ノルレボを即日発送の通販で購入して使った体験談

ノルレボの効果や副作用を徹底検証アフターピル(避妊薬)

ノルレボの効果や副作用を徹底検証

ノルレボの効果や副作用を徹底検証

ノルレボは、この記事の執筆時点において、日本国内で唯一正式な認可を受けているアフターピルになります。婦人科や産婦人科にて緊急避妊薬の処方を受ける場合、受け取る医薬品はほとんどの場合においてノルレボとなるわけですね。

ノルレボは、日本国内において最も知名度の高いアフターピルになります。

 

アフターピルは、常用する医薬品ではありません。何らかの理由によって、避妊に失敗してしまった時に、応急処置的に避妊を回避する医薬品になります。

 

パートナーがいる場合、万が一ということもあるので、アフターピルの入手方法や賢い使い方などについて理解しておくようにしましょう。

 

管理人の職場においても、ノルレボの服用経験のある女性社員がいます。本記事の作成にあたっては、彼女へのインタビューをさせてもらいました。

 

その内容をもとに、以下、ノルレボの詳細についてまとめていきます。アフターピルに不慣れな方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ノルレボを病院で処方

ノルレボを病院で処方

前述のように、ノルレボは、厚生労働省によって正式に認可された医薬品になります。そのため、街中の婦人科や産婦人科のクリニックを受診することで、処方を受けることが出来ます。

何らかの理由によって避妊に失敗してしまった場合は、その旨を医師に話せばノルレボは入手可能です。

 

ただし、ノルレボの処方にあたって注意するべきことは、保険適用外の医薬品であるという点です。アイピルの記事でもまとめたことですが、国内の病院でノルレボの処方を受けるとなると、かなり高額になります。

 

10,000円以上の出費は覚悟しておくようにしましょう。

 

管理人の同僚女性の場合は、最初にノルレボを使ったときは、かかりつけの婦人科クリニックにて処方を受けたようです。朝の開院と同時にクリニックに駆け込んでアフターピルの処方をお願いしたようです。

 

その時にかかった費用は、なんと13,000円。手痛い出費だったと振り返っていました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでノルレボを購入するにはこちらから!

ノルレボを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ノルレボを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

日本国内で認可を受けた正規品のノルレボは、前述したように、日本国内のクリニックにて処方してもらうしかありません。

しかし、海外製のノルレボ(外国向けに生産されたノルレボ)ならば、個人輸入という形で通販購入することが可能になっています。

 

この海外製のノルレボの個人輸入ですが、多くの日本人女性が利用している方法になります。海外製のノルレボには、国内製のクリニックで処方を受けるノルレボにはない特徴があるということですね。

 

以下、メデマートなどの個人輸入代行サイトでノルレボを入手する利点についてまとめていきます。

 

①安価に購入することが出来る

 

海外からノルレボを個人輸入する最大の理由。それは、安く購入することが出来るという点です。前述したように、病院・クリニックでのノルレボの購入は、全額が自己負担となりかなり高額になります。

 

この費用を抑えることができるのが、海外製ノルレボの個人輸入になります。

 

  • 病院・クリニックで処方されるノルレボ:12,000円~16,000円
  • メデマートで販売されている海外製ノルレボ:2,600円~3,300円

 

このように、同じノルレボという医薬品でありながら、海外製のものは国内正規品の10分の1ほどの価格での購入が可能となっています。

 

②前もっての購入が可能

 

医師の診察を受けなければいけないため、病院・クリニックで処方されているノルレボは、実際に避妊に失敗してしまった後でないと購入することは出来ません。

 

トラブルが発生する前に予防的な意味で購入することは出来ないということですね。

 

アフターピルの服用は、緊急を要するものです。そのため、避妊失敗が発覚したら、慌てて医療機関に駆け込まなくてはなりません。

 

また、トラブル発生の翌日に、確実にクリニックが開院しているという保証もありません。国内正規品のノルレボには、この入手の不便さがあります。

 

この問題を解消していくれるのが、海外製のノルレボの個人輸入です。個人輸入とは、簡単に言ってしまえば、ネットショッピングと代わりありません。

 

そのため、避妊失敗しておらずとも、自分の好きなタイミングで、ネット上での注文が可能となっています。トラブルの事前に購入することが出来るということですね。

 

この特徴については、「アフターピルを即日発送の通販で購入」という記事でもまとめています。

 

③国内製と海外製とは同じ医薬品

 

海外製の医薬品というと、その品質に不安を抱く方もいるかもしれません。

 

「安い分だけ粗悪品なんじゃないの」
「日本人には合わないんじゃないの」

 

このために、海外製のノルレボの購入に消極的になってしまっている日本人女性も少なくないようです。

 

しかし、結論から言ってしまえば、海外製のノルレボだからといって、その品質を疑う必要はありません。有効成分は、同じレボノルゲストレルとなっており、国内正規品と同じだけの避妊効果を発揮することが出来ます。

 

安く、入手しやすく、かつしっかりと効果があるのが、海外製のノルレボになります。

ノルレボを実際に使った効果は?

