アスタリンインヘラーを即日発送の通販で購入して使った体験談

アスタリンインヘラーの効果や副作用を徹底検証気管支拡張剤(喘息の発作止め)

アスタリンインヘラーの効果や副作用を徹底検証

アスタリンインヘラーの効果や副作用を徹底検証

管理人の知人には、長年にわたって気管支喘息に悩まされている男性(43歳)がいます。

吸入ステロイド薬によって治療は行っているようなのですが、それでも夜明け前の時間帯には喘息の発作が起きてしまうことがあるようです。「ヒューヒュー」と息苦しくなったり、咳がとまらなくなる状態ですね。

 

そのような発作に対症療法的に効果があるのが、アスタリンインヘラーになります。いわゆる発作止めです。アスタリンインヘラーを使用しても喘息の根本的な治療にはなりませんが、その場のつらい発作を抑えることが出来るものです。

 

管理人の知人男性いわく、アスタリンインヘラーのような発作止めは、喘息患者にとっては必携のものだとのことです。

 

アスタリンインヘラーは、サルタノールインヘラーという薬のジェネリック医薬品になります。サルタノールインヘラーと違い、アスタリンインヘラーは日本国内では未認可となっています。

 

そのため、入手にあたってはメデマートなどの海外医薬品個人輸入代行サイトから購入する必要があります。

 

本記事では、そんな喘息の発作を抑える薬であるアスタリンインヘラーについてまとめていきます。知人男性の体験談をもとにその効果や副作用などをお伝えします。アスタリンインヘラーに興味がある方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

アスタリンインヘラーを病院で処方

アスタリンインヘラーを病院で処方

前述したように、海外製のジェネリック医薬品であるアスタリンインヘラーは、日本国内では認可を受けていません。

そのため、日本国内においては、ほとんど流通がありません。医療機関やドラッグストアなどにいっても、アスタリンインヘラーを取り扱っているところはないということですね。

 

とはいえ、アスタリンインヘラーの先発薬であるサルタノールインヘラーは、医療用医薬品として認可を受けています。喘息の発作に一時的な改善をもたらす医薬品として、広く使われていますね。

 

ただし、サルタノールインヘラーは医療用医薬品なので、専門医のいるクリニックを訪れ、処方せんを書いてもらう必要があります。

 

保険適用となるので、そこまで高額になることはありません。しかし、薬が切れるたびにクリニックに出向かなくてはいけないという手間があります。

 

社会人などなかなか平日の日中にクリニックに行く時間がとれない人にとっては、なかなかに難しいものがあります。

 

管理人の知人男性も、もともとは医療機関にてサルタノールインヘラーを処方してもらっていました。しかし、仕事の忙しさもあり、クリニックに毎回行くのが手間に。

 

そんな時にネットで見つけたのが、ジェネリック医薬品であるアスタリンインヘラーだったとのことです。サルタノールインヘラーと同じ効果があるとのことで、満足しているようですね。

 

⇒海外医薬品通販サイトでアスタリンインヘラーを購入するにはこちらから!

アスタリンインヘラーを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

「サルタノールインヘラーをもらいにクリニックに行くのが面倒くさい」「少しでも手軽に喘息の発作止めの薬を入手したい」

 

このようなことを思っている方には、海外医薬品通販サイトからのアスタリンインヘラーの購入をおすすめしています。

 

実際、気管支喘息などに悩む多くの日本人がアスタリンインヘラーをネット通販にて購入しています。通販サイトにおけるユーザーレビューも、高評価のものがほとんどとなっています。

 

以下、知人男性に聞いた話をもとに、アスタリンインヘラーを海外から個人輸入することのメリットをまとめていきます。

 

①通販購入できる

 

医療機関にてサルタノールインヘラーを処方してもらうのではく、海外医薬品通販サイトでジェネリック医薬品のアスタリンインヘラーを購入する。

 

その最大のメリットは、ネット通販で購入することが出来るということです。前述のように、サルタノールインヘラーは処方せん医薬品になります。

 

そのため、入手にあたっては、いちいち専門医のいるクリニックに出向く必要があります。アスタリンインヘラーの購入にあたっては、この手間を省くことが出来るということですね。

 

家にいながらにして、喘息の発作止めの薬を手にすることが出来るということです。

 

②まとめ買いが出来る

 

クリニックでサルタノールインヘラーを処方してもらうにあたっては、その分量は患者側では決定することは出来ません。医師に指示された分量でしか購入をすることは出来ないということですね。

 

「どうせならもっとまとめて購入したいのに」

 

このように思われている方も多いはずです。定期的にクリニックに出向くのは面倒ですよね。

 

この点、サルタノールインヘラーのジェネリック医薬品であるアスタリンインヘラーならば、法律の許す範囲において、まとめ買いが可能となります。処方せんを必要としないので、自分の希望する分量を注文することが出来るということですね。

 

薬事法によると、2ヶ月分ほどのまとめ買いならば、医薬品の個人輸入は認められているようです。

アスタリンインヘラーを実際に使った効果は?

