シルビトラを即日発送の通販で購入して使った体験談

シルビトラの効果や副作用を徹底検証ED治療薬(勃起不全)

シルビトラの効果や副作用を徹底検証

シルビトラの効果や副作用を徹底検証

シルビトラは、インドの製薬会社であるRSM社が製造・開発を行っているED治療薬になります。バイアグラとレビトラをミックスしたユニークなジェネリック医薬品です。

インドの製薬会社によるED治療薬というと、バイアグラジェネリックのカマグラやレビトラジェネリックのバリフなどがよく知られています。それらのED治療薬以上の効果を期待できるのがシルビトラです。

 

もとよりインドの製薬会社が製造するジェネリック医薬品は、高品質と低価格を両立するものとして世界的に信頼されているものです。シルビトラもそのようなインド製のジェネリック医薬品のひとつとなります。

 

日本ではまだまだ知名度の低いジェネリック医薬品ではありますが、シルビトラはその強い勃起促進効果ゆえに高評価を受けています。

 

管理人の知人男性(50代)は、かなり重度のEDに悩まされてきました。通常のバイアグラやレビトラなどではなかなか思ったような効果がないということで、シルビトラに手を出したようです。

 

本記事では、そんな彼から聞いた体験談をもとにシルビトラについてまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

シルビトラを病院で処方

シルビトラを病院で処方

他のインド製ジェネリック医薬品と同じで、シルビトラも日本国内では正式に認可された医薬品ではありません。そのため、日本国内の病院・クリニックでシルビトラが処方されることは、ほぼないと考えましょう。

日本国内に住む方がシルビトラを入手するためには、海外からの個人輸入が必要となります。

 

バイアグラとレビトラの有効成分をともに含有しているシルビトラは、他のED治療薬にはない勃起促進効果があります。重度のEDに悩む方でもシルビトラならば力強い勃起が出来る可能性があります。

 

日本では、シルビトラのようなバイアグラとレビトラの有効成分がともに含有された医薬品は認可されていません。したがって、シルビトラの代わりになるような医薬品は日本国内では入手することは出来ません。

 

バイアグラとレビトラは、それぞれ単体で販売されています。しかし、この2種類の医薬品は併用して服用することは出来ません。なので、シルビトラの強力なED治療効果は、他の医薬品で再現できるものではないということです。

 

管理人の知人男性は、とにかくコスパを追求する人です。ED治療薬においても、出来るだけ安く、出来るだけ効果のある商品を探していました。そんな彼が選んだED治療薬がシルビトラです。

 

日本の病院で処方されるものよりも強力であり安価であるというかなりお得感のある医薬品です。

 

⇒海外医薬品通販サイトでシルビトラを購入するにはこちらから!

シルビトラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

シルビトラを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

バイアグラやレビトラ、あるいはそのジェネリック医薬品であるカマグラやバリフと比べると、シルビトラは知名度の低いED治療薬となっています。日本国内の医療機関では処方が受けられず、入手には海外からの個人輸入が必要となります。

また、日本国内向けの海外医薬品通販サイトは多数ありますが、シルビトラを取り扱っているのはその中でも少数にとどまります。

 

このように、決してシルビトラはメジャーな商品ではありません。しかし、それにも関わらず、一部のネット上の口コミをチェックすれば分かることですが、シルビトラには熱狂的なファンが存在します。

 

シルビトラにはどのような特徴があるのでしょうか。以下にまとめていきます。

 

①他の薬にはない勃起促進効果の高さ

 

重度のEDとなると、病院・クリニックで処方されたバイアグラを用法用量にしたがって飲んだだけでは、十分な勃起に至れないことがあります。

 

「もっと強力なED治療薬が欲しい」

 

高齢の男性を中心に、このような思いを抱いている方は少なくありません。

 

そんな方におすすめ出来るのがシルビトラです。シルビトラ1錠に含有されている有効成分は以下の通りです。

 

  • シルデナフィル:100mg
  • バルデナフィル:20mg

 

言うまでもなくシルデナフィルはバイアグラの有効成分であり、バルデナフィルはレビトラの有効成分となります。

 

つまりは、シルビトラを1錠摂取することで、バイアグラとレビトラを1錠ずつ摂取することと同等かそれ以上の勃起促進効果があることになります。この2つの有効成分がハイブリッドされたことにより、シルビトラには他のED治療薬にはない強い勃起促進効果があります。

 

日本の病院で処方されるどんなED治療薬よりも強力なのがシルビトラです。

 

②圧倒的なコスパの良さ

 

上記のように、シルビトラにはシルデナフィルとバルデナフィルという2つの有効成分が含有されています。日本ではバイアグラとレビトラとそれぞれ別の医薬品として販売されている成分です。

 

そうなると、気になるのはその価格です。

 

「他のED治療薬の2倍の価格なんじゃないの」

 

そのように思われる方もいるかもしれません。いくらバイアグラとレビトラをかけ合わせた強い効果があっても、価格が高くては手を出しにくいですよね。しかし、そんな価格の心配もシルビトラには無用です。

 

メデマートでのシルビトラの販売価格は、315円~350円/1錠となっています。バイアグラとレビトラとを国内で購入すると、2錠で3,000円以上はします。その10分の1程度の価格で入手できるのがシルビトラということですね。

 

このコスパの良さは他のジェネリックED治療薬を凌ぐものです。

 

③24時間いつでも注文OK

 

既に述べたように、日本国内に住む方がシルビトラを入手するためには、メデマートを利用し個人輸入をしなければいけません。個人輸入というと何やら小難しく感じてしまうかもしれませんが、要はネットショッピングと同じです。

 

楽天やアマゾンで買い物をするのと同じように、シルビトラを注文することが出来ます。

 

つまりは、ネット環境があれば、時間や場所を問わずにシルビトラの購入手続きが出来るということです。

 

「会社が忙しくて日中に病院・クリニックに行けない」
「家から出ずにED治療薬を手にしたい」

 

このような方でも問題なく購入することが出来るのがシルビトラになります。

シルビトラを実際に使った効果は?

