ゼネグラを即日発送の通販で購入して使った体験談

ゼネグラの効果や副作用を徹底検証

ゼネグラは、バイアグラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるアルケム社が製造・販売を行っています。日本国内ではあまり知名度の高いED治療薬ではありません。

しかし、ネット上では安価に手に入れれることのできるバイアグラジェネリックとして口コミで人気が広がっています。

 

海外製の医薬品であるため、ゼネグラは日本国内では流通していません。そのため、ゼネグラの入手にあたっては、海外製の医薬品を扱っている通販サイトより個人輸入をする必要があります。

 

多くの日本人男性がメデマートなどからゼネグラを海外通販することで入手しています。

 

本記事の執筆にあたっては、20代のゼネグラユーザーの男性にお話を伺いました。

 

実際にゼネグラを摂取しているユーザーの声を参考しつつ、以下にゼネグラの効果や副作用、お得な通販情報などをまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ゼネグラを病院で処方

前述したように、ゼネグラは海外製の医薬品です。そのため、厚生労働省からの認可を受けていません。そのため、国内でのゼネグラの流通はほとんどない状態となっています。

街中の病院やクリニックでは、ゼネグラの処方を受けることはできないので注意しましょう。

 

ちなみに、日本の国内メーカーが製造したバイアグラジェネリックであれば、日本国内での認可を受けています。なので、希望すれば病院やクリニックで処方を受けることができるということですね。

 

ただ、ED治療薬は健康保険の適用外であるため、ジェネリック医薬品であってもある程度は高額となってしまいます。

 

今回お話を聴かせてもらった男性の場合は、多くの日本人男性と同じように、最初は最寄りのメンズクリニックでバイアグラやバイアグラジェネリックの処方を受けていたようです。

 

それで、十分な勃起促進効果を感じていたみたいですね。

 

しかし、問題となったのは金銭面です。1錠あたり1,000円以上もするED治療薬を、1週間に2~3回ほど使うのは経済的にしんどかったとのこと。そのため、より安価なED治療薬を探して、ゼネグラに行き着いたとのことです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでゼネグラを購入するにはこちらから!

ゼネグラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

日本国内においてゼネグラを愛用している男性のほとんどは、海外からの個人輸入で入手をしています。馴染みのない人にとっては医薬品の個人輸入ってハードルが高く感じてしまいますよね。

「病院で処方されるものをなぜわざわざ海外から?」と考える人も多いと思います。

 

なぜ多くの日本人男性は、海外製のバイアグラジェネリックであるゼネグラをわざわざ海外から個人輸入してまで購入しているのでしょうか?

 

ゼネグラには、国内のバイアグラジェネリックと比べて、どのような違いがあるのでしょうか?

 

以下に、ゼネグラの特徴を3つほどまとめていきます。

 

①とにかく価格が安い

日本人の方がわざわざ個人輸入をしてまで海外製の医薬品を購入する大きな理由。それは、日本国内で同じ成分の医薬品を買うよりも安く買うことができるからです。

 

同じ効果が期待できる医薬品ならば、安く買うに越したことはないですよね。

 

それぞれの価格を以下に比較してみます。

 

  • 日本で認可されたバイアグラ50mg:約1,500円/1錠
  • 日本で認可されたバイアグラジェネリック50mg:約800円/1錠
  • ゼネグラ100mg:320円~393円/1錠

 

このように、日本国内で出回っているバイアグラやバイアグラジェネリックとゼネグラとの間には、大きな価格差があります。

 

単純計算で、1錠あたり500円~1,200円ほどもゼネグラのほうが安いということになりますね。

 

②自宅にいながら購入できる

日本人男性がゼネグラを購入する理由の2つ目。それは、自宅にいながら医薬品を購入することができるからです。海外製の医薬品の個人輸入は、基本的に自己責任の下に行われます。

 

そのため、購入にあたって医師に処方せんを買いてもらう必要はありません。

 

海外医薬品通販サイトからの購入ならば、Amazonや楽天などでのネットショッピングの感覚でED治療薬を購入することができます。

 

スマホやPCなどのネット環境があれば、自宅にいながらにしてゼネグラなどの強力なED治療薬を入手できるということですね。この利便性の高さは国内認可された処方薬にはありません。

 

