ステンドラを即日発送の通販で購入して使った体験談

ステンドラの効果や副作用を徹底検証

ステンドラは、第4世代のED治療薬です。日本国内ではいまだ認可をされておらず、流通はほとんどしていません。

しかし、アメリカ・ヨーロッパ・カナダでは、バイアグラ・レビトラ・シアリスに次ぐED治療薬として承認されています。

 

日本国内に住む男性がステンドラを手にしようと思ったら、メデマートなどの海外医薬品通販サイトから個人輸入をするしか方法はありません。

 

「最新のED治療薬を試してみたい!」
「自分に合うED治療薬を探している!」

 

こういった方は、ぜひステンドラを試してみましょう。バイアグラ・レビトラ・シアリスにはない勃起促進効果を体感することができるはずです。

 

本記事の執筆にあたっては、ステンドラユーザーの40代の男性にお話を伺いました。実際に服用している方の体験談をもとに、ステンドラの詳細についてまとめていきます。

 

ステンドラの購入に興味がある方は、ぜひ読み進めてみて下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

ステンドラを病院で処方

ステンドラは、いまだ日本国内においては厚生労働省の認可を受けていません。そのため、日本では流通がしておらず、医療機関での取り扱いはない場合がほとんどです。

ED治療クリニックやメンズクリニックに出向いても、ステンドラを購入することはできないということですね。

 

日本以外の国では、ステンドラはきちんと認可を受けています。

 

  • アメリカ:ステンドラ
  • ヨーロッパ:スペドラ
  • 韓国:ゼピード

 

販売されている国によって名称こそ違いますが、これらはいずれも同じ有効成分を含有する同じED治療薬です。

 

今回お話をうかがった40代の男性も、ステンドラの購入はメデマートで行っているとのことでした。「新世代のED治療薬がどんなものか」という興味本位から個人輸入をしてみたようですね。

 

「思いのほかED改善効果が良かったため、リピート購入をしている」と言っていました。

 

⇒海外医薬品通販サイトでステンドラを購入するにはこちらから!

ステンドラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

ステンドラの購入にあたっては、メデマートなどの海外医薬品通販サイトを利用する必要があります。「海外製の医薬品を外国から個人輸入する」という感じですね。

これは慣れない人からしたら、なかなかハードルの高いことだと思います。

 

わざわざ海外通販をせずとも、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬ならば、日本国内の病院・クリニックで処方を受けることができます。

 

なのに、なぜ多くの日本人男性はステンドラの個人輸入をしているのでしょうか。以下、ステンドラをメデマートで購入するメリットを3つ紹介します。

 

①最新のED治療薬を試せる

ステンドラは、2012年にアメリカで承認を受けた医薬品です。

 

  • バイアグラ:1998年にアメリカで販売開始
  • レビトラ:2004年にドイツで販売開始
  • シアリス:2003年にアメリカで販売開始

 

このように、他のED治療薬と比べると、だいぶ新しい医薬品だということが分かります。

 

「最新のED治療薬がどんなものか、自分の身体で試してみたい」

 

このような思いを抱いている男性もいるのではないでしょうか。海外医薬品通販でステンドラの入手をしようとする方には、好奇心旺盛な男性が多いようです。

 

「話のネタとしてステンドラを使ってみたい!」
「他のED治療薬との違いを見極めたい!」

 

こう思う方は、メデマートからステンドラを個人輸入してみましょう。

 

②ステンドラと相性がいい場合がある

同じED治療薬ではあるものの、ステンドラの有効成分は他のED治療薬とは違います。

 

  • ステンドラ:アバナフィル
  • バイアグラ:シルデナフィル
  • レビトラ:バルデナフィル
  • シアリス:タダラフィル

 

違う成分であるということは、身体への作用の仕方も違ってくるということです。

 

そのため、その人の体質によっては、

 

「他のED治療薬では効果がなかったが、ステンドラならばっちり勃起できた!」
「他のED治療薬では副作用がひどかったが、ステンドラでは問題なくセックスできた!」

 

こういったことも十分に考えられます。

 

「バイアグラ・レビトラ・シアリスとどうも相性が悪い…」

 

このように既存のED治療薬に不具合を感じている方は、新たな選択肢としてステンドラを試してみるのはいかがでしょうか。

 

③入手に手間暇がかからない

試したことがない方にとっては、何やら難しく感じるのが医薬品の個人輸入です。ですが、実際に使ってみると、驚くほど簡単に希望する医薬品を入手することができる手段であることが分かります。

 

Amazonや楽天でのネットショッピングと同じ感じで、ラクラク医薬品をゲットすることができます。

 

  • 医療機関に出向く
  • 医師に処方箋を書いてもらう

 

このような手間は一切必要ありません。スマホやPCなどのネット環境さえあれば、自宅にいながらにして最新のED治療薬を入手することができます。

 

面倒が嫌な人や忙しい人にこそ、メデマートでのステンドラの通販購入をおすすめします。

ステンドラを実際に使った効果は?