シルビトラを実際に使った効果

上記のシルビトラの特徴でもまとめたように、シルビトラには他のED治療薬以上の強い勃起促進効果があります。

「バイアグラ単体、レビトラ単体では思ったような勃起をすることが出来なかった」

 

そのような方であっても、シルビトラならば一定の効果を手にできる可能性があります。

 

バイアグラなどでの効果が体感できない場合、男性に残された選択肢は、勃起とセックスを諦めるか、よりリスクの高いED回復手術を受けるかになってしまいます。

 

そのような辛い決断をする前に試す価値のある医薬品がシルビトラになります。

 

シルビトラの効果

  • 勃起不全の改善

 

繰り返しになりますが、シルビトラの有効成分は以下の2つになります。

 

  • シルデナフィル(バイアグラの有効成分)
  • バルデナフィル(レビトラの有効成分)

 

この2つの成分は、PDE5阻害薬とよばれるものです。PDE5は酵素のひとつであり、これが体内で増えることでEDは発症するとされています。

 

このPDE5の働きを阻害する作用があるために、シルデナフィルやバルデナフィルによって勃起が促されることになります。ただし、同じPDE5阻害薬といっても、シルデナフィルとバルデナフィルでは、身体への作用の仕方に違いがあります。

 

  • 服用してから血中濃度が高まるまでの時間
  • 効果が持続する時間
  • PDE5を阻害する強さ

 

これらの違いがあるために、シルデナフィルとバルデナフィルの同時摂取によって、より効果的・効率的な勃起促進が出来るということです。

 

バイアグラのみ、レビトラのみの治療よりも、シルビトラのほうが強い作用があるのはこのためです。

 

本記事を執筆するにあたってお話を聞いた50代の男性は、とにかく強い効果のあるED治療薬を探していてシルビトラに行き着いたと言っていました。

 

実際、シルビトラの服用では、これまでのED治療薬にはなかったほどの抜群の勃起促進効果を体感できたと言っていました。

 

「シルビトラを利用することによって、50歳を超えた今でもパートナーとのセックスを楽しんでいる」と満面の笑顔でお話をしてくれていたのが印象に残っています。

シルビトラを実際に使った副作用は?

シルビトラを実際に使った副作用

ここまで述べてきたように、シルビトラには他のED治療薬には無いような強い勃起促進効果があります。ただ、ここで忘れてはいけないことは、このED改善効果の裏には、副作用のリスクが存在しているということです。

シルビトラの服用にあたっては、その副作用についてきちんと理解しておきましょう。

 

前述のように、シルビトラ1錠には以下の容量の有効成分が含有されています。

 

  • シルデナフィル:100mg
  • バルデナフィル:20mg

 

この含有量は、シルデナフィルに関しては日本国内の最大規格の2倍、バルデナフィルに関しては日本国内の最大規格と同等となっています。

 

つまりは、シルビトラ1錠には、かなりの容量の有効成分が含まれているということですね。この分だけシルビトラの服用においては、副作用の症状が発症しやすくなります。

 

その点は、十分に注意しておくようにしましょう。

 

管理人の知り合い男性の場合は、鼻詰まりと頭痛の副作用が発症したとのことです。ただし、そこまで重症化することはなく、薬の効果が切れるにしたがって副作用の症状も収まっているとのことでした。

 

 

どうしてもしんどい時はロキソニンなどの鎮静剤も飲むようですが、基本的には副作用の症状があっても問題なくセックスが出来るレベルのものであるとのことです。

 

以下に、シルビトラに含有されているシルデナフィルおよびバルデナフィルの副作用の症状を列挙します。重症化することはまれであり、頭痛には市販の頭痛薬が効くとされています。

 

もし、副作用の症状がひどくなった場合には、シルビトラの服用を止め、早急に専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

シルビトラの副作用

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 顔や身体の発赤
  • 鼻詰まり
  • めまい
  • 血圧の変動
  • 動悸・頻脈
  • まぶしい・かすむなどの視覚異常

シルビトラまとめ

シルビトラまとめ

    • シルビトラは、バイアグラとレビトラのジェネリック医薬品である
    • 他のED治療薬よりも強い勃起促進効果をシルビトラには期待できる
    • シルビトラの服用にあたっては、副作用の発症に注意する

 

  • シルビトラは、メデマートなどの個人輸入代行サイトから購入できる
  • バイアグラやレビトラに比べて、シルビトラはかなりコスパが良い
  • 日本人でも多くの男性がシルビトラを個人輸入して服用している

 

⇒海外医薬品通販サイトでシルビトラを購入するにはこちらから!