トリキュラーを即日発送の通販で購入して使った体験談

トリキュラーの効果や副作用を徹底検証低用量ピル(経口避妊剤)

トリキュラーの効果や副作用を徹底検証

トリキュラーの効果や副作用を徹底検証

本記事では、低用量ピルであるトリキュラーに関しての情報をまとめていきます。低用量ピルにもたくさんの種類がありますが、トリキュラーはその中でも特に人気のある医薬品となっています。

避妊効果はもちろんのこと、生理不順の改善や生理痛の軽減などにも効果があります。

 

ピルというと気になるのが副作用です。これまでのピルでは、むくみ、体重増加、吐き気などの重い副作用が当たり前でした。しかし、トリキュラーは含有している女性ホルモンを最小限に抑えている低用量ピルになります。

 

そのため、他のピルと比べても、副作用の発症リスクは低くなっています。

 

他ならぬ管理人の妻も、トリキュラーの愛用者です。もともと生理痛が重い体質だったようで、ひどい時には会社に出社できないことも。そんな状況を改善するために服用を始めたのがトリキュラーです。

 

以下、妻から聞いた体験談をもとに、トリキュラーの概要をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

トリキュラーを病院で処方

トリキュラーを病院で処方

前述のように、トリキュラーは日本でもたくさんの女性が利用している低用量ピルです。そのため、国内の婦人科クリニックでも取り扱いのあるところが多くなっています。

しかし、注意しなければいけないのは、トリキュラーの処方にあたっては、基本的に保険適用外となるということです。

 

一部のピルには保険適用で処方を受けることが出来るものもありますが、トリキュラーはそうではありません。医薬品の購入にあたっては、全額が自己負担となるので注意するようにしましょう。

 

だいたい1箱(1ヶ月分)で2,000円程度となっています。

 

管理人の妻は、最初はクリニックの先生の指導の下、トリキュラーの処方を受けていました。しかし、トリキュラーの扱いに慣れてくると、定期的にクリニックに出向き、診察受け、薬を処方してもらうのが億劫に感じるようになったようです。

 

そのため、以下にまとめるような海外医薬品通販に切り替えました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでトリキュラーを購入するにはこちらから!

トリキュラーを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

トリキュラーを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

これからトリキュラーの服用を始めようという方には、海外製のトリキュラーを個人輸入することをおすすめします。メデマートなどの個人輸入代行サイトから通販購入を行うということですね。

メデマートなどの利用にあたっては、以下にまとめるようなメリットがあります。

 

①お得な価格で購入できる

 

前述したように、街中のクリニックにてトリキュラーを処方してもらう場合は、1シート(1ヶ月分)あたり約2,000円となっています。また、これに加えて、診察料や指導料、往復の交通費などもかかります。

 

これらを合計すると、場合よっては、10,000円弱となってしまうこともあるようです。

 

トリキュラーのようなピルは、基本的に長期間にわたって毎日飲み続けるものです。そのため、出来ることならば、少しでも安くお得な価格で購入したいですよね。

 

そのような場合は、メデマートなどの海外医薬品通販がおすすめです。1シート(1ヶ月分)あたり約1,000円と、クリニックの半額ぐらいの価格での購入ができます。

 

また、海外医薬品通販では、医師との診察も処方箋も必要ありません。そのため、かかる費用はこの医薬品代金と少量の送料ぐらいです。つまり、1,000円ちょっとでトリキュラーを購入することが出来るということです。

 

クリニックでの購入も海外からの個人輸入も、モノは同じトリキュラーです。どうせなら、少しでも安く購入したいですよね。

 

②家にいながら入手できる

 

クリニックでトリキュラーの処方を受けるにあたっては、かなりの時間がかかります。

 

  • クリニックへ行くまでの移動の時間
  • 診察を待つまでの時間
  • 処方せんを受け取るまでの待ち時間

 

これらを合計すると、ひどい場合には、半日ぐらいかかってしまうこともあります。また、忙しい社会人にとっては、クリニックが開いている時間を見計らって訪れるというのも、なかなかの手間ですよね。

 

一方、メデマートなどの個人輸入代行サイトを利用すれば、ただ通販されてくるのを待つだけです。その手間は、基本的にはAmazonや楽天でのネットショッピングと同じです。

 

24時間いつでも家にいながらにして、トリキュラーをてにする ことが出来るということです。

 

③まとめ買いができる

 

クリニックで処方されるトリキュラーの分量は、基本的に医師が決めるものです。そして、そこまで多くの量を処方してくれることはありません。

 

手元のトリキュラーを使い切ってしまったら、その都度クリニックへ処方を受けに訪れなければいけません。

 

この手間を省略できるのが、海外医薬品通販サイトからのトリキュラーの購入です。これらのサイトからの医薬品の購入は、医師の処方せんを必要としないものです。

 

そのため、法律の認める範囲内において、自分の好きなだけの分量の医薬品を注文することができます。多くのサイトでは、まとめ買いをすると1シートあたりの単価も割引されるので、ダブルでお得となります。

トリキュラーを実際に使った効果は?