ノルレボを実際に使った効果

繰り返しになってしまいますが、ノルレボは日本国内で唯一認可されている緊急避妊用のアフターピルになります。そのため、その効果に関しては、かなり信用することが出来ます。

 

その避妊成功率としては、以下のように公表されています。

 

  • セックス後24時間以内の服用:避妊成功率95%以上
  • セックス後25~48時間以内の服用:避妊成功率85%以上
  • セックス後49~72時間以内の服用:避妊成功率58%以上

 

このように、セックス後72時間以内であれば、一定の高確率で避妊をすることが出来るのがノルレボになります。

 

▼ノルレボの効果

  • 緊急避妊

 

ノルレボの有効成分は、レボノルゲストレルになります。身体の強い作用がある黄体ホルモンです。このレボノルゲストレルを服用すると、その女性ホルモンの効果によって、排卵が強制的にストップされます。

 

排卵が行われないと、精子が受精することもなくなり妊娠の可能性を排除することが出来ます。

 

「コンドームを付け忘れてしまった」
「コンドームが性交中に破けてしまった」
「望まぬセックスをしてしまった」

 

そのような、緊急避妊が必要な場合には、素早いタイミングでノルレボを服用することによって、望まぬ妊娠を回避することが出来ます。

 

管理人の同僚女性の場合には、国内正規品と海外製のノルレボの両方を過去に体験したことがあるようです。その結果としては、どちらの服用においても妊娠に至ることはありませんでした。

 

きちんと緊急避妊薬としての効果が発揮されているということですね。

 

海外製でもきちんと妊娠を回避することが出来ることが分かってからは、いざというトラブル発生時に慌てないように、事前にメデマートからノルレボをまとめ買いしているとのことです。

 

費用を抑えることが出来るのはもちろん、携帯することで安心感を得ることが出来るとのことでした。

 

ノルレボには、同じくレボノルゲストレルを配合した海外製のジェネリック医薬品が存在しています。また、レボノルゲストレル以外にも、ウリプリスタール酢酸エステルという有効成分を配合したアフターピルもあります。

 

それらについては、「アフターピルを即日発送の通販で購入」という記事を参照して下さい。

ノルレボを実際に使った副作用は?

ノルレボを実際に使った副作用

ノルレボの効果の部分でも述べたことですが、ノルレボの有効成分であるレボノルゲストレルには身体への強い作用があります。

 

その作用によって緊急避妊効果が引き出されるわけですが、同時に副作用のリスクが存在することもまた事実となります。

 

コンドームなどの避妊具をきちんと着用しても、100%確実に避妊出来るわけではありません。その意味において、ノルレボなどのアフターピルは有用性が高いものです。

 

しかし、その服用にあたっては、以下にまとめるような副作用の症状が発症する可能性があるということを認識しておきましょう。

 

管理人の同僚の場合は、ちょっとした腹痛ぐらいで、そこまでひどい副作用はなかったようです。ノルレボの副作用は、基本的には一過性であり重症化することはまずありません。

 

何らかの副作用が発症したとしても、レボノルゲストレルの効果が切れると同時に副作用も解消されることがほとんどのようです。

 

以下に、臨床試験によって確認されたレボノルゲストレルの副作用の症状を列挙していきます。これらの副作用の症状は、レボノルゲストレルによって、体内のホルモンバランスが崩れたことによって発症するものです。

 

重症化する場合には、すぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

▼ノルレボの副作用

  • お腹の膨らみ・痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • 身体のむくみ
  • 頭痛
  • 眠気
  • めまい
  • 点状出血・破綻出血

ノルレボまとめ

ノルレボまとめ

    • ノルレボは、日本国内で唯一認可されているアフターピルである。
    • セックス後72時間以内にノルレボ服用することよって、80%以上の高確率で避妊をすることができる
    • ホルモンバランスの乱れによる副作用はあるのの、重症化することは少ない

 

  • ノルレボは、海外製のものならば、海外から個人輸入をすることが出来る
  • 個人輸入のノルレボは、国内正規品より10分の1も安く、かつ通販購入が可能
  • 日本国内に住む女性でも、多くの人がメデマートなどからノルレボを個人輸入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでノルレボを購入するにはこちらから!

また、アイピルは以下のサイトの管理人さんが詳しく紹介してくださっていますので、よかったら参考にしてください。

アフターピル相談室