スハグラを即日発送の通販で購入して使った体験談

ED治療薬(勃起不全)

スハグラの効果や副作用を徹底検証

スハグラは、インドのシプラ社が製造・販売を行っているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ有効成分を配合しているため、バイアグラと同じ程度の勃起促進効果があります。

 

価格も安くかなりお得感のあるED治療薬です。

 

スハグラを購入するためには、メデマートなどの海外医薬品通販サイトの使用がおすすめです。余計な手間暇がかからずにED治療薬の購入をすることができます。

 

「ED治療薬にかかる費用を少しでも減らしたい」という方にスハグラはおすすめです。

 

本記事の執筆にあたっては、スハグラを継続的に使っている40代の男性にお話をうかがいました。

 

以下、実際に使っている方のスハグラの体験談をまとめつつ、スハグラの効果や副作用、お得な通販購入情報についてまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

スハグラを病院で処方

冒頭でも述べたように、スハグラはインドのシプラ社が製造・販売を行っています。そのため、日本の厚生労働省による認可は受けていません。

 

なので、日本国内でのスハグラ流通はほとんどなく、病院やクリニックで処方を受けることはできないので注意しましょう。

 

日本の病院・クリニックで処方されるのは、正規品のバイアグラか富士化学工業や東和薬品など日本の製薬会社が製造・販売をしているバイアグラジェネリックです。

 

ED治療効果に違いがあるものではありませんが、価格は大きく違うので注意するようにしましょう。

 

インタビューをさせていただいた30代の男性の場合は、もともとファイザー製薬の正規品のバイアグラを服用していたとのこと。

 

ED治療に関してはバイアグラで満足していたのですが経済的に毎月10,000円以上を捻出するのが厳しかったそうです。

 

そんな中、安価な ED治療薬を探していて見つけたのがスハグラだったそうです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでスハグラを購入するにはこちらから!

スハグラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

すでに述べたように、スハグラは日本国内で認可されていません。そのため、街中の病院・クリニックなどでは入手することができません。

 

日本国内に住む方がスハグラを手に入れようと思うならば、メデマートなどの海外通販を使わなければいけません。

 

日本国内の病院・クリニックへ行けば、国内の製薬メーカーによるバイアグラジェネリックが販売されてます。それなのに、なぜ敢えてスハグラなのでしょうか。

 

以下にスハグラをメデマートで購入する利点を3つほど紹介いたします。

 

①1錠あたりの単価が安い

スハグラの最大の特徴。それは、1錠あたりの単価が安いということです。日本国内ではED治療薬は健康保険の適用がされません。そのため、全額が自己負担となります。

 

なので、薬代にかかるお金はかなりのもの。そういった事情からスハグラなどの海外製ジェネリック医薬品が人気となっています。

 

  • 国内で認可されたバイアグラ50mg:約1,600円/1錠
  • 国内で認可されたバイアグラジェネリック50mg:約800円/1錠
  • スハグラ50mg:380円~440円/1錠

 

このように、正規品のバイアグラからは1,200円ほど、正規品のバイアグラジェネリックから400円ほども、1錠あたりの価格が安いのがスハグラです。この3つの医薬品は、どれも全く同じ効果です。

 

それならば、少しでも安いほうが良いですよね。

 

②入手するまでの手間が少ない

海外からの個人輸入というと、何やら面倒な手続きなどが必要な感じがあります。しかし、実際のところは、Amazonや楽天などのネットショッピングと変わりないものです。

 

スマホやPCなどのネット環境があれば、場所や時間を選ばずに注文することができます。

 

また、注文するにあたっては、医師の処方せんは必要ありません。販売サイトで注文を確定し、クレジットカードなどで支払えば、あとは自宅に薬が届くのを待つだけです。

 

病院に出向く手間を省けるというのは、忙しい社会人からしたら嬉しいことですよね。

 

③一定の品質が保証されている

海外製の医薬品というとその品質を不安に思う方がいるかもしれません。たしかに、東南アジアなどで製造されたED治療薬の半数以上は劣悪な品質である偽造品というデータもあったりします。

 

そんなED治療薬なら飲みたくないと思う方も多いでしょう。

 

しかし、インド製ばジェネリック医薬品は違います。インドのジェネリック医薬品は品質が高いことで有名です。一部の医薬品は、国際NGOである国境なき医師団で採用されるほどです。

 

なので、そんなインド製バイアグラジェネリックであるスハグラにも一定の品質が保証されているとみなせます。

スハグラを実際に使った効果は?

