バスピンを即日発送の通販で購入して使った体験談

バスピンの効果や副作用を徹底検証抗不安薬

バスピンの効果や副作用を徹底検証

バスピンの効果や副作用を徹底検証

バスピンは、抗不安薬であるバスパーのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるインタスファーマ社が製造・販売を行っています。

バスピンは、個人輸入が禁止となったデパスの代替薬として注目されるようになりました。多くの日本人が、デパス同様に、バスピンを個人輸入で購入しています。

 

バスピンは、日本国内では認可されていない医薬品となります。そのため、入手にあたってはメデマートなどの個人輸入代行サイトを経由する必要があります。

 

デパスなどに比べると、まだまだ知名度は低い抗不安薬です。しかし、ネット上の口コミでは、多くの人がバスピンの効果を絶賛しています。

 

管理人の周囲にも、ここ最近でバスピンの服用を始めた人がいます。同僚女性(36歳)です。本記事を書くにあたっては、彼女にバスピンの実体験をインタビューさせてもらいました。

 

デパスの代わりとなる医薬品を探している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

バスピンを病院で処方

バスピンを病院で処方

前述したように、バスピンは日本国内では、厚生労働省の認可を受けていない医薬品となります。そのため、日本国内の病院・クリニックでは、ほぼ取扱いがありません。

バスピンを手に入れるためには、海外からの医薬品の通販購入が必須となります。

 

日本でメジャーな抗不安薬であるデパスは、医療機関で処方を受けることが出来ます。しかし、依存への懸念などから医師による指導の下でしか手にすることは出来ません。

 

医療機関でのデパスの処方においては、自分の希望するだけの分量の抗不安薬を手にすることは難しいでしょう。

 

これは、不安障害や睡眠障害、うつ病に苦しんでいる人にとっては、かなりキツい状況かと思います。不安を和らげるためにも、安心できるだけの量の薬を手元に置いておきたいですよね。

 

そのような場合は、病院での処方ではなく、海外からの医薬品の通販購入を検討する必要があります。

 

管理人の同僚は、昔から夜に不安に襲われ寝れないことが多かったそうです。そのため、心療内科にてデパスの処方を受けていました。

 

しかし、医師によるデパスの処方制限があったために、デパスの個人輸入をすることで乗り切っていたとのことです。

 

この度のデパスの個人輸入の禁止により、あれこれと検討した結果、バスピンに乗り換えることにしたようです。病院・クリニックに対して苦手意識を持っているらしく、「抗不安薬の購入は個人輸入に限る」と言っていました。

 

バスピンは、デパスの代替薬として優秀であるとのことです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでバスピンを購入するにはこちらから!

バスピンを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

バスピンを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

デパスからの乗り換えとして、日本国内でも多くの人がバスピンを使い始めています。前述したように、バスピンは日本国内の病院・クリニックでは取扱いのない場合がほとんどです。

購入にあたっては、海外医薬品を扱っている通販サイトから個人輸入をする必要があります。

 

抗不安薬を海外から個人輸入をすることには、以下のような大きなメリットがあります。心療内科や精神科に毎回通ってデパスなどの処方を受けている方は、一度、個人輸入による抗不安薬の入手を検討してみることをおすすめします。

 

薬にまつわる余計なストレスを排除することが出来ますよ。

 

①まとめ買いが可能

 

バスピンやデパスなどの抗不安薬を個人輸入する方々の大きな理由は、「安心できるだけの量の薬を手元に置いておきたい」というものだと思います。

 

病院・クリニックでの処方では、医師の判断によって、どうしても薬の処方される量が制限しています。

 

この制限は、患者側からすればもどかしいものがありますよね。このため、多くの人はメデマートなどの個人輸入代行サイトでバスピンなどの抗不安薬を購入しています。

 

個人輸入代行サイトでは、医師の処方せんなども必要なく、自分の希望する量の医薬品を注文することが出来ます。

 

②自宅にいながら入手可能

 

病院・クリニックに出向くというのは、かなり体力・気力を要することです。特に、抗不安薬などで治療を行っている方にとっては、なおさらのことでしょう。

 

「医療機関に出向き、診察を受けて、薬を処方してもらう」

 

これだけのことですが、いざやるとなるとクタクタになってしまうこともあります。

 

そんな時に役に立つのが、外国製の医薬品の海外通販です。楽天やAmazonでの通販と変わらない手軽さで、バスピンなどの抗不安薬を購入することが出来ます。

 

必要なものは、PCやスマホなどのネット環境だけです。自宅にいながらにして薬が入手できるので、かなり重宝します。

 

③他者の経験談を参照できる

 

バスピンなどの医薬品の通販において役に立つのが、他のユーザーが投稿している体験談です。自分と同じ症状に悩む方の実際の声というのは、時として医師の指導よりも有用である時があります。

 

メデマートなどの個人輸入代行サイトでは、多くの人が口コミレビューを投稿しています。

 

たしかに、過去には業者による自作自演のステマも問題になっていました。しかし、現在ではネット上での規制が厳しくなり、多くの海外医薬品通販サイトは真っ当な運営をするようになっています。

 

そのようなサイトで購入するにあたっては、自分の将来像のプレビューとして他の人の体験談をチェックするようにしましょう。

バスピンを実際に使った効果は?

