ゼニカルを即日発送の通販で購入して使った体験談

ゼニカルの効果や副作用を徹底検証肥満症治療薬(ダイエット)

ゼニカルの効果や副作用を徹底検証

ゼニカルの効果や副作用を徹底検証

本記事では、実際のユーザーの体験談をもとに、ダイエット薬であるゼニカルについてまとめていきます。ゼニカルは、日本ではそこまで認知度の高い医薬品ではありません。

しかし、アメリカにおいては、肥満治療薬として認可されている非常にポピュラーな医薬品になります。日本においては、未認可ではあるものの、美容やダイエットに興味がある女性を中心に口コミで話題になっているようです。

 

管理人の身近にもゼニカルでダイエットを試みている人がいます。仕事の後輩にあたる28歳の女性です。彼女は、実際にゼニカルを使用し、短期間に体重を落とすことに成功したとのことです。

 

本記事を執筆するにあたって、管理人は彼女に色々とインタビューをさせてもらいました。その体験談をもとに、以下にゼニカルの効果や副作用などの詳細をまとめていきます。

 

ゼニカルを使ってのダイエットに興味のある方は、ぜひとも参考にして下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ゼニカルを病院で処方

ゼニカルを病院で処方

ゼニカルは、厚生労働省から認可を受けた医薬品ではありません。そのため、他の医薬品のように一般的に流通しているものではありません。

そのため、ゼニカルを扱っており処方してくれるのは、一部の美容外科などダイエット外来を受け付けているクリニックに限られます。

 

BMIが35以上などの重度肥満と診断される場合は、ダイエット外来は保険適用となる場合もあります。しかし、そのような場合においても、未認可の医薬品であるために、ゼニカルの費用は全額が自己負担となります。

 

その場合、1箱(42カプセル入り)あたり10,000円~15,000円前後となります。1錠あたり200~300円程度ということですね。

 

管理人の後輩の女性の場合、最初は全国にフランチャイズしている有名美容外科にて、ゼニカルの処方を受けていたようです。ただネックになったのは、その価格です。

 

ゼニカルは朝昼晩の食事に合わせて1日3回まで飲むことが出来ます。つまり、1箱(42カプセル入り)は2週間ぐらいで使い切ってしまうことになります。

 

そうなると、1箱が10,000円だとしても、1ヶ月あたり20,000円の出費となります。また、美容外科では、当然のように、診察代やダイエットプログラム指導料金なども請求されます。

 

これらを合計すると、なかなか継続するのは難しかったと言っていました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでゼニカルを購入するにはこちらから!

ゼニカルを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ゼニカルを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

「ゼニカルを少しでも安く手に入れたい」「毎回ゼニカルを処方してもらいにクリニックに行くのが面倒」

 

管理人の後輩の女性もそうでしたが、ゼニカルに関してこのようなことを思っている方は少なくはないと思います。そのような方におすすめなのが、メデマートなどの海外医薬品通販サイトからのゼニカルの個人輸入です。

 

ゼニカルのような日本国内未認可で入手がしづらい医薬品に関しては、海外からの個人輸入が法律で認められています。実際、多くの日本人が海外医薬品通販サイトからゼニカルを個人輸入しています。

 

以下、後輩の女性へのインタビューをもとにゼニカルを海外通販する利点をまとめていきます。

 

①価格の安さ

 

ゼニカルを個人輸入代行サイトを通じて購入するにあたっての最大の利点。それは、何よりも安い価格で購入できるということです。海外医薬品通販サイトにおけるゼニカルの価格は、1箱(42カプセル入り)あたり8,500円程度です。

 

クリニックで購入するのに比べると、2,000円~7,000円も安くできるということです。1ヶ月にゼニカルを2箱使用すると考えると、個人輸入をすることで、薬代金を4,000円~14,000円ほども抑えることが出来ることになります。

 

クリニックで処方されるゼニカルも海外から個人輸入するゼニカルも、医薬品としては全く同じものです。同じ商品でこれだけ安くなるというのは大きいですよね。

 

②入手の手軽さ

 

海外医薬品通販サイトからのゼニカルの購入は、当然ですが通販購入になります。つまり、自宅にいながらにしてゼニカルを入手することが出来るということですね。

 

海外からの商品の発送となるので、注文から手元にゼニカルが届くまでは1週間程度はかかります。しかし、その他は楽天やAmazonのネットショッピングと変わりません。

 

クリニックでゼニカルを処方してもらう場合は、クリニックに出向くという手間があります。

 

  • 営業時間内にクリニックを訪れる
  • 医師との診察をする
  • 薬が処方されるまで待つ

 

これらは手間ですよね。海外医薬品通販サイトを利用することで、これらの面倒な手間の一切を省くことができます。

 

③好きな分量を選べる

 

「どうせならもっとまとめて処方してくれれば良いのに」

 

ゼニカルに限らず、クリニックで医薬品を処方してもらうときに、このようなことを思ったことはありませんか。クリニックで処方してくれる医薬品の分量は、どうしても少量となります。

 

そのため、すぐに手元の医薬品がなくなってしまい、その度にクリニックに出向かなくてはいけなくなります。

 

海外医薬品通販サイトからの個人輸入においては、購入する医薬品の分量を決めるのは自分です。海外製の医薬品の個人輸入においては、2ヶ月分ほどのまとめ買いならば法律で認められています。

 

つまり、この範囲内においては、自分の希望するだけの量の医薬品を自由にまとめ買いすることが出来るということです。

ゼニカルを実際に使った効果は?