アスタリンインヘラーを実際に使った効果

サルタノールインヘラーやそのジェネリック医薬品であるアスタリンインヘラーは、気管支を拡張させる医薬品です。

気管支喘息による発作は、気管支が炎症になってしまい気道が狭くなることによって発症するものです。この狭くなった気道を広げる効果があるということですね。

 

有効成分であるサルブタモールには、気管支の周囲にある気管支平滑筋を緩める効果があります。この作用によって、一時的に気道を広げ、呼吸を楽にする効果があるということですね。

 

喘息の根本原因である炎症への治療効果こそありませんが、突然の発作に対して素早い対処をすることが出来ます。

 

アスタリンインヘラーの効果
・喘息などによる発作

 

喘息の患者さんの気管は、前述したように、慢性的な炎症の状態にあります。この炎症を引き起こす原因としては、次のようなものがあります。

 

  • ほこり
  • 動物のフケ
  • ダニ
  • ハウスダスト
  • 冷たい外気
  • タバコの煙
  • 疲労などの日常生活におけるストレス

 

これらによる刺激によって、気道の周囲の筋肉が収縮をし、気道が狭くなってしまいます。その結果として発症するのが、「ゼーゼー・ヒューヒュー」といった音を伴う喘鳴や咳が止まらないといった発作による息苦しさになります。

 

この息苦しさを緩和させる医薬品が、サルタノールインヘラーやそのジェネリック医薬品であるアスタリンインヘラーになります。

 

サルタノールインヘラーやアスタリンインヘラーの有効成分であるサルブタモール硫酸塩は、β2刺激薬とよばれるものです。 気管支平滑筋にある交感神経であるβ2受容体に作用し、気管支平滑筋を弛緩させるという効果をもたらすものですね。

 

その結果として、狭まっていた気道が一時的に拡張し、呼吸をするのが楽になります。

 

管理人の知人男性の場合は、特に風邪をひいた後などに喘息の発作が起こりやすくなるそうです。特に朝4時などの明け方の時間帯に症状がひどくなるようですね。まともに寝れなくなることもしばしばとのこと。

 

そんな時は、枕元に常備しているアスタリンインヘラーをすぐ2カップ吸入するそうです。そうすることによって、20分もすると、喘息の発作はだいぶおさまるそうです。

 

▼アスタリンインヘラーの適応症状

  • 気管支喘息
  • 小児喘息
  • 肺気腫
  • 急・慢性気管支炎
  • 肺結核

アスタリンインヘラーを実際に使った副作用は?

アスタリンインヘラーを実際に使った副作用

他の医薬品同様にアスタリンインヘラーにも副作用のリスクがあります。当然のことですが、吸入量が多ければ多いほどに、副作用の症状は重くなる傾向にあります。

アスタリンインヘラーの用量としては、1回で2吸入となっています。症状がひどいからといって用量を多くしてしまうと、重篤な副作用が発症する可能性もあるので気をつけるようにしましょう。

 

注意するべきアスタリンインヘラーの副作用としては、低カリウム血症があります。これは、血液中のカリウム濃度が減少してしまうものですね。

 

アスタリンインヘラーと一緒に他の喘息の治療薬を服用してしまうと、この症状が発症することがあるので注意しましょう。低カリウム血症の症状としては、次のようなものがあります。

 

  • だるさ
  • 筋力の低下
  • 便秘
  • 動悸
  • 脈拍異常

 

管理人の知人男性の場合は、アスタリンインヘラーを使ったからといって、特に目立った副作用はなかったとのことです。もともと使っていた先発薬であるサルタノールインヘラーの時も同じです。

 

サルタノールインヘラーからジェネリック医薬品のアスタリンインヘラーに代えても、体調の変化などは起こらなかったとのことです。

 

臨床試験などによって報告されているサルタノールインヘラーとアスタリンインヘラーの副作用としては、以下のようなものがあります。これらの副作用の症状は、吸入後のうがいによって、ある程度予防することが出来ます。

 

アスタリンインヘラーの副作用に悩まされている方は、ぜひ試してみて下さいね。

 

▼アスタリンインヘラーの副作用

  • 頭痛
  • 不整脈
  • 血圧変動
  • 脈拍増加
  • 気道刺激症状
  • 指や手の震え
  • 動悸
  • 頻脈
  • 吐き気
  • めまい

アスタリンインヘラーまとめ

アスタリンインヘラーまとめ

    • アスタリンインヘラーは、国内で認可されている気管支拡張薬であるサルタノールインヘラーのジェネリック医薬品である
    • 喘息による発作が発症した時や呼吸困難な状態になってしまった時に、頓服薬として服用する

 

    • アスタリンインヘラーには即効性があり、20分程度で喘息による発作の症状を緩和させることが出来る
    • アスタリンインヘラーはあくまで対症療法的に喘息の発作に対処するものであり、喘息を根治させることは出来ない

 

  • サルタノールインヘラーと違いアスタリンインヘラーは国内未認可であり、メデマートなどの個人輸入代行サイトから購入する必要がある

 

⇒海外医薬品通販サイトでアスタリンインヘラーを購入するにはこちらから!