日本ではあまり知られていない医薬品ということもあり、ステンドラの効果効能に不安を抱いている方もいるかと思います。

ED治療薬としてのステンドラの性能はどうなのでしょうか?ステンドラを服用することで、ちゃんと勃起することはできるのでしょうか?

 

ネットに投稿されているステンドラのレビューは、おおむね高評価となっています。

 

「過去に味わったことがないほどペニスがビンビンになった」
「恋人と一晩で4回もセックスをすることができた」
「服用後30分もするとバキバキに勃起できた」

 

多くのステンドラユーザーが、このような確かなED改善効果を体感しているみたいですね。ステンドラには、バイアグラ・レビトラ・シアリスと同等かそれ以上の効果があるようです。

 

ステンドラの効果

  • 勃起不全(ED)の改善

 

ステンドラの有効成分は、アバナフィルです。分類としては、他のED治療薬の有効成分と同じPDE5阻害薬となります。勃起を妨げる作用があるPDE5という酵素の働きをブロックするものですね。

 

この結果として、ペニス周辺の血行がよくなり勃起しやすい状態となります。

 

アバナフィルの特徴は、その即効性にあります。レビトラ以上に勃起促進効果の効き目が早くなっています。服用後、15分~30分もするとその効果を体感できるようです。

 

また、脂質の高い食事の後の服用でも、ある程度は効果を発揮することができるようです。

 

まさに、バイアグラ・レビトラ・シアリスの良いところ取りをした、最新のハイブリッドED治療薬と言えるのがステンドラです。

 

今回インタビューをした40代の男性の場合は、ステンドラで性生活を十分に充実させることができているようです。何も飲まないと中折れしてしまうことが多いとのことですが、ステンドラを飲めば少なくとも2回戦まではできているみたいです。

 

「相手がシャワーを浴びているときに服用すればセックスに間に合うので重宝している!」

 

このように、ステンドラの即効性の高さが役に立ってるようでした。

ステンドラを実際に使った副作用は?

ED治療薬を服用するにあたって注意しなければいけないのが副作用です。バイアグラ・レビトラ・シアリスと同じPDE5阻害薬である以上、ステンドラにも一定の副作用のリスクはあります。

服用にあたっては、体調の変化に気をつけるようにしましょう。

 

ステンドラの副作用としてよく報告されているのが頭痛です。ステンドラの血行促進効果によって、脳内の血管が拡張することによって発症するものですね。

 

ステンドラの服用後に頭痛に悩まされる場合には、以下のような対策が効果的です。

 

  • ピルカッターで錠剤を割って、一度に服用する量を少なくする
  • ロキソニンなどの市販の頭痛鎮静剤をあわせて服用する

 

ED治療薬を服用した後の頭痛に悩まされている方は、ぜひ試してみて下さいね。

 

今回インタビューをさせていただいた40代の男性は、ステンドラの服用にあたって特に目立った副作用は感じていないようです。

 

バイアグラ服用時には強い頭痛があったようですが、そのような症状もステンドラでは発症していないみたいですね。

 

ネット上のレビューでも、「ステンドラは他のED治療薬と比べて副作用が発症しにくい」というものが散見されました。副作用ゆえに他のED治療薬を断念してしまっている方は、ステンドラを試してみるのも良いかもしれません。

 

以下に臨床試験で確認されたステンドラの副作用の症状をまとめてご紹介いたします。用法用量を守れば、重い副作用となることはありません。

 

もし、いずれかの症状が重症化した場合には、すぐにステンドラの服用を止めて専門医を受診するようにしましょう。

 

ステンドラの副作用

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 顔の赤み
  • 目の充血
  • めまい
  • 血圧変動
  • 動悸
  • 消化不良
  • 視覚異常

ステンドラまとめ

    • ステンドラは第4世代の最新のED治療薬である
    • 日本国内ではいまだ認可されておらず流通していない
    • 即効性が高く確かなED治療効果を期待することができる

 

  • ステンドラの購入はメデマートなどからの個人輸入が必要
  • 国内の医療機関では処方を受けることができない
  • 製造された国によってステンドラ・スペドラ・ゼピードなど名称が変わる

 

⇒海外医薬品通販サイトでステンドラを購入するにはこちらから!