続いた場合、処置が遅れると勃起機能が失われることがあります。
勃起が4時間以上続いたら、ただちに医師、もしくは内科・泌尿器科・専門外来にて、受診を受けてください。

パルモプレスの効果・副作用が強いと感じた場合
パルモプレスの服用にて、効果の効力や副作用が強く感じる場合は、ピルカッター等を使用し1/2量・1/4量と調節し服用ください。

インタビューした40代の男性の場合は、パルモプレスを服用したことによる副作用の症状はほどんど感じることはなかったようです。
以前バイアグラを使用して頭痛を感じたようですが、そのようなものも全くなかった。
身体の異常も特になく、性行為にしっかりと集中することが出来たそうです。

用法用量をきちんと守って服用することによって、パルモプレスは安全に使える医薬品です。

パルモプレスまとめ

  • パルモプレスは、インド製のシアリスのジェネリックで、持続時間がなんと24時間~36時間継続され、シアリスより安く購入できるためコスパが非常に良い事。
  • パルモプレスは、個人輸入代行・海外医薬品通販でのみ購入できる。
  • 病院・クリニックでは処方されないので、要注意。
  • 日本人男性でも、たくさんの人がパルモプレスを個人輸入している事。

 

⇒海外医薬品通販サイトでパルモプレス購入するにはこちらから!