エラ(エラワン)を即日発送の通販で購入して使った体験談

エラ(エラワン)まとめアフターピル(避妊薬)

エラ(エラワン)の効果や副作用を徹底検証

エラ(エラワン)の効果や副作用を徹底検証

エラ(エラワン)は、フランスの製薬会社であるHRAファーマ社が開発したアフターピルです。

エラという商品とエラワンという商品とがありますが、中身は同じ有効成分ウリプリスタール酢酸エステルを配合した医薬品です。主にヨーロッパではエラワン、北米ではエラとして流通しているようです。

 

日本国内においても、ノルレボなどはきちんと認可されており病院・クリニックなどで処方を受けることが出来ます。しかし、エラ(エラワン)には、他のアフターピルにはないような強い効果と注目するべき特徴があります。

 

アフターピルの購入に興味がある女性は、ぜひこの最新のアフターピルをチェックしてみて下さい。

 

管理人の知り合いの女性(20代半ば)は、過去にエラを服用した経験があるとのことです。本記事の執筆にあたっては、彼女にその使用感についてインタビューを行いました。

 

実際のユーザーの体験談をもとに、以下、エラ(エラワン)についてその詳細をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

エラ(エラワン)を病院で処方

エラ(エラワン)を病院で処方

この記事の執筆時点(2018/11/17)において、日本国内で認可を受けているアフターピルはノルレボという医薬品のみとなっています。

つまり、本記事で紹介するエラ(エラワン)は、未認可の医薬品ということですね。そのため、日本の病院・クリニックで処方してもらうことは出来ません。

 

医療機関で処方される唯一のアフターピルであるノルレボですが、残念ながら健康保険の適用を受けての処方はされません。そのため、1箱(1錠)あたりの価格は、10,000円~15,000円ほどもします。

 

また、病院・クリニックの開院時間でしか処方を受けられないので、何かと不便だったりします。

 

管理人がインタビューした女性は、過去に婦人科クリニックでノルレボの処方を受けたことがあったそうです。しかし、その時のあまりの医薬品代金の高額さに度肝を抜かれることに。

 

その経験以来、いつトラブルが起こっても良いように、かばんの中に通販購入したエラをしのばせているそうです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでエラ(エラワン)を購入するにはこちらから!

エラ(エラワン)を病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

エラ(エラワン)を病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

前述のように、エラ(エラワン)は日本国内では未認可の医薬品です。そのため、医療機関やドラッグストアなどでは取り扱いがない場合がほとんどです。

日本国内に住んでいる方でこのアフターピルを入手している方の多くは、メデマートなどの個人輸入代行サイトを通じて購入しています。

 

「医薬品の個人輸入」と聞くと、何やら面倒で大変な印象を抱くかもしれません。しかし、実際には利便性も高くお手軽に医薬品を入手できるお得な方法となっています。

 

以下、メデマートなどの通販にてエラ(エラワン)を購入する利点についてまとめていきます。

 

①出費を抑えることが出来る

 

エラ(エラワン)をメデマートなどを利用しての個人輸入で手に入れる最大の理由は、医薬品代金を安く抑えることが出来るという点です。

 

同じアフターピルであるノルレボをクリニックで処方してもらうと、1箱(1錠)あたりの価格が10,000円を超えてしまうのは、先に述べてた通りです。

 

このアフターピルにかかる費用を半分以下に抑えることができるのが、メデマートでの通販です。メデマートでのエラの価格は、1箱あたり4,950円です。

 

エラ(エラワン)は最新のアフターピルであり、ノルレボよりも強い緊急避妊効果があります。それでいて、ノルレボを病院で処方してもらうよりも、30%~50%程度安く購入できるわけです。

 

これがお得なのは言うまでもありません。

 

②自宅に居ながらにして手に入る

 

個人輸入代行サイトを通じての医薬品の購入は、言ってしまえば、ネットショッピングでの通販購入と代わりありません。スマホやPCでのネット環境があれば、家に居ながらにしてアフターピルを入手することが出来ます。

 

「周囲にバレたくない」
「病院に行くのが苦手」

 

このようなことを思っている方でも、メデマートなどの海外医薬品通販サイトを利用すれば、手軽にエラ(エラワン)を購入することが出来ます。

 

病院・クリニックに出向く手間を省くことが出来るというのは嬉しいですよね。忙しい社会人の方にもおすすめできる医薬品の購入方法です。

 

③前もって買いだめしておける

 

病院・クリニックでのアフターピルの処方においては、前もってのアフターピルの処方はしてくれません。

 

「コンドームが破けてしまった」
「避妊に失敗してしまった」

 

このような切迫した状況に陥ってはじめて、医療機関にてアフターピルの処方を受けることが出来ます。

 

「前もって予期せぬ事態に備えてアフターピルを携帯できていたら…」

 

このように思う方は少なくないはずです。そんな思いに答えてくれるのが、メデマートなどにおける医薬品の個人輸入代行です。エラ(エラワン)のまとめ買いが出来るので、もしもの時に備えてアフターピルを買いだめすることが可能となります。

エラ(エラワン)を実際に使った効果は?

