ハードオンゼリーを即日発送の通販で購入して使った体験談

ハードオンゼリーの効果や副作用を徹底検証

ハードオンゼリーは、バイアグラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるアウロケム社が製造を行っています。ゼリータイプなので、水なしで手軽に服用することができます。

錠剤を嚥下するのが苦手な方から人気を集めています。

 

ハードオンゼリーの購入は、メデマートなどの海外医薬品販売サイトから個人輸入をする必要があります。多くの日本人男性が、ネットを通じてハードオンゼリーを入手しています。

 

安価に購入できるバイアグラジェネリックということで、日本国内でも口コミで人気となっています。

 

本記事を書くにあたっては、ハードオンゼリーを実際に服用している40代の男性にお話をうかがいました。ユーザーの生の体験談を盛り込みつつ、ハードオンゼリーの効果や副作用、安価な購入方法などの情報をまとめていきます。

 

ハードオンゼリーに興味がある方はぜひチェックして下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ハードオンゼリーを病院で処方

ハードオンゼリーは、インドの会社が製造しているジェネリック医薬品です。そのため、日本国内では認可をされていません。国内での流通はなく、病院やクリニックで処方を受けることはできません。

ハードオンゼリーが欲しいと思ったら、メデマートなどの海外医薬品通販サイトを使う必要があります。

 

ハードオンゼリーのようなゼリータイプのバイアグラは、日本国内では販売されていません。そのため、「どうしてもゼリータイプが欲しい」という場合は、海外から個人輸入をするしかないというわけですね。

 

実際、多くの日本人が安価な海外製ゼリータイプのバイアグラを買い求めています。

 

今回インタビューをした40代の男性は、錠剤に強い苦手意識があったそうです。飲み込むのが難しく、ED治療薬を服用する時も困っていたようです。そんな時にネットで見つけたのが、ハードオンゼリー。

 

ゼリータイプなので、錠剤のような飲みづらさもなく、重宝しているそうです。錠剤を飲み込むのが苦手な人にとっては、ゼリータイプのバイアグラがあるのは嬉しいですよね。

 

⇒海外医薬品通販サイトでハードオンゼリーを購入するにはこちらから!

ハードオンゼリーを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ハードオンゼリーは、海外製のバイアグラジェネリック。日本国内では認可されていません。それにも関わらず、多くの日本人男性は、わざわざハードオンゼリーを海外から個人輸入をしています。

日本国内には別メーカーのバイアグラジェネリックが売られているのに、あえてハードオンゼリーを選んでいるわけですね。

 

一体、ハードオンゼリーにはどのような特徴があるのでしょうか。以下に、ハードオンゼリーが人気の理由を3つほど紹介いたします。「ちょっとでもコスパがよくお得なED治療薬を見つけたい!」という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

①ゼリータイプで飲みやすい

ハードオンゼリーの最大の特徴は、前述もした通り、ゼリータイプであるということです。水なしでサッと飲むことができるので、使い勝手がよいと人気です。

 

セックス前のちょっとした時にサクッと服用できるのは嬉しいですよね。

 

また、錠剤が苦手な人からも好評なようです。ゼリータイプであるため、嚥下が苦手な人でもストレスなく服用することができます。

 

今回インタビューした男性のように「錠剤を飲み込むのが苦手」という方は、ぜひハードオンゼリーを試してみて下さいね。

 

②安価にバイアグラジェネリックを入手できる

日本国内で認可されているバイアグラジェネリックは、そこまで安くはありません。もちろん、正規品のバイアグラよりは安価ですが、それでも1錠あたり1,000円ほどしてしまいます。

 

毎回のセックスで1,000円がプラスでかかると考えるとちょっと割高ですよね。

 

それと比べるとハードオンゼリーは、かなりお手頃な価格です。以下に、価格を比較してみます。

 

  • バイアグラ50mg:1,500円~1,600円/1錠
  • バイアグラジェネリック50mg:800円~1,000円/1錠
  • ハードオンゼリー:365円~454円/1袋

 

バイアグラジェネリックよりも、1錠(1袋)あたり300円~600円ほども安いのが分かると思います。だいぶお得感がありますよね。同じ効果の医薬品ならば、少しでも安い価格で買ったほうが余計な損をすることはなくなります。

