アイピルを即日発送の通販で購入して使った体験談

アイピルの効果や副作用を徹底検証アフターピル(避妊薬)

アイピルの効果や副作用を徹底検証

アイピルの効果や副作用を徹底検証

アイピルは、海外製の緊急避妊薬です。モーニングアフターピルや事後ピルともよばれるものですね。何らかの事情によって避妊に失敗してしまった時に服用することにより、望まぬ妊娠を避けることが出来るものです。

日本国内においても、多くの女性がいざという時のお守り代わりにアイピルを携帯しているようです。

 

日本国内において認可され流通している緊急避妊薬には、ノルレボがあります。アイピルは、このノルレボのジェネリック医薬品となっています。先発薬のノルレボにはない特徴がアイピルにはあります。

 

緊急避妊薬の購入に興味のある方は、ぜひアイピルをチェックしてみて下さいね。

 

管理人の同僚の女性(30代)は、過去に2度ほどアイピルを実際に服用した経験があるそうです。本記事の作成にあたっては、彼女にアイピルの使用感についてインタビューを行いました。

 

その体験談をもとに、以下、アイピルの詳細をまとめていきます。

 

ここから先は順番に検証していきたいと思います。

アイピルを病院で処方

アイピルを病院で処方

本記事冒頭で述べたように、アイピルは海外製の医薬品となっています。日本国内での認可は受けておらず、病院・クリニックでアイピルの処方を受けることは出来ません。

日本国内に住む方がアイピルを手に入れるためには、海外医薬品通販サイトから個人輸入をする必要があります。

 

一方、アイピルの先発薬であるノルレボは、日本国内で認可された医薬品となっています。緊急避妊薬をもらいに産婦人科などを訪れた場合、真っ先に処方されるのがノルレボになります。

 

この病院・クリニックにおけるノルレボの処方ですが、とにかく高額です。

 

ノルレボの購入にあたっては、健康保険の適用を受けることは出来ません。そのため、医薬品代金全額が自己負担となります。その結果、ノルレボ1箱(1錠)あたりの価格は、10,000円から15,000円ほどにもなります。

 

1回の避妊にこれだけの費用がかかるというのは、なかなかしんどいものがあります。

 

管理人の同僚の女性も、パートナーとの間での避妊に最初に失敗してしまった時には、最寄りの産婦人科にてノルレボの処方を受けたそうです。

 

その時の、あまりの価格の高さに衝撃を受け、それ以後は通販でアイピルを携帯するようになったとのことです。

 

詳しくは後述しますが、多くの女性がノルレボではなくアイピルを使う理由として、その価格の安さがあります。同じ避妊効果のある医薬品ならば、どうせならば、少しでも価格の安いものを選びたいですよね。

 

「病院で処方されるノルレボはぼったくりだ」と彼女が言っていたのが印象的でした。

 

⇒海外医薬品通販サイトでアイピルを購入するにはこちらから!

アイピルを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

アイピルを病院ではなくメデマートの通販で購入する理由

本記事で繰り返し書いているように、アイピルは海外製の医薬品になります。インドの大手製薬会社であるシプラ社が製造・販売を行っています。

そのため、日本国内に居住する人がアイピルを手にするためには、メデマートなどの個人輸入代行サイトから通販購入をする必要があります。

 

なぜ多くの日本人女性は、病院・クリニックでのノルレボの処方ではなく、海外からわざわざアイピルを取り寄せるのでしょうか。以下、アイピルを個人輸入するにあたってのメリットを3つ紹介します。

 

病院・クリニックに出向く前に、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

①とにかく安い

 

アイピルの最大の特徴。それは、その価格の安さにあります。低コストで製造できるジェネリック医薬品ということもあり、医療機関で処方されるノルレボに比べると、桁違いの安さでの購入が可能となっています。

 

  • 病院で処方されるノルレボ:10,000円~15,000円/1錠
  • メデマートで販売されているアイピル:700円~1,213円/1錠

 

このように、単純計算にはなりますが、アイピルはノルレボの10分の1以下の価格での購入が可能となっています。

 

同じ効果の緊急避妊薬でこれだけの価格の差があるということです。

 

②トラブル前に事前に買える

 

病院・クリニックでノルレボを処方してもらう場合は、実際に避妊に失敗した後である必要があります。つまり、「万が一の時のために、事前に処方を受けておく」ということは出来ないということです。

 

避妊に失敗したタイミングで、慌てて医療機関に駆け込まなくてはいけないということですね。

 

一方、アイピルは、自分の好きなタイミングでの購入が可能となっています。トラブルに前もっての購入が出来るということですね。あらかじめ購入しておき、万が一の避妊失敗に備えるという使い方が出来ます。

 

何かあった時のお守り代わりにアイピルを携帯している方は多くいます。

 

③病院に行く必要がない

 

「身バレが怖くて病院に行けない」
「忙しくてクリニックに行く暇がない」

 

このような理由から、婦人科や産婦人科に緊急避妊薬をもらいに行くことが出来ない方は少なくありません。

 

また、アフターピルが必要になるタイミングは、夜間や休日が多いです。そのタイミングでは、殆どの産婦人科がお休みとなってしまい、処方してもらいたくても処方してもらえず、避妊が間に合わずに妊娠してしまったというケースが増えています。

 

そのような方の助けとなるのが、アイピルの海外医薬品通販です。

 

メデマートなどでのアイピルの通販は、基本的には、楽天やAmazonでのネットショッピングと同じです。スマホやPCなどのネット環境があれば、自宅に居ながらにして緊急避妊薬の購入・入手が出来ます。

 

病院・クリニックに出向く必要は全くありません。

 

 

アフターピルの個人輸入に関しては、アイピル・エラ・ノルレボの比較記事でも詳しくまとめています。

アイピルを実際に使った効果は?

アイピルを実際に使った効果

アイピルは、先発薬であるノルレボのジェネリック医薬品になります。そのため、アイピルの有効成分は、ノルレボと同じレボノルゲストレルになります。

同じ有効成分を含有した医薬品なので、アイピルにはノルレボと同じ緊急避妊効果を期待することが出来ます。

 

アイピルの製造元は、インドの製薬会社であるシプラ社です。インド製のジェネリック医薬品は、高品質・低価格で知られています。ジェネリック医薬品だからといって、先発薬のノルレボよりも効果が劣るということは、アイピルにおいてまずありません。

 

▼アイピルの効果

  • 緊急避妊

 

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルには、排卵を強制的にストップさせる作用があります。排卵をすることがなければ、受精をすることもありません。つまりは、妊娠することも出来なくなります。

 

この排卵を抑制させる効果によって、アイピルは緊急避妊を行います。

 

レボノルゲストレルは、日本国内でも臨床試験が行われています。その結果は、セックス後72時間以内の服用によって、81%の確率で妊娠を阻止することが出来るというものです。

 

レボノルゲストレルの服用は、早ければ早いほどに妊娠阻止率が高くなることが分かっています。

 

  • セックス後24時間以内の服用:避妊成功率95%以上
  • セックス後25~48時間以内の服用:避妊成功率85%以上
  • セックス後49~72時間以内の服用:避妊成功率58%以上

 

100%の確率で妊娠を回避できるわけではないものの、かなりの高確率で緊急避妊をすることが出来ることが分かります。

 

管理人の同僚の女性は、性交中にコンドームが予期せず外れてしまったなどの理由によって、過去に2回ほどアイピルを服用する機会があったとのことでした。

 

その2回の服用タイミングでは、いずれも妊娠をすることはなかったようです。

 

ネットの口コミなどをチェックしてみても、多くのケースにおいて、アイピルを服用することできちんと避妊が出来ているみたいですね。日常的な避妊の用途には使えませんが、いざという時の緊急避妊ピルとしては、アイピルは優秀な医薬品であると言えるでしょう。

 

レボノルゲストレル以外の有効成分によるアフターピルとしては、ウリプリスタール酢酸エステルを配合するエラがあります。

 

このエラとアイピルやノルレボとの違いついては、こちらの体験談の記事にて詳しくまとめています。

アイピルを実際に使った副作用は?

アイピルを実際に使った副作用

前述したように、アイピルなどの緊急避妊薬は、服用することで排卵を強制的に止める作用があります。この作用は、女性の身体に強い負担となります。

そのため、アイピルの服用に際しては、一定の副作用が発症するリスクが存在します。

 

アイピルを服用するにあたっては、体調の変化に注意を払うようにしましょう。ネット上の体験談などをチェックしても、そこまで重症な副作用の発症は報告されていません。

 

しかし、万が一ということもあります。強い副作用が発症したら、すぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

管理人の同僚女性の場合は、アイピルを飲んでも目立った副作用は発症しなかったとのことでした。若干の腹痛は感じたようですが、耐えられないほどの痛みというわけではなかったようです。

 

個人差こそもちろんありますが、用法用量をきちんと守れば、アイピルは安全に服用できる医薬品であると言えるでしょう。

 

以下に、アイピルの服用に際して、起こりうる副作用の症状をまとめて列挙します。一番発症しやすいのは、予定外の不正出血です。多くの場合において重症化することはありません。

 

一過性のものであり、しばらく時間が経過することで、症状は治る場合がほとんどのようです。

 

▼アイピルの副作用

  • 不正出血(点状出血、破綻出血)
  • 吐き気
  • むくみ
  • 腹痛
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 眠気
  • めまい

アイピルまとめ

アイピルまとめ

    • アイピルは、緊急避妊薬として認可されてるノルレボのジェネリック医薬品である
    • セックス後72時間以内にアイピルを服用することで、高確率で妊娠を阻止することが出来る
    • 副作用のリスクはゼロではないが、症状が重症化することは少ない

 

  • アイピルは、メデマートなどから個人輸入をすることで購入できる
  • 個人輸入をすることで、ノルレボの10分の1の価格でアイピルを手にすることができる
  • 多くの日本人女性が、アイピルを海外から個人輸入している

 

⇒海外医薬品通販サイトでアイピルを購入するにはこちらから!

 

また、アイピルは以下のサイトの管理人さんが詳しく紹介してくださっていますので、よかったら参考にしてください。

アフターピル相談室