バイスマを即日発送の通販で購入して使った体験談

バイスマの効果や副作用を徹底検証

バイスマは、インドのスマート社が製造・販売を行っているバイアグラジェネリックです。

 

バイアグラのジェネリックというとカマグラなどが有名かと思います。それらと比べると、バイスマは販売開始してから日が浅く、知名度はまだ高くありません。

 

しかし、それにも関わらず、ネット上での口コミによってバイスマを人気になりつつあります。その最大の理由は、「バイスマが日本向けに製造されたジェネリック医薬品だから」ということです。

 

日本人スタッフが監修として参加しているため、品質に対する安心感を抱いている人が多くいるようです。

 

管理人の周囲にもバイスマを愛用している男性は多くいます。本記事の作成にあたっては、同僚の30代男性にバイスマの使用感をインタビューしました。

 

その内容をもとに、バイスマについてその特徴をまとめていきます。バイスマは、安価かつ高品質なジェネリック医薬品なのでおすすめです。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

バイスマを病院で処方

日本向けに製造された医薬品ではあるものの、バイスマは日本国内で認可を受けた医薬品ではありません。そのため、国内の病院・クリニックにおける取り扱いはありません。

 

バイスマの購入にあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販サイトから個人輸入をする必要があります。

 

バイアグラは既に特許が切れた医薬品です。そのため、日本国内でもバイアグラジェネリックは出回っています。希望すれば医療機関でもバイアグラジェネリックを処方してもらうことは可能です。

 

しかし、それにも関わらず、多くの日本人男性はバイスマを買い求めているわけです。バイスマには、他のバイアグラジェネリックにはない魅力があるということですね。

 

管理人の同僚男性にバイスマを選んだ理由を聞いてみたところ、「安さと品質とを両立したED治療薬だから」と答えていました。

 

たとえば、インド製バイアグラジェネリックの中には、バイスマよりも安価なものは存在します。しかし、そのような医薬品は品質にバラつきがあることが多くあります。

 

また、前述したように、日本国内でも認可されたバイアグラジェネリックを購入することは出来ます。しかし、その場合は、25mgで700円程度、50mgで1000円程度とそこまで安価とは言えないのが正直なところです。

 

「安価で高品質」

 

言うのは簡単ですが、この2つを満たした医薬品はなかなかありません。

 

⇒海外医薬品通販サイトでバイスマを購入するにはこちらから!

バイスマを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

繰り返しになりますが、バイスマを入手するにあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販サイトから個人輸入をする必要があります。日本国内でも別な製薬会社のバイアグラジェネリックは手に入ります。

 

しかし、それにも関わらず、多くの日本人男性はバイスマを購入することを選んでいるわけです。

 

これは、ひとえにバイスマには他のバイアグラジェネリックにはない特徴があるからに他なりません。以下、バイスマの強みについてまとめていきます。ED治療薬選びに悩んでいる方はぜひ参考にして下さいね。

 

バイスマは、知名度こそ低いものの、かなりおすすめできる商品です。

 

①日本人スタッフが監修している

 

バイスマの他にもインドの製薬会社によるバイアグラジェネリックは存在します。それらとバイスマとの最大の違いは、「バイスマの製造にあたっては日本人スタッフが監修に入っている」ということです。

 

商品画像を見てもらえば分かりますが、バイスマのパッケージに日本語が印字されているのはそのためです。

 

「インド製の医薬品は安いのは良いけど、品質が心配だなぁ」

 

このように思っている人は多くいると思います。この不安要素を拭い去ったのがバイスマです。日本人スタッフが監修に参加し、一定の質を担保しているということですね。

 

インド製でありながら、日本人の品質意識を満たしているということです。

 

②手を出しやすい価格設定

 

わざわざインド製のED治療薬に手を出す最大の理由。それは、価格の安さにあります。これは疑いようのないことです。日本国内で販売されているバイアグラ50mgの1錠あたりの価格は次の通りです。

 

  • 正規品バイアグラ50mg:約1,500円
  • 正規品バイアグラジェネリック50mg:1,000円

 

一方、インド製のバイアグラジェネリックであるバイスマの1錠あたりの価格は次の通りです。

 

  • バイスマ100mg:350~450円

 

これは100mgの価格です。なので、50mgにするためにピルカッターで半分に割ると、実質的に価格をこの半分になります。

 

つまりは、バイアグラからバイスマに乗りかえると、1錠あたり1,300円以上もお得になるということです。1回のセックスでこれだけのお金を節約できるというのは大きいですよね。

 

前述のように、バイスマの品質は正規品バイアグラと同等かそれ以上です。それならば、バイスマを選ぶという人がいるのも納得のできることです。

 

③通販購入が出来る

 

バイアグラの主たるユーザー層は、40代~50代の男性です。いわゆる働き盛りの世代の人たちですね。この世代の人たちは仕事でも要職に就いていることが多く、日々を忙しく過ごしています。

 

そんな人たちにとって、平日の日中に病院・クリニックに出向く時間を割くというのは、なかなかに難しいことです。

 

つまり、「いくらバイアグラが欲しくとも医療機関を受診する暇がない」ということです。日本国内では認可されたバイアグラの通信販売はいまだ認められていません。

 

そのために、多くの人は、ネットショッピング感覚で購入が出来るバイスマなどの海外製ED治療薬に手を出しているのです。

 

メデマートなどの個人輸入代行サイトを使えば、Amazonや楽天市場での買い物と変わらない手間でバイスマを購入することが出来ます。

 

この使い勝手の良さは、日本製のバイアグラやそのジェネリック医薬品にはないものであると言えるでしょう。

バイスマを実際に使った効果は?