 

③ネット通販で購入できる

日本国内でバイアグラを購入するにあたって面倒なのが、病院・クリニックに出向くということです。平日の昼間にわざわざ来院の時間を割かなければいけないというのは、社会人からしたらなかなか大変です。

 

待ち時間なども含めると、2~3時間を浪費することも珍しくありません。

 

その点、ハードオンゼリーは楽ちんです。メデマートからの購入は、言ってしまえばネットショッピングです。Amazonや楽天での買い物と同じように、ED治療薬を買うことができるのです。

 

時間も場所も関係なく、気軽にハードオンゼリーを注文することが可能です。自宅ですべてが関係してしまうということですね。

ハードオンゼリーを実際に使った効果は?

ハードオンゼリーは、日本国内ではそこまで知名度が高いわけではありません。数あるバイアグラジェネリックの中でもマイナーな存在といっていいでしょう。そんなハードオンゼリーの効果のほどはどうなのでしょうか。

「バイアグラと同じような力強い勃起ができる」
「スルッと飲みやすく使い勝手がいい」
「フルーツフレーバーで錠剤より飲みやすい」

 

ハードオンゼリーの販売サイトに書き込まれている口コミの大半は、ここにあるような高評価のものです。海外製だから質が悪いなんてことはなく、きちんとED治療薬として効果を発揮しているようです。

 

ゼリータイプというのも人気みたいですね。

 

ハードオンゼリーの効果

  • ED(勃起不全)の治療

 

ハードオンゼリーはバイアグラジェネリックです。有効成分はバイアグラと同じシルデナフィル。バイアグラで勃起促進効果を体感できるならば、ハードオンゼリーにも同様の効果を期待することができます。

 

正規品のバイアグラのほうが高品質なんてことはありません。

 

また、ハードオンゼリー独自の特徴としては、「ゼリータイプであるため効果に即効性がある」というものがあります。錠剤よりも身体への吸収が早く行われるため、勃起促進効果を体感できるまでの時間が短くてすむということですね。

 

服用後、20分ほどで効き始めます。

 

今回インタビューした男性の場合、ハードオンゼリーの服用で問題なく勃起をすることができているようです。正規品のバイアグラと比べても勃起促進効果に遜色はなく、調子がいい日は一日に4回以上もセックスをすることができると言っていました。

ハードオンゼリーを実際に使った副作用は?

ED治療薬を服用するうえで気をつけるべきこと。それは副作用の発症リスクです。バイアグラには一定の副作用のリスクがあることが知られていますよね。

バイアグラのジェネリックであり、有効成分が同じハードオンゼリーには、バイアグラと同じだけの副作用のリスクが存在しています。

 

ゼリータイプだからといって副作用のリスクが減るなんてことはないので注意しましょう。ハードオンゼリーに含有されている有効成分シルデナフィルは、100mgと多くなっています。

 

副作用が強く出てしまう場合には、一度に摂取する量を少なくしてみましょう。

 

今回話をうかがった男性の場合は、ハードオンゼリー1袋を全部服用してしまうと、頭痛が強くでてしまうことがあるようです。そのような場合は、常時携帯しているロキソニンを服用してしのいでいると言っていました。

 

シルデナフィルの副作用の頭痛には、市販の頭痛鎮静剤が効くみたいですね。

 

以下に、ハードオンゼリーの有効成分であるシルデナフィルの副作用の症状をまとめていきます。仮に発症しても、シルデナフィルの効果が切れると症状は収まるのが普通です。

 

用法用量を守って服用すれば、ハードオンゼリーは安全に使うことができるものです。

 

ハードオンゼリーの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 顔の赤み
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 頻脈
  • 視覚異常

ハードオンゼリーまとめ

    • ハードオンゼリーはインド製のバイアグラジェネリック
    • ゼリータイプであり勃起促進効果に即効性がある
    • 1袋あたり365円~454円で購入することができる

 

  • ハードオンゼリーは日本国内では流通していない
  • ハードオンゼリーを購入するにはメデマート通販がおすすめ
  • 多くの日本人が個人輸入でゼリータイプのバイアグラジェネリックを購入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでハードオンゼリーを購入するにはこちらから!