日本人の中には海外製の医薬品に対して不安を抱いている方が多くいます。

 

「日本製のものより効かないんじゃない?」
「質が悪く体に良くないんじゃない?」

 

このように思っている方は少なくないでしょう。スハグラの場合はどうなのでしょうか。きちんとEDを治療することはできるのでしょうか。

 

ネット上にはスハグラユーザーの口コミが投稿されているので、それを簡単に引用してみます。

 

「中折れがひどい自分がきちんと射精することができた」「妻と10年ぶりにセックスできた」
「バイアグラと変わらない効果があった」

 

このように、ネット上でのスハグラの評価は高いものが多く、たくさんの日本人男性がスハグラの勃起促進効果で助けられているようですね。

 

スハグラの効果

  • ED(勃起不全)の治療

 

スハグラに含有されている成分はシルデナフィルです。バイアグラに含まれているものと同じ成分ですね。なので、スハグラを服用することでバイアグラと同じだけのED治療効果を期待できます。

 

バイアグラを飲んで勃起ができるようになる男性は、スハグラを飲んでも同じ効果が得られるはず。

 

シルデナフィルはPDE5阻害薬とよばれる医薬品です。体内に存在するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きを抑制するお薬です。PDE5はEDを引き起こす元凶。

 

そのPDE5をブロックすることができるため、シルデナフィルを服用することで勃起が促進されるようになります。

 

今回話をうかがった30代の男性の場合は、スハグラを服用した夜は調子が良いときには、3発の射精ができると言っていました。20代前半の頃でもここまでのセックスはできなかったとのこと。

 

スハグラを服用することで、一回り以上年下の彼女をしっかりと性的に満足させられていると喜んでました。

スハグラを実際に使った副作用は?

スハグラは、用法用量を守って使えば安全に服用することのできる医薬品です。ただし、服用にあたっては副作用の発症に注意しなければいけません。

 

先発薬のバイアグラにある副作用の発症リスクは、スハグラにも同様にあります。そのことに気を付けなければいけません。

 

スハグラには、有効成分シルデナフィルの含有量が50mgと100mgの2つの規格があります。このうち100mgは体格の小さな日本人には、効きすぎてしまうことがあるようです。

 

そのような場合は、副作用の症状が強く出てしまうことになります。十分に注意するようにしましょう。

 

インタビューをさせてもらった30代の男性は、100mgのスハグラを購入しているそうです。ただ、100mg1錠をまるまる飲んでしまうと、ひどい頭痛が発症してしまうとのこと。

 

そのため、服用するときには、面倒でもピルカッターで錠剤を割って使用しているそうです。半分に割ればコスパは2倍になります。かなり安価にED治療薬を手にできることになるので、お得ですよね。

 

以下にシルデナフィルを服用したときに発症リスクのある副作用の症状をまとめます。どの症状も基本的に重症化することはありません。

 

スハグラの勃起促進効果が切れるのにしたがって、副作用の症状も一緒に治まります。

 

スハグラの副作用

  • 頭痛
  • 顔の火照り
  • 鼻詰り
  • 顔の赤み
  • 目の充血
  • めまい
  • 血圧低下
  • 動悸
  • 頻脈
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 下痢
  • 視界異常

スハグラまとめ

    • スハグラはインド製のバイアグラジェネリックである
    • 1錠あたりの価格は約400円とかなり安く購入できる
    • インドの大手製薬会社が製造しているので品質にも安心できる

 

  • スハグラの購入はメデマートなどの海外医薬品通販サイトから行う
  • 日本国内の病院やクリニックではスハグラは取り扱いがないで注意
  • 多くの日本人男性がメデマートからスハグラを個人輸入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでスハグラを購入するにはこちらから!