エラ(エラワン)を実際に使った効果

ノルレボという国内でも認可されたアフターピルがありながら、なぜ多くの人はエラ(エラワン)を買い求めるのでしょうか。この医薬品が人気の理由のひとつに、ノルレボよりも緊急避妊の効果が高いということがあります。

エラ(エラワン)の効果の高さは、その飲み方から分かります。

 

  • ノルレボ:セックス後72時間(3日)以内に水で1錠を服用する
  • エラ(エラワン):セックス後120時間(5日)以内に水で1錠を服用する

 

このように、ノルレボよりもエラ(エラワン)のほうが、服用できる期間が長くなっています。万が一という場合において、より強い緊急避妊効果があるというのは心強いですよね。

 

▼エラ(エラワン)の効果

  • 緊急避妊

 

エラ(エラワン)に含有される有効成分は、ウリプリスタール酢酸エステルになります。この成分は、現行の最新のアフターピルの有効成分となっています。

 

これまでのアフターピルの有効成分は、作用機序が異なっているようです。そのため、緊急避妊を出来る期間がより長くなっています。

 

臨床試験における緊急避妊の効果は以下の通りです。

 

  • セックス後72時間以内の服用:約95%が避妊
  • セックス後120時間以内の服用:約85%が避妊

 

このように、セックス後の5日間の期間ならば、100%ではないものの、高い緊急避妊の効果があることが分かります。

 

管理人の知り合いの女性は、前述したように、一度アフターピルで痛い目にあってからというものの、お守りがわりに個人輸入したアフターピルを携帯しているとのことです。

 

最初は、ノルレボやそのジェネリック医薬品を選んでいたようですが、「どうせならより強力なものを」ということでエラに切り替えたそうです。

エラ(エラワン)を実際に使った副作用は?

エラ(エラワン)を実際に使った副作用

アフターピルは、含有されている有効成分である女性ホルモンの作用によって、強制的に排卵を遅らせ、受精卵の子宮内膜への着床を阻害する医薬品です。

このことからも分かるように、身体には一定の強い負担を強いるものです。そのため、アフターピルの服用に際しては、副作用のリスクがゼロではありません。

 

これに関しては、エラ(エラワン)も例外ではありません。ノルレボと同等かそれ以上の緊急避妊効果がある以上、このアフターピルにも副作用の発症リスクは存在します。

 

服用にあたっては、その副作用の症状について、事前に理解しておくようにしましょう。

 

管理人の知り合いの女性の場合は、体調によりけりではあるものの、エラの服用後に多少の吐き気を感じたことがあるようです。ただ、同様の副作用の症状に関しては、ノルレボなどの他のアフターピルの服用時にも発症していたとのことです。

 

彼女の体感によると、アフターピルとしての緊急避妊の効果が強いからといって、エラで特別強い副作用の症状が発症するわけではないとのことでした。

 

強い効果がありながら、副作用のリスクが低く抑えられているのも、エラ(エラワン)の良いところですね。

 

エラ(エラワン)の副作用の症状としては、上記の吐き気の他にも以下に挙げるようなものがあります。どれも一過性のものであり、重症化することはまれです。

 

ですが、もし、何らかの副作用と思われる症状が強く発症してしまった場合は、すぐに最寄りの専門医を受診するようにしましょう。

 

▼エラ(エラワン)の副作用

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 月経困難症の症状
  • 倦怠感
  • 身体のむくみ

エラ(エラワン)まとめ

エラ(エラワン)まとめ

    • エラ(エラワン)は、望まない妊娠を避けることが出来るアフターピルである
    • セックス後120時間(5日)以内までに服用することで効果を発揮する
    • 日本で認可されているアフターピルであるノルレボよりも緊急避妊効果が高い

 

  • エラ(エラワン)は、現時点においては、日本国内では認可されていない
  • 日本に住む人がこのアフターピルを手にするためには、メデマートなどからの個人輸入が必要
  • 日本人女性でも多くの人が海外医薬品通販で最新のアフターピルを入手している

 

⇒海外医薬品通販サイトでエラ(エラワン)を購入するにはこちらから!

また、アイピルは以下のサイトの管理人さんが詳しく紹介してくださっていますので、よかったら参考にしてください。

アフターピル相談室