ハードオンを即日発送の通販で購入して使った体験談

ハードオンの効果や副作用を徹底検証

ハードオンは、バイアグラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるアウロケム社が製造・販売を行っています。ハードオンは、1錠あたり200円程度という安価な価格で購入できるため、日本国内でも人気のED治療薬となっています。

「バイアグラの効果は体感できるけど経済的にキツい」
「ED治療薬にかかる費用を少しでも安くしたい」

 

このような思いを抱いている方は、ぜひハードオンの服用を考えてみて下さい。毎回のセックスにかかるED治療薬のコストを驚くほど減らすことができます。

 

本記事を執筆するにあたっては、ハードオンを実際に服用している40代の男性にお話をうかがいました。ユーザーの生の声を反映させつつ、安価なバイアグラジェネリックに興味がある方に役に立つ情報をお届けしていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ハードオンを病院で処方

前述したように、ハードオンはインド製のバイアグラジェネリックです。そのため、厚生労働省の認可は受けていません。日本国内での流通はゼロに等しく、病院やクリニックでは扱いがない場合がほとんどとなっています。

日本国内の医療機関でも、ハードオンと同じ効果をもつバイアグラのジェネリック医薬品は処方されています。ただし、その場合の価格は、1錠あたり800円~1,000円と決して安くはありません。

 

毎回のセックスで気軽に使える価格ではないですよね。

 

今回インタビューをさせていただいた30代の男性は、もともと地元のメンズクリニックでED治療薬を調達していたとのこと。しかし、1錠あたり1,000円という価格を払い続けるのが厳しく、 ハードオンの服用に切り替えたとのことです。

 

ハードオンを使い始める方の多くは、金銭的な理由からというのが多いみたいですね。

 

⇒海外医薬品通販サイトでハードオンを購入するにはこちらから!

ハードオンを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

日本国内でもハードオンと同じ効果をもつ医薬品を購入することは可能です。最寄りの病院・クリニックへ行けば、国内認可されたバイアグラやバイアグラジェネリックを処方してもらうことができるでしょう。

にも関わらず、多くの日本人男性は海外からハードオンを買い求めています。

 

わざわざ海外から個人輸入をしてまでハードオンを入手する理由は何なのでしょうか。以下、ハードオンをメデマートなどの海外医薬品通販サイトから個人輸入をするメリットを3点ほどご紹介します。

 

興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

①価格が安い

ハードオンの最大の魅力は、その安価な価格です。日本国内で認可されているバイアグラやバイアグラジェネリックと比べると、1錠あたりの価格はだいぶ安くなります。

 

  • 正規版バイアグラ50mg:1,500円~1,600円/1錠
  • 正規版バイアグラジェネリック:800円~1,000円/「1錠
  • ハードオン:200円~261円/1錠

 

このように、ハードオンに乗り換えることで、ED治療薬にかかる費用を1錠あたり600円~1,400円ほども節約できることが分かります。セックスのたびにこれだけのお金を浮かせることができるのは嬉しいですよね。

 

②通販購入できる

ハードオンを入手するにあたっては、海外医薬品通販サイトからの個人輸入が必要です。「海外から医薬品を自分で輸入する」と聞くと、ちょっとハードルが高く感じてしまいますよね。

 

しかし、実際のところは、Amazonや楽天でのネットショッピングと変わりありません。

 

スマホやPCのネット環境さえあれば、場所や時間を問わずいつでも注文をすることができます。病院やクリニックに出向いて医師に処方せんを書いてもらう必要もありません。

 

忙しい人でも5分ほどのちょっとしたスキマ時間でED治療薬をゲットすることができるのです。

 

③品質が高い

海外製の医薬品を購入するにあたって気になるのが品質です。劣悪な環境で製造されていた場合、服用することで身体に害をもたらすことも考えられます。いくら勃起ができても体調を崩してしまっては意味がないですよね。

 

その点、ハードオンは安心です。ハードオンの製造元であるアウロケム社は、世界保健機構の定めた生産・品質管理規則であるWHO-GMPを満たした企業です。

 

そのため、製造する医薬品には一定の品質が保証されており、ハードオンも安心して服用することができます。

ハードオンを実際に使った効果は?

