センフォースを即日発送の通販で購入して使った体験談

センフォースの効果や副作用を徹底検証

センフォースは、バイアグラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるセンチュリアン社が製造・販売を行っています。

センフォースは、バイアグラのジェネリック医薬品としてはあまり知名度が高くない医薬品です。

 

 

しかし、ネットでの口コミではかなりの人気です。販売サイトのカスタマーレビューの評価も高く、多くの日本人男性がセンフォースを服用していることが分かります。

 

多くのバイアグラジェネリックがあるなかで、センフォースにはどのような強みがあるのでしょうか。以下にその特徴をまとめていきます。

 

 

この記事の作成にあたっては、管理人の知人である20歳の男性にインタビューを行いました。彼はセンフォースを半年ほど使い続けています。

 

そんな彼の生の声を盛り込みながら、センフォースに興味をもたれている方に役に立つ情報をまとめていきます。

 

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

センフォースを病院で処方

バイアグラおよび一部のバイアグラジェネリックは、日本国内において厚生労働省から正式に認可を受けた医薬品です。そのため、街中のメンズクリニックなどで処方を受けることができます。

 

しかし、センフォースはそうではありません。インド製であるために、厚生労働省の認可を受けていない医薬品となっています。

 

そのため、病院・クリニックでの取扱いはありません。入手にあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販を利用する必要があります。いわゆる医薬品の個人輸入で入手しなければいけないということですね。

 

 

今回話をうかがった20代男性も、やはりメデマートからセンフォースを購入しているとのことでした。もともとは、クリニックでED治療薬を処方してもらっていたようですが、その価格の高さから継続を断念。

 

よりコスパの良いED治療薬を求めてセンフォースにたどり着いたとのことです。

 

 

⇒海外医薬品通販サイトでセンフォースを購入するにはこちらから!

センフォースを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

センフォースは、日本国内ではあまり知られていないED治療薬です。そして、購入するためには、海外から個人輸入をしなければなりません。

個人輸入に馴染みがない人からしたら、ちょっと入手難易度が高く思えるかもしれません。

 

 

しかし、それにもかかわらず、多くの日本人男性は積極的にセンフォースを買い求めています。クリニックでのバイアグラやバイアグラジェネリックではなく、あえてセンフォースを選んでいるということですね。

 

ここまでのファンがいるセンフォースの魅力とは何なのでしょうか。以下にその特徴をまとめます。

 

①とにかく価格が安い

 

センフォースの最大の魅力。それは、その価格の安さです。世の中には、日本製・海外製を問わず、かなりの数のバイアグラジェネリックが存在しています。

 

その中でも圧倒的な安さを誇っているのがセンフォースなのです。

 

 

以下に50mg錠の1錠あたりの価格を比較してみます。

 

  • バイアグラ(処方):約1,600円
  • バイアグラジェネリック(処方):約1,000円
  • カマグラ:約400円
  • センフォース:153円~180円

 

クリニックで処方を受けるよりは圧倒的に安いのはもちろん、同じ海外製バイアグラジェネリックであるカマグラよりも50%以上安い価格となっているのが分かるかと思います。

 

②インド製なので品質も安心

 

安い海外性のジェネリック医薬品というと、その品質に不安になる方もいるかと思います。事実、東南アジアなどで製造されたED治療薬の中には、身体に害をもたらす粗悪な不純物が混ざり込んでいたなんてこともあったようです。

 

 

しかし、センフォースにはそのような心配は必要ありません。センフォースは、インドの製薬会社によるものです。インド製のジェネリック医薬品の品質は世界中で評価されているものです。

 

国際的NGOでも正式採用されているほどです。なので、センフォースの質にかんしても一定以上の品質は担保されていると言えます。

 

③通販なので入手が困難

 

センフォースなど海外製医薬品の個人輸入というのは、実はそんなに難しいことではありません。Amazonや楽天で買い物をするのと同じ感覚で医薬品を通販購入できるものです。

 

ネット環境さえあれば、いつどこからでも注文することができるものです。

 

 

クリニックに出向いて薬を処方してもらうのは、なかなかの手間ですよね。平日の昼間に時間を割かないといけなかったり、やたらと長い時間待たされたり。

 

このような煩わしさを解消してくれるのが、医薬品の個人輸入なのです。

センフォースを実際に使った効果は?