③一定の品質が期待できる

海外製のジェネリック医薬品というと、ちょっと危険なイメージがありますよね。実際、東南アジアなどで製造されているED治療薬のほとんどは、身体に害のある偽造品なんだとか。

 

いくら安く購入できたとしても、服用して健康を害してしまっては意味がありません。

 

ゼネグラには、そのような内容成分の偽造リスクは一切ありません。メデマートの公式ページを見てもらえれば分かりますが、成分鑑定書がしっかりと記載されています。

 

「1錠あたりに配合されているシルデナフィルの量が適切であった」ということが第三者機関によって保証されているということですね。

 

なので、メデマートから購入する限りは、ゼネグラにおける品質のリスクは全くありません。国内で流通しているバイアグラと同じだけの効果を、ゼネグラにも期待することができます。

ゼネグラを実際に使った効果は?

ゼネグラは、バイアグラのジェネリック医薬品です。含有されている成分は、バイアグラと全く同じシルデナフィル。

そのため、ゼネグラを服用すれば、バイアグラと同じだけの勃起促進効果を期待することができます。

 

実際、ネット上のゼネグラの体験レビューをチェックしてみても、「バイアグラと同等かそれ以上の効果を感じることができた」といった高評価の口コミが多くなっています。

 

多くのバイアグラジェネリックが販売されていますが、その中で他の医薬品に引けを取らない人気を集めているのがゼネグラです。

 

ゼネグラの効果

  • ED(勃起不全)の治療

 

ゼネグラの有効成分であるシルデナフィルは、PDE5阻害薬という種類の医薬品です。PDE5とは、ホスホジエステラーゼ5という酵素のこと。

 

PDE5の分泌が増えると、血行促進を促すcGMPという物質の分解が促されてしまうため、勃起がしづらい状態になってしまいます。

 

このEDの根本原因であるPDE5の働きをブロックする効果があるのがシルデナフィルです。

 

この効果のため、シルデナフィルを服用することでペニス周りの血行が活発化され、結果として勃起しやすい状態になるということですね。

 

今回インタビューをさせてもらった20代の男性の場合は、ゼネグラを服用することでしっかりと勃起をすることができているようです。服用後、だいたい20分ぐらいで効果があるようですね。

 

バイアグラと使っていた頃と比べても、特に遜色はないと言っていました。

ゼネグラを実際に使った副作用は?

バイアグラなどのED治療薬を服用するにあたっては、副作用のリスクがついて回ります。これは、バイアグラのジェネリック医薬品であるゼネグラも例外ではありません。

ゼネグラを服用することによって、バイアグラを服用するのと同等の副作用の発症リスクが生じてしまいます。

 

日本国内で販売されているバイアグラは、シルデナフィル含有量が25mgと50mgとなっています。一方、ゼネグラの含有量は100mg。

 

含有成分量が多いだけゼネグラの方が副作用が起こりやすくなっているので注意しましょう。

 

今回インタビューをした20代男性の場合は、事前にゼネグラをピルカッターで割って服用しているみたいですね。2分の1錠でも十分な勃起促進効果を体感できるのだとか。

 

割って使えば、1錠で2回のセックスに対応できるので、その分だけコスパも良くなります。ゼネグラを服用することで副作用に悩まされている方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

以下に、ゼネグラを服用して発症する可能性のある副作用の症状をまとめておきます。基本的にはどれも一過性のものであり、勃起促進効果が切れるとおさまるものです。

 

ただし、もし万が一、症状が重症化することがあったら、すぐに専門医を受診するようにしましょう。

 

ゼネグラの副作用

  • 頭痛
  • 顔の赤み
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 頻脈
  • 動悸
  • 血圧変動
  • めまい
  • 視覚異常

ゼネグラまとめ

    • ゼネグラはバイアグラのジェネリック医薬品である
    • インドの製薬会社であるアルケム社が製造・販売を行っている
    • ゼネグラにはバイアグラと同じだけのED治療効果を期待できる

 

  • ゼネグラを入手するためには、メデマートなどから個人輸入をする必要がある
  • 1錠あたり320円~で購入できるお得なED治療薬である
  • たくさんの日本人男性がゼネグラを海外医薬品通販で入手している

 

⇒海外医薬品通販サイトでゼネグラを購入するにはこちらから!