ゼニカルを実際に使った効果

ゼニカルの有効成分は、オルリスタットです。体内に摂り込まれることで、オルリスタットはリパーゼという酵素の働きをブロックします。リパーゼは、食事の脂質を分解して体内に吸収する働きをもつ酵素です。

つまり、オルリスタットによってリパーゼの働きがブロックされると、食事の脂質は身体に吸収されなくなります。

 

これが、ゼニカルを服用することによるダイエット効果のメカニズムです。食事と一緒にゼニカルを服用すると、その食事に含まれる脂質の約30%ほどがカットされるとされています。

 

ゼニカルを服用することによって、食事の量を一切減らす必要なく、自然とカロリー摂取を抑制することができるということですね。

 

ゼニカルの効果
・肥満症の治療(ダイエット)

 

ゼニカルは、日本ではいまだ認可されておらず認知度も低いままです。

 

しかし、アメリカをはじめとする海外では、正式に国によって認可され、広く肥満症の治療に利用されているものです。また、海外で行われた臨床試験によって、ゼニカルは安全性の高い医薬品であると分かっています。

 

ダイエットにおける最大の課題は、いかにして「食事をコントロールし、カロリー摂取を少なくするか」ということです。「カロリーを減らせば、おのずと痩せる」というのは、頭では分かっていても、なかなか簡単なことではないですよね。

 

いざ食事制限をしようと思っても、志半ばで挫折してしまう人がほとんどかと思います。

 

そんなダイエットを夢見る人の強い味方となるのが、ゼニカルです。前述のように、ゼニカルは、摂取するだけで自然と脂質からのカロリー摂取をブロックしてくれる医薬品です。

 

食事制限などを一切することなく、カロリー制限が出来るというのは、これまでのどんなダイエット法にもなかった利点となります。

 

ゼニカルの効果によっては、当然ながら、個人差があります。普段の生活から少食を心がけている方の場合は、そもそもの脂質の摂取量が少ないために、あまりゼニカルによるダイエット効果を実感できないかもしれません。

 

しかし、普段の食生活において欧米型と言われるような脂質の多い食事をしている方にとっては、絶大な効果があるとされています。

 

管理人の後輩の女性の場合には、2ヶ月のゼニカルの服用で7~8kg前後のダイエットに成功したとのことです。2ヶ月で8kgってかなりの成果ですよね。

 

食事のときにただ錠剤を飲むだけですが、ライザップのようなつらい運動と食事制限をするのと同等の減量効果があるということです。

 

▼ゼニカルの適応症状

  • 肥満症

ゼニカルを実際に使った副作用は?

ゼニカルを実際に使った副作用

前述したように、ゼニカルの安全性は、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)などによって認められています。しかし、医薬品である以上、ゼニカルには副作用のリスクが少なからずあります。

ゼニカルは使用方法を誤ると、日常生活にも支障をきたす医薬品です。事前に副作用の症状についても、きちんと理解しておきましょう。

 

ゼニカルの副作用として最も多いのは、下痢です。体内に吸収されなかった脂質がそのまま便として排出されるために、多くの人が強い下痢のような症状を発症します。

 

おならなどと一緒に、お尻から黒い油分が漏れ出てしまうこともあるようです。そのため、多くのゼニカルユーザーの女性は、下着の汚れを防ぐために生理用のナプキンを準備しているようです。

 

管理人の後輩の女性も、この下痢の症状に悩まされたようです。最初はびっくりしてナプキンなどが欠かせない状況だったとのことでした。しかし、この下痢の症状は、2~3週間もするとおさまったようです。

 

個人差はもちろんあるでしょうが、このゼニカルによる下痢の副作用は、ゼニカル飲み始めの初期段階に多く発症するようです。

 

また、ゼニカルを服用していると肌荒れや目の乾燥なども発症しやすくなります。これらは、ビタミン不足の症状とされています。脂質の吸収がブロックされることで、必要なビタミンの吸収も同様に妨げられてしまうようです。

 

そのため、後輩の女性は、ゼニカルの摂取期間には、別途マルチビタミンなどのサプリメントで補っていたようです。

 

ゼニカルの口コミや体験談としてネット投稿されているものには、以下のような副作用の症状が報告されています。ゼニカルを服用するにあたっては、これらの副作用のリスクを十分に考慮し、事前に対策しておくようにしましょう。

 

▼ゼニカルの副作用

  • 下痢
  • ビタミン不足:目の乾燥、肌荒れ、免疫低下
  • 肝臓の障害:食欲不振、身体のだるさ、皮膚のかゆみ
  • 腎臓の障害:手足のむくみ、血尿、背中の痛み
  • 胆石症:腹痛、吐き気、嘔吐

ゼニカルまとめ

ゼニカルまとめ

    • ゼニカルは、日本未認可ではあるものの、アメリカなど世界中で使用されているダイエット効果のある医薬品である
    • 食事と一緒にゼニカルを摂取することで、食事制限などを一切することなく、脂質の摂取を抑制することができる

 

    • ゼニカルを日本で入手する方法としては、一部での美容外科などでの処方か海外からの個人輸入がある
    • 海外からの個人輸入ならば、より安価に手軽にゼニカルを購入することができる

 

  • ゼニカルを服用することで、下痢や軟便といった副作用の症状が発症しやすくなる
  • ゼニカルの服用にあたっては、脂質の吸収制限によるビタミン不足に気をつける

 

⇒海外医薬品通販サイトでゼニカルを購入するにはこちらから!