バリフを即日発送の通販で購入して使った体験談

バリフまとめED治療薬(勃起不全)

バリフの効果や副作用を徹底検証

バリフの効果や副作用を徹底検証

本記事では、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品であるバリフについてまとめていきます。バリフはインドのアジャンタファーマ社が製造・販売をおこなっている医薬品です。

いくつかあるレビトラのジェネリック医薬品の中でも、特に知名度が高く人気を獲得している医薬品ですね。

 

レビトラのジェネリック医薬品は、まだ開発が進んではいません。しかし、インド国内では独自の特許制度があるために、レビトラを含むジェネリックの医薬品の製造が合法的に行われています。

 

バリフも、そんな状況下で製造されたレビトラジェネリックとなります。

 

本サイトの管理人も、バリフにはお世話になっています。他のED治療薬も使用してはいるのですが、即効性が段違いのレビトラジェネリックであるバリフは代えのきかないED治療薬として重宝しています。

 

以下、そんな私の経験談をもとに、バリフの購入・服用についての情報をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

バリフを病院で処方

バリフを病院で処方

前述のように、バリフはインドのアジャンタファーマ社が製造・開発を行っているジェネリック医薬品です。海外製の医薬品ということもあり、日本では未認可となっています。

そのため、厚生労働省によって認可されたバイアグラジェネリックなどとは違い、バリフは日本国内では流通していません。

 

もちろん、先発薬であるレビトラは、日本国内で正式に認可された医薬品です。そのため、街中のメンズクリニックでも処方を受けることが出来ます。

 

その場合、レビトラの価格は、1錠あたりの値段は2,000円前後となっています。1錠で1回のセックスと考えると、かなり高額な医薬品と言えるかと思います。

 

ED治療薬の効き目は、個人個人で差があります。レビトラを服用したことによって、思わぬ副作用が発症してしまう可能性もゼロではありません。

 

そのため、初めてレビトラを服用するという方は、医師の指導の下、クリニックで処方を受けるほうが良いかもしれません。一旦、クリニックでレビトラの処方を受け、その服用で問題がない場合は、よりコスパのよいバリフなどのジェネリック医薬品を試してみるのも良いでしょう。

 

管理人もバリフを服用する前には、全国にフランチャイズしているメンズクリニックでレビトラの処方を受けています。しばらく、処方されたレビトラの服用を続け、薬の扱いに慣れてからバリフに移行するようにしました。

 

健康面のリスクを考えると、いきなりバリフを服用するのはあまりおすすめできません。

 

⇒海外医薬品通販サイトでバリフを購入するにはこちらから!

バリフを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

バリフを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

繰り返しになりますが、バリフはレビトラのように日本に広く流通している医薬品ではありません。そのため、街中のクリニックやドラッグストアでバリフを入手することはできません。

この点は、バイアグラなど他のED治療薬とは違うので注意しましょう。

 

日本国内に住んでいる方がバリフを入手するためには、メデマートなどの個人輸入代行サイトから海外通販をする必要があります。「医薬品の個人輸入」と聞くと大変なことのように思えるかもしれません。

 

しかし、ことバリフの個人輸入に関しては、以下にまとめるような多くのメリットがあるのもまた事実です。

 

①価格が安い

 

バリフの最大の特徴は、何よりもコストパフォーマンスが高いということです。1錠あたりの価格をレビトラと比較すると、その安さは一目瞭然となります。

 

  • レビトラ:1錠あたり約2,000円
  • バリフ:1錠あたり200円

 

このように、バリフの価格はレビトラの10分の1となっています。

 

レビトラからバリフに切り替えることで、1回のセックスあたり約1,800円ほどお得になるということです。週2回のセックスとすると、一ヶ月で14,400円ほどの節約となります。

 

レビトラと同じ効果のある医薬品でこれだけ安いというのは、かなり魅力的ですよね。

 

②通販購入できる

 

海外からの個人輸入でバリフを購入すると、商品は通販によって自宅へと配送されてくることになります。海外からの発送となるので、注文から手元に届くまでは1週間ほどかかります。

 

ですが、その他は通常のネットショッピングと同じ感じでとなります。

 

日本国内で認可されている正規品のED治療薬は、医師の処方がなければ購入することは認められていません。つまり、入手にあたっては、面倒でもクリニックを訪れ、専門医を受診し、処方せんを用意してもらわなければいけないということです。

 

この面倒なプロセスを、バリフの海外医薬品通常では、バッサリとカットすることが出来ます。

 

③在庫が確実にある

 

本サイトでは、数ある個人輸入代行サイトの中でも、特にメデマートをおすすめしています。これはバリフにおいても同じです。バリフの海外からの個人輸入において大事なのは、利用するサイトにきちんと在庫があるかどうかということです。

 

2017年の夏頃より、ネット上においてバリフを含めるレビトラジェネリックの在庫が枯渇状態にあります。この理由は、インド国内においてレビトラジェネリックの製造がストップしているためとされています。

 

そのため、日本向け輸出の在庫も品薄となっているようです。

 

このような状況下におかれ、多くの海外医薬品通販サイトでは、バリフが売り切れとなっていたり価格が高騰していたりします。バリフが入手しづらい状況にあるということですね。

 

メデマートでは、このような状況にあってもきちんと在庫を確保し、安価なままの販売を行っています。

バリフを実際に使った効果は?

