アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を即日発送の通販で購入して使った体験談

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の効果や副作用を徹底検証尖圭コンジローマ治療薬

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の効果や副作用を徹底検証

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の効果や副作用を徹底検証

本記事では、尖圭コンジローマという性感染症の治療薬に関しての情報をまとめていきます。尖圭コンジローマの治療に有効な成分としては、イミキモドというものがあります。

このイミキモドを含有した医薬品としては、以下のようなものが存在しています。

 

  • アルダラクリーム
  • ベセルナクリーム

 

アルダラクリームは、主に欧米を中心に流通している医薬品です。日本国内で流通しているのは、持田製薬が製造・販売を行っているベセルナクリームになります。

 

名称こそ違えど、この2つの医薬品は、ともにイミキモドを配合しており、尖圭コンジローマの治療に効果のあるものです。

 

本記事でおすすめする尖圭コンジローマ治療薬は、このアルダラクリームとベセルナクリームのインド製ジェネリック医薬品です。

 

管理人の妻の友人(20代女性)は、独身時代にこの医薬品によって尖圭コンジローマを治療したとのことです。今回の記事の執筆にあたっては、彼女にインタビューをさせてもらいました。

 

その時の体験談をもとに、アルダラクリーム(ベセルナクリーム)のジェネリック医薬品の情報をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を病院で処方

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を病院で処方

前述のように、性感染症である尖圭コンジローマの治療には、イミキモドという有効成分が用いられます。日本においては、ベセルナクリームという医薬品が使われるのが一般的ですね。

クリニックで尖圭コンジローマと診断されると、多くの場合においてベセルナクリームを処方されることになります。

 

クリニックにて尖圭コンジローマの治療には、健康保険が適用されることになります。そのため、患者が負担する医療費は3割で済ませることができます。

 

しかし、クリニックを受診すると、診察料や検査料、薬代などさまざまな料金が加算されることになります。それらを合計すると、尖圭コンジローマの治療には1万円以上かかってしまうこともあるようです。

 

私の妻の友人場合は、過去に2度ほど尖圭コンジローマを経験しています。最初に尖圭コンジローマになった時には、クリニックを受診することで治療を行ったそうです。

 

その時は尖圭コンジローマの症状であるイボを外科的療法によって除去したとのこと。かかった費用は、8,000円ほどだったそうです。

 

その後、3~4ヶ月が経った後に、残念ながら尖圭コンジローマが再発。2度目ということもあり、その時は落ち着いて対処することが出来たようです。

 

ネットで尖圭コンジローマについての知識を調べつつ、以下にまとめるようなベセルナクリームのジェネリック医薬品での治療で対処したとのことです。

 

⇒海外医薬品通販サイトでアルダラクリーム(ベセルナクリーム)を購入するにはこちらから!

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

クリニックでの外科的療法と海外医薬品通販での薬物療法との両方を経験した妻の友人女性が言うには、ジェネリック医薬品を通販購入しての尖圭コンジローマ治療のほうが圧倒的に手軽かつコスパが良いとのことです。

以下、メデマートなどの医薬品個人輸入代行サイトを使用する利点についてまとめていきます。

 

①かかる費用が少ない

 

前述したように、尖圭コンジローマ治療のためにクリニックで外科的療法を受けると、約10,000円前後が必要となります。健康保険が適用されての価格なので、決して高額ではありません。

 

しかし、出来ることならば、この費用を少しでも安く抑えたいという方もいるでしょう。

 

一方、海外製の医薬品の通販を行っているサイトで尖圭コンジローマの治療薬のジェネリック医薬品を購入すると、3,000円弱の出費で済ませることが出来ます。

 

ちなみに、この価格は、クリニックでベセルナクリームを処方してもらうよりも安くなっています。海外製ジェネリック医薬品ならば、とにかくコストを抑えることができます。

 

②身体への負担が少ない

 

クリニックで行う尖圭コンジローマへの外科的療法には、次のようなものがあります。

 

  • 凍結療法
  • 電気焼灼
  • レーザー蒸散
  • 外科的切除

 

どれも短時間で済むものです。しかし、尖圭コンジローマのイボが発症するのは、股間のデリケートな部分です。出来ることならば、そのような部位への外科的療法は行いたくはないですよね。

 

ベセルナクリームのジェネリック医薬品による治療は、当然ながら外科的療法よりも身体への負担が少ないものです。端的に言ってしまえば、患部にクリームを塗り込むだけです。

 

痛みもなく、手間もかかりません。とにかく手軽に尖圭コンジローマを治療することが出来ます。

 

③誰にも知られることなく治療できる

 

繰り返しになりますが、クリニックにおける尖圭コンジローマの治療には、健康保険が適用されます。

 

注意しなければいけないことは、保険が適用された場合、医療費の通知などによって自分の周囲に尖圭コンジローマの治療をしていたことがバレる可能性があるということです。

 

性感染症である尖圭コンジローマは、家族や会社には知られたくはないものです。

 

「誰にも知られることなく尖圭コンジローマを治療したい」

 

そのような場合は、海外製の医薬品の個人輸入がおすすめです。

 

保険証の提示も医師の処方せんも必要ないので、自分一人で尖圭コンジローマの治療を完結させることができます。

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を実際に使った効果は?