センフォースに含有されている有効成分は、シルデナフィルです。これは、先発薬であるバイアグラと全く同じ成分です。

そのため、センフォースを服用することによって、バイアグラを使ったときと全く同じ効果を得ることができます。

 

 

センフォースを使い始める方の多くは、もともとバイアグラユーザーだった方のようです。バイアグラでED治療の効果を実感できていたが、より安価に手に入るジェネリックを求めてセンフォースに行き着いたという感じが多いみたいですね。

 

センフォースの効果

  • 勃起不全(ED)の解消

 

センフォースの含有成分であるシルデナフィルは、PDE5阻害薬とよばれるものです。PDE5とは、ホスホジエステラーゼ5という酵素のことです。

 

この酵素が体内で活発に働くとEDとよばれる勃起がしづらい状態になってしまいます。

 

 

このPDE5の作用を抑え込むのが、シルデナフィルの働きです。その結果、ペニスへの血流が増加することになり、力強い勃起をすることができるようになります。

 

服用してから30分から1時間程度で効果を体感できます。この即効性も魅力のひとつですね。

 

 

今回インタビューをした20代の男性は、まだ若いにもかかわらずEDに悩まされています。

 

過去には、彼女とのセックスが上手くいかずに関係がギクシャクしてしまい別れてしまったなんてことも。それ以来、セックスがコンプレックスになってしまったようです。

 

 

そんな状況を改善したくて手を出したのが、バイアグラでした。その効果は抜群で、今のパートナーの女性はしっかりと性的に満足させてあげているようです。

 

センフォースに代えてからはお金の心配もなく服用できるので、これまでとは打って変わってセックスを楽しみまくっているとのことでした。

センフォースを実際に使った副作用は?

バイアグラに副作用のリスクがあるのは、よく知られていることだと思います。これはバイアグラジェネリックであるセンフォースにおいても同じです。

バイアグラの服用後に副作用の症状を発症したことがある場合は、センフォースでも同じ症状が発症する可能性があります。

 

 

バイアグラジェネリックだからとって、副作用のリスクがなくなるということはないので注意しましょう。バイアグラ同様に、事前に副作用に備えておくことが必要となります。

 

センフォースを服用して強い副作用の症状が出る場合は、ピルカッターの使用をおすすめします。一度に服用する量を少なくするということですね。

 

個人差はありますが、2分の1錠、4分の1錠でも十分な効果を体感できる場合が多いようです。

 

 

お話をきいた20代男性の場合は、センフォースの50mg錠を半分に割って服用しているとのことです。

 

最初は100mg錠を1錠飲んでみたらしいのですが、副作用と思われる頭痛がひどくてセックスどころではなかったようです。そのため、その後はピルカッターで服用量を調整するようにしているとのことです。

 

 

100mg錠というのは、体格の大きい外国人男性向けの量になります。なので、小柄な日本人男性には多すぎる場合があるので注意しましょう。

 

日本人男性の場合は、25mgや50mgぐらいでも十分に勃起促進効果を体感できることが多いようです。

 

 

以下、センフォース(バイアグラ)を服用して発症する可能性のある副作用の症状をまとめて紹介します。用法用量を守る限り、症状が重症化することはありません。

 

薬の効果が切れるにしたがって、副作用の症状も消えていくのが普通です。

 

センフォースの副作用

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 顔の赤み
  • 鼻づまり
  • 目の充血
  • めまい
  • 血圧低下
  • 動悸
  • 頻脈
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 下痢
  • 視覚異常

センフォースまとめ

    • センフォースはシルデナフィルを配合するバイアグラジェネリックである
    • インドの製薬会社であるセンチュリアン社が製造・販売している
    • ネット上にて口コミ人気が非常に高い医薬品である

 

  • センフォースは、1錠あたり150円程度で購入することができる
  • 購入にあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販サイトを利用する
  • たくさんの日本人男性がセンフォースを個人輸入することで入手している

 

 

⇒海外医薬品通販サイトでセンフォースを購入するにはこちらから!