バリフを実際に使った効果

「海外製の医薬品を使うのは抵抗がある」「詐欺にあってしまうのでは?」
「副作用がひどいんじゃないの?」

 

日本で未認可の医薬品と聞くとこのような不安を抱く方は多いと思います。いくら安いからといって、効果がなくては意味がありません。ましてや副作用で健康を害することになっては、元も子もありません。

 

以下、そんな方のために、バリフのED治療薬としての効果についてまとめていきます。管理人は、メデマートで実際にバリフを購入し、自分の身体で試しています。

 

その経験をもとに、バリフの効果の本当のところについてまとめていきます。バリフはおすすめのレビトラジェネリックです。

 

バリフの効果

  • 勃起促進

 

繰り返しになりますが、バリフは先発薬レビトラのジェネリック医薬品です。つまり、レビトラと同じ有効成分が配合してあり、レビトラと同じED治療効果を期待することが出来るということです。

 

レビトラおよびバリフの有効成分は、バルデナフィルです。

 

この成分の特徴としては、とにかく飲んでから身体に効果が出るまでの時間が短いということです。他のED治療薬との服用後の発現時間は次の通りです。

 

  • レビトラ・バリフ(バルデナフィル):15分~30分
  • バイアグラ(シルデナフィル):30分~60分
  • シアリス(タダラフィル):30分~60分

 

レビトラおよびバリフには、他のED治療薬にはない即効性があることが分かります。また、バルデナフィルはシルデナフィルなどと比べると、食事の影響を受けにくくなっています。

 

軽い食事の後の服用でも勃起促進効果を発揮することが出来るということですね。セックスする直前に飲めるという手軽さがレビトラ/バリフにはあります。

 

管理人は、最近、メデマートでバリフのまとめ買いを行いました。去年の夏頃からバリフの品薄が相次いでおり、日本で有数の大手海外医薬品通販サイトでも欠品状態が続いていました。

 

そんな状態にあっても、常に在庫を維持し続けていたのがメデマートです。本記事をご覧の方でバリフに興味がある方は、在庫に余裕があるうちのまとめ買いをおすすめします。いつメデマートも欠品したり、価格を引き上げるか分かりませんので。

 

▼バリフの適応症状

  • 勃起不全(ED)

バリフを実際に使った副作用は?

バリフを実際に使った副作用

前述したように、バリフの有効成分は、先発薬であるレビトラと同じバルデナフィルです。そのため、レビトラ同様の副作用のリスクはバリフにも存在しています。ジェネリック医薬品だからといって、副作用のリスクがないなんてことはありません。

バリフは日本未認可の医薬品です。そのため、バリフを服用して発症した副作用に関しては、自己責任となります。副作用被害救済制度などによって、公的なサポートを受けれるということはありません。

 

なので、事前にバリフ服用時に発症する副作用への対処法を知っておく必要があります。

 

レビトラおよびバリフの有効成分であるバルデナフィルの副作用として代表的なものは、顔のほてりや頭痛などですね。これは、他のED治療薬とも同じです。ED治療薬にはペニス周囲を含む身体中の血行を促進させるという効果があります。

 

この作用ゆえに頭痛や顔のほてりは発症してしまいます。

 

実は、管理人もバリフ服用時にはつらい頭痛に悩まされていました。深酒をした時のようなガンガンとして頭痛です。とてもではないですが、セックスに集中できるような状態ではありませんでした。

 

この状態を何とかするために、私が行ったことは以下の2つです。

 

  • ピルカッターでバリフを割って服用する
  • ロキソニンなどの鎮痛薬を併用する

 

前者は、一度に服用する量を少なくするというものですね。バリフに関しては、二分の一錠でも十分に効果を感じています。後者は、市販の頭痛鎮静剤で対処するというものですね。バリフと一緒に服用することで、事前に頭痛を防ぐことが出来ます。

 

顔のほてりや頭痛以外にも、以下のような副作用の症状がバルデナフィルにはあります。バリフを服用するにあたっては、これらを事前にチェックしておくようにしましょう。

 

副作用の症状がひどくなった場合には、バリフを中止し医師の診察を受けるようにしましょう。

 

▼バリフの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 胸のドキドキ
  • 動悸
  • 脈の乱れ
  • まぶしさなどの視覚異常

バリフまとめ

バリフまとめ

    • バリフはインド製のレビトラジェネリックである
    • バリフを含むレビトラジェネリックは、昨年頃から品薄となっている
    • 今現在は、メデマートなど一部のサイトでしかバリフの取り扱いがない

 

  • バリフには、レビトラと同等の勃起促進効果を期待できる
  • バリフはレビトラよりも価格が安くコスパが良い
  • 多くの人は、レビトラ服用後にバリフに乗り換えている

 

⇒海外医薬品通販サイトでバリフを購入するにはこちらから!