バスピンを実際に使った効果

バスピンは、ここ数年で急に注目を受けるようになった医薬品です。その理由は、繰り返しになりますが、個人輸入が禁止されたデパスの代替薬としてです。

ネット上のカスタマーレビューなどを参照してもらえれば分かることですが、多くの人がバスピンの抗不安薬としての効果に満足していることが分かります。

 

もちろん、デパスとバスピンとでは有効成分も違うため、全く同じ効果が得られるわけではありません。なので、個人個人で合う合わないがあります。

 

正直なところ、ネット上での体験談も高評価のものばかりではありません。大事なことは、バスピンが自分に合うかどうかをきちんと見極めることです。

 

▼バスピンの効果

  • 神経のたかぶりを抑える
  • 不安を抑える
  • 寝付きを良くする

 

バスピンは、バスパーという抗不安薬のジェネリック医薬品となります。インド製のジェネリック医薬品であり、高品質を維持しつつ安価に購入できるコスパの良い医薬品となっています。

 

そんなバスピンの有効成分は、塩酸ブスピロンです。この成分はデパスのエチゾラムよりも身体への負担が少なくなっています。

 

多くの人が、デパスの代わりにバスピンを服用しています。気分が落ち込んでしまった時に頓服薬として服用したり、継続的に服用することで他の抗うつ薬に頼ることなく生活を送ることが出来るようになります。

 

身体をリラックスさせ落ち着かせる効果があるので、不安による入眠障害に悩む方にもおすすめです。

 

管理人の同僚女性に聞いたところ、バスピンを服用することで眠りが深くなった感覚があるとのことでした。バスピンを服用することで、ストンと入眠することが出来ているようで重宝しているようです。

 

抗不安薬にありがちな翌朝のだるさなどもなく、目立った問題もなく服用を続けられていると言っていました。

 

▼バスピンの適応症

  • 不安障害
  • うつ病
  • 睡眠障害

バスピンを実際に使った副作用は?

バスピンを実際に使った副作用

抗うつ薬や抗不安薬を服用するにあたって気になるのが副作用のリスクです。実際、デパスの個人輸入が禁止となった理由としては、その依存性が問題視されたためであるとされています。

デパスの服用を止めると、イライラや不安感が増幅してしまうという人は少なからずいたようです。

 

そんなデパスと比較すると、バスピンは副作用や依存性のリスクは低くなっています。デパスよりも安全に使うことの出来る抗不安薬とみなされているようですね。

 

デパスの個人輸入が禁止となりバスピンに切り替えたことをきかっけに、デパスへの依存から抜け出せたという人もたくさんいます。

 

とはいえ、バスピンの副作用のリスクはゼロではありません。抗不安薬には、個人の体質によって、合う合わないが大きくでます。場合によっては、めまいや強い眠気などの症状や服用を止めることによる離脱症状も発症する可能性があるようです。

 

本格的な服用を始める前には、バスピンが自分に合うかどうかを見極める必要があります。

 

管理人の同僚女性の場合は、最初のうちはバスピンを服用した後に、軽い動悸や気分の悪化を感じたこともあるようです。

 

しかし、しばらく服用を続けていると、身体がバスピンに慣れてきたということもあるのか、それらの症状が発症することはなくなったとのことです。

 

臨床試験などで確認されているバスピンの副作用の症状としては、次のようなものがあります。基本的に重症化することはありません。

 

ですが、もしバスピンを服用してこれらの症状が重く出てしまった場合には、服用を止めて専門医に相談するようにしましょう。

 

▼バスピンの副作用

  • めまい
  • 眠気
  • 頭痛
  • 疲労
  • 集中力の低下
  • 頻脈
  • 動悸
  • 吐き気
  • 口の渇き
  • 下痢
  • 筋肉痛
  • 痙攣

バスピンまとめ

バスピンまとめ

    • バスピンは、塩酸ブスピロンを有効成分として配合する抗不安薬である
    • デパスよりも依存性が低く、安全に服用することが出来る
    • 日本国内では認可されておらず、海外から個人輸入をする必要がある

 

  • 多くの日本人がデパスの代替薬としてバスピンを使い始めている
  • インド製のジェネリック医薬品でありコスパが高い
  • 個人輸入でバスピンを購入すれば、処方せんなしでまとめ買いが出来る

 

⇒海外医薬品通販サイトでバスピンを購入するにはこちらから!