トリキュラーを実際に使った効果

トリキュラーは、第2世代とよばれる低用量ピルです。第1世代であるオーソやルナベルなどのピルよりも黄体ホルモンの含有量が少なく抑えられているのが特徴です。

そのため、後述するように、ピルに特有と思われていた副作用の症状を軽減することが可能となっています。

 

また、トリキュラーは3相性のピルとなっています。トリキュラー1シートは21錠ですが、この錠剤のホルモン含有バランスは途中で段階的に変わっていきます。

 

つまり、1シート内での錠剤の飲む順番があらかじめ定められているということです。このため、摂取するホルモン量が最小限で済むようになっています。

 

トリキュラーの効果

  • 避妊
  • 生理痛の軽減
  • 生理不順の解消
  • 卵巣がんの予防

 

トリキュラーには、以下のような有効成分が配合されています。

 

  • 卵胞ホルモン:エチニルエストラジオール
  • 黄体ホルモン:レボノルゲストレル

 

これらのホルモンを体内に摂り込むことによって、排卵を強制的にストップさせることが出来ます。そのため、セックスをしても受精のチャンスがなくなり、結果として避妊することができます。

 

きちんと服用することによって、トリキュラーの避妊効果は、ほぼ100%となっています。

 

また、トリキュラーを服用することで、月経周期を規則正しくコントロールすることができます。1シート21錠を毎日1錠服用し、その後7日間休薬する。これで1周期です。

 

休薬期間に生理がくることになるので、生理不順に悩まされることもなくなります。

 

さらに、トリキュラーには、子宮内膜の増殖を抑える効果もあります。子宮内膜には、プロスタグランジンという物質が含有されています。このプロスタグランジンが過剰に分泌されることによって発症するのが、生理痛です。

 

つまり、トリキュラーの子宮内膜の増殖を抑制させる効果によって、生理痛が軽減されるということです。

 

管理人の妻の場合は、トリキュラーの副効用としての生理不順の解消と生理痛の軽減に助けられたようです。もともと思い生理痛で月経のときの血量が多く悩んでいたのですが、これが驚くほど改善されたとのことです。

 

また、生理時期をコントロールすることが出来るので、旅行の計画などがしやすくなったと言っていました。

 

▼トリキュラーの適応症

  • 避妊

トリキュラーを実際に使った副作用は?

トリキュラーを実際に使った副作用

これまでのピルには、強い副作用がつきものでした。ピルを服用することによる代表的な副作用としては、次のようなものがあります。

  • ニキビができる
  • 体重の増加
  • 身体のむくみ
  • ムダ毛の増加

 

いわゆる「男性化」の症状ですね。これらの副作用の症状を、出来るだけ少なく抑えられているのがトリキュラーなどの第二世代のピルです。

 

また、トリキュラーは3相性のピルであるため、含有されている女性ホルモン量も最小限となっています。そのため、別なピルでは副作用に悩まされていた方でも、トリキュラーならば問題なく服用を継続できるなんてことも良くあります。

 

この副作用の低リスクのために、他のピルからトリキュラーに乗り換える方は多くいます。

 

管理人の妻の場合は、飲み始めた最初のうちこそ、若干の吐き気のような症状があったそうです。しかし、そのような症状は、トリキュラーを飲み続けるにつれて、自然と無くなっていったとのことです。

 

これは、身体がトリキュラーに慣れてきたからだと考えられます。

 

とはいえ、トリキュラーも一定量のホルモンを含有する医薬品です。そのため、副作用のリスクはゼロではありません。トリキュラーの服用にあたっては、以下のような副作用の症状に気をつけるようにしましょう。

 

▼トリキュラーの副作用

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 下痢
  • 身体のむくみ
  • にきび
  • 予定外の出血

トリキュラーまとめ

トリキュラーまとめ

    • トリキュラーは第2世代で3相性の低用量ピルである
    • 過去のピルと比べると、ホルモン含有量が少なく副作用が出にくい
    • 避妊効果の他、生理痛の軽減や生理不順の解消の効果も期待できる

 

  • トリキュラーの購入は、メデマートなどの個人輸入代行サイトがおすすめ。
  • メデマートでは、1シートあたり1,000円前後で購入できる
  • 日本国内でも多くの女性がトリキュラーを使用している

 

⇒海外医薬品通販サイトでトリキュラーを購入するにはこちらから!