ネット上には実際にハードオンを使ったユーザーの方の口コミが多数投稿されています。その口コミのほとんどは、ハードオンを高評価するものです。

「一晩で2回~3回も発射することができた」
「10代の頃のようにバキバキに勃起した」

 

こういった勃起促進効果を実感している方が多いみたいですね。

 

ハードオンはバイアグラのジェネリック医薬品です。有効成分もバイアグラと同じシルデナフィルです。そのため、バイアグラで勃起促進効果を実感できる方ならば、ハードオンでも同じ効果を得られるはずです。

 

バイアグラと同じ効果をより安価にゲットできるお得な医薬品となっています。

 

ハードオンの効果

  • ED(勃起不全)の治療

 

ハードオンの有効成分であるシルデナフィルは、PDE-5阻害薬とよばれる医薬品です。ペニスの勃起の邪魔をする働きをするPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の活動を弱める作用があります。

 

この作用ゆえに、シルデナフィルを服用することで勃起しやすくなるというわけですね。

 

ハードオンに含まれるシルデナフィルの分量は、100mgです。この量は、日本国内で認可されているバイアグラやバイアグラジェネリックよりも多くなっています。

 

その分だけ、ハードオンには強い勃起促進効果を期待することができます。

 

今回インタビューをした30代の男性は、仕事のストレスから勃起不全となってしまいました。上手くセックスをすることもできず、恋人との関係もぎくしゃくしてしまっていたようです。

 

そんな状況をなんとかするために、ハードオンを使い始めたとのこと。

 

その結果、若かりし頃のような力みなぎるセックスが再びできるようになったそうです。恋人との関係も良好になり、日々前向きに生活できるようになったと喜んでいました。

ハードオンを実際に使った副作用は?

ED治療薬を服用するにあたって注意しなければいけないのが副作用です。バイアグラのジェネリック医薬品であるハードオンにも、当然ながらバイアグラと同じだけの副作用のリスクがあります。

ハードオンの服用にあたっては、副作用のリスクをきちんと理解しておくことが必要です。

 

ハードオンの有効成分であるシルデナフィルの副作用として、頭痛がよく報告されています。深酒をした後のようにガンガンと頭が痛くなってしまう人が多いようですね。

 

こういった副作用の頭痛には、ロキソニンなどの市販の頭痛鎮静剤が有効です。気になる方はハードオンと頭痛薬とを併用するようにしましょう。

 

インタビューをさせてもらった男性の場合は、ハードオン1錠をまるまる飲んでしまうと強い頭痛が発症してしまうとのこと。そのため、ピルカッターで錠剤を割って、一度に服用する分量を少なくコントロールしているのだとか。

 

ハードオンに含有されるシルデナフィルの量は100mgと多いので、2分の1錠や4分の1錠でも十分に勃起促進効果を体感できるみたいですね。

 

以下にハードオンによって発症するリスクのある副作用の症状をまとめて紹介します。症状が深刻化することはまずありません。

 

ですが、もし副作用の症状が重症化した場合には、すぐにハードオンの服用を止めて専門医を受診するようにしましょう。

 

ハードオンの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 顔の赤み
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 頻脈
  • 視覚異常

ハードオンまとめ

    • ハードオンはインド製のバイアグラジェネリック
    • 1錠あたり200円~261円と安価に購入することができる
    • WHOの品質基準を満たした企業が製造を行っている

 

  • ハードオンを入手するには、メデマートなどから個人輸入が必要
  • ネットショッピングのように気軽に通販購入ができる
  • 多くの日本人男性がハードオンを海外から輸入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでハードオンを購入するにはこちらから!