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を実際に使った効果

本記事にておすすめしている海外製のアルダラクリーム(ベセルナクリーム)のジェネリック医薬品は、日本国内では未認可であり知名度が低い医薬品です。

しかし、あくまで外国では正式に認可されたジェネリック医薬品です。そのため、日本で流通しているベセルナクリームと同じだけの尖圭コンジローマの治療効果を期待することが出来るものです。

 

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の効果

  • 尖圭コンジローマの治療

 

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)およびそのジェネリック医薬品に含有されている成分は、イミキモドという成分です。

 

この成分が含有されたクリームを尖圭コンジローマのイボが発症している患部に塗布することによって、尖圭コンジローマの原因となるウィルスの増殖を抑えることができます。

 

また、その効果に付随して、塗布した部位におけるウィルスへの免疫力を高める効果もあります。その結果、尖圭コンジローマの再発率も低く抑えることが出来ます。

 

重度の尖圭コンジローマを除いて、最近ではクリニックにおいてもイミキモドを配合したクリームによる治療がメジャーとなってきつつあります。

 

私の妻の友人がイミキモドクリームで尖圭コンジローマの治療を行ったときは、使い始めて1週間もするとイボが小さくなってきたのが確認できたようです。

 

そのまま使い続けると、2週間でほとんどイボが消失し、目立たない状態になったようです。

 

コンジローマは再発が多い感染症です。再発のたびにクリニックに行くのは面倒ですよね。しかし、海外製のジェネリック医薬品ならば、いざという時のために多めに購入しておき手元に常備しておくことができます。

 

「手元にこの医薬品があることで、コンジローマの再発が怖くなくなった」

 

彼女はそのように話してました。

 

▼アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の適応症

  • 尖圭コンジローマ
  • 日光角化症

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を実際に使った副作用は?

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)を実際に使った副作用

  • アルダラクリーム
  • ベセルナクリーム
  • インド製のジェネリック医薬品

 

これらの有効成分は、ともにイミキモドです。各製薬会社によって製造工程に若干の違いはありますが、その医薬品としての効果に違いはありません。

 

したがって、副作用のリスクも同じだけあることになります。

 

有効成分のイミキモドの副作用としては、発赤やかゆみなどが塗布した皮膚に発症することがあります。この症状は、尖圭コンジローマのウィルスを撃退しているあかしのようなものです。

 

なので、イミキモドを含有しているクリームを使用する上では、ある程度は仕方のないものです。

 

管理人の妻の友人に聞いてみたところ、やはり同様の副作用と思われる症状を経験したとのことです。彼女の場合は、患部の赤みが発症したようです。ただ、耐えられないほどではなかったようで、そのまま使い続けたようです。

 

その症状は、コンジローマの治療が完了し、イミキモド配合のクリームの使用をやめると、ピタッとおさまったと言っていました。

 

イミキモド配合のクリームの臨床試験においては、かゆみや発赤以外の症状も報告されています。事前にチェックしておき、耐えられないような症状となった場合には、すみやかに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

▼アルダラクリーム(ベセルナクリーム)の副作用

  • 発赤
  • びらん
  • 湿潤
  • かさぶた
  • 表皮剥離
  • 浮腫
  • 潰瘍
  • 疼痛
  • 刺激感
  • かゆみ
  • 色素脱失
  • 色素沈着

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)まとめ

アルダラクリーム(ベセルナクリーム)まとめ

    • 尖圭コンジローマの治療には、有効成分イミキモド配合のクリームがおすすめ
    • イミキモド配合のクリームを使用することで、外科的療法なしで尖圭コンジローマの治療が可能
    • イミキモド配合のクリームを患部に塗布すれば、2週間ほどでコンジローマのイボがおさまる

 

  • イミキモド配合のクリームは、海外製のジェネリック医薬品が安価でお得
  • イミキモド配合のクリームのジェネリック医薬品は、メデマートなどの個人輸入代行サイトで購入可能
  • メデマートなどの個人輸入代行サイトでの医薬品の通販は、誰にも知られることなく購入できる

 

⇒海外医薬品通販サイトでアルダラクリーム(ベセルナクリーム)を購入するにはこちらから!