バイスマは、れっきとしたバイアグラのジェネリック医薬品です。そのため、含有されている有効成分もバイアグラと同じシルデナフィルとなります。

 

違うのは、錠剤の形状や色、添加物などのみです。そのため、バイスマにはバイアグラと同程度の効果を期待することが出来ます。

 

バイアグラでED改善効果・勃起促進効果を体感できるならば、バイスマを飲んでも同等の作用を体感できます。その意味で、バイスマは「効果を維持したまま安くなったバイアグラ」と考えることが出来ます。

 

ファイザー社のバイアグラによほどの思い入れがない限りは、同じ効果の医薬品があったら安いほうが良いのは言うまでもないですよね。

 

バイスマの効果

  • 勃起不全の解消

 

バイアグラとバイスマに共通の有効成分は、シルデナフィルです。シルデナフィルは、PDE5阻害薬と呼ばれる薬です。PDE5という酵素の働きを抑制させる効果がある薬ということですね。

 

PDE5は、cGMPという物質を分解する酵素です。

 

cGMPには、血管を拡げ勃起を開始・維持させる働きがあります。つまり、PDE5の働きが抑制されれば、cGMPが分解されることなく残り、勃起がしやすくなるとうことです。

 

このため、PDE5阻害薬であるシルデナフィルはEDの治療に用いられているというわけです。

 

大事なのは、シルデナフィルです。シルデナフィルが含有されていれば、バイアグラでもバイスマでも他のジェネリック医薬品でも関係ないということです。

 

同じ効果のある医薬品であるということですね。

 

今回話を聞いた30代のバイスマユーザーの男性は、もともとバイアグラユーザーでした。しかし、その価格ゆえに継続使用が困難になってしまったとのことです。

 

「セックスするチャンスがありながら、勃起できないから諦める」

 

これは男として悔しいものがあります。

 

そこで、よりコスパの良い商品を探してたどり着いたのがバイスマだったとのことです。日本人が監修したという安心感もありつつ、格安で購入できるということでかなり満足しているみたいですね。

 

「バイスマにしてからというもの性生活が充実しまくっている」というなんとも羨ましいことを言ってました。

バイスマを実際に使った副作用は?

バイアグラのジェネリック医薬品であるバイスマは、副作用に関してもバイアグラと同じです。バイアグラを服用するにあたって副作用が発症しなければ、バイスマも問題なく服用することが出来ます。

 

バイスマだからといって(ジェネリックだからといって)、副作用が発症しやすくなるということはありません。

 

ただし注意するべきは、バイスマが1錠あたり100mgのシルデナフィルを含有しているということです。日本で販売されているバイアグラの規格は、25mgと50mgです。

 

つまりは、バイスマにはバイアグラの2倍~4倍のシルデナフィルが含有されているということです。

 

摂取するシルデナフィルの量が増えれば、それだけ副作用の発症リスクも高くなります。なので、バイスマ服用時には、ピルカッターで錠剤を1/2錠~1/4錠に割ることをおすすめします。

 

余計な副作用のリスクを回避できるのはもちろんのこと、欠片を保管して後で使うことで1錠あたりのコスパも良くなるのでおすすめです。

 

今回インタビューした30代男性も、バイスマ利用時にはピルカッターを使用しているとのことです。割った欠片は、ラップに包んで保管していると言っていました。

 

割ってから数日ならば、特に問題なく薬として使用できているとのことです。

 

ピルカッターで割るというちょっとした手間ですが、これによってバイスマのコスパは2倍~4倍になるわけです。これはやらない手はないですよね。

 

相撲取りのような体格でない限りは、バイスマ1/2錠~1/4錠でも十分に勃起促進効果を実感できるはずです。

 

以下に、臨床試験によって報告されたシルデナフィルの副作用の症状をまとめておきます。用法用量を守る限りは、そこまで重症化することはないようです。

 

しかし、もし症状が重くなってきたら、すぐにバイスマの服用を止め、専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

バイスマの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 顔の発赤
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 頻脈
  • 視覚異常

バイスマまとめ

    • バイスマは、インド製のバイアグラジェネリック医薬品である
    • 日本人スタッフが監修しているため、バイスマは品質に定評がある
    • 高品質を維持しつつも、他のインド製ジェネリックと同じ価格帯である

 

  • バイスマの購入は、メデマートなどからの個人輸入となる
  • バイスマを扱っているサイトは少ないので注意が必要
  • 口コミで人気が広まり、バイスマユーザーは増えつつある

 

⇒海外医薬品通販サイトでバイスマを